[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2003年10月30日(木)  障害者地域共同作業所・交流集会
 来る11月8日の土曜日、相生町で徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会主催による障害者地域共同作業所の交流集会が開催されます。普段「忙しさ」に追いかけられ、メンバー・スタッフ共々交流機会のなかなか持てない日常、作業所に内在する問題も持ち寄り、互いの状況交換やメンバー間交流の機会を行う、そんな時間を予定する事になりました。精神に限らず、身体・知的と他障害の作業所間交流、山間の相生の街にみんなが集いゆく事となります。


日時  平成15年11月8日 土曜日  午前11時〜午後2時30分
場所  相生町 旧日野谷小学校・体育館 場所の確認はあすなろ作業所まで (08846)-2-2729

内容  各作業所・施設からの出し物   歌・劇・演奏など メンバーさんからの言いたいことコーナー バンド演奏  交流会  
                   
参加費用  1000円(食事・飲み物代含)

■2003年10月29日(水)  テレビの反響
 昨日の籠屋町は多数の「新しい人」が足を運んで下さいました。前日に放映されて「イブニング徳島」の余波もあって「テレビ見たよ」の言葉と共にこの場所に初めて訪ねて下さる人が後を絶ちませんでした。
 羽ノ浦町の精神障害者家族の会の方々、城南病院地域生活支援センターせせらぎからの見学、関係機関の施設見学も含めてにぎやかな一日となりました。北島田で製造しているお弁当も好評で、昨日は短時間の間に「完売」の状態となりました。活動の広報も含めて「知っていただく」事への努力や備えをみんなで進めていきたいと思っています。

 きんこさんのギャラリーも今月末までの予定、たまたま立ち寄って下さった松山のサラリーマンの方「昔ホテルで仕事をしていまして、この絵に触れた事があるんですよ、偶然だけど嬉しいなあ、この方のファンは愛媛でも多いですよ」そんな風にコーヒーを飲みながら話してくれました。

 小さな場所に色々なものが交差してゆく、そんな一つの風景があります。

■2003年10月28日(火)  NHK徳島放送局 「イブニング徳島」活動紹介
 昨夜、NHK徳島放送局放映の「イブニング徳島」でHEARTLANDの活動がテレビ放映されました。籠屋町の喫茶店の風景、日々みんなが作ってきたお弁当の紹介、そのお弁当に書き綴った「メッセージ」の帯、約8分近くに渡っての放映となりました。夕刻からのスタジオ入り、リハも含めて精神障害者の問題を「語る」事の難しさ、短い言葉でどんな風に伝えるのか、その角度も含めて言葉を探すような時間が流れていました。

 姿を見せたあっぷるメンバーのインタビュー、彼女の言葉が何より大きな「事実」を語っている様で、その画面が何より大きな説得力となった印象を覚えました。
 放映の機会を頂きましたNHK徳島放送局、取材に来て下さった瀬戸キャスターに感謝申し上げます、ありがとうございました。
dc102823.JPG 192×144 33K

■2003年10月26日(日)  HEARTLAND通信
 忙しさに紛れ、毎月発行であるはずの「HEARTLAND通信」がなかなか作成出来ない一年が続いています。今日完成した通信が情けない事に今年に入って2つ目、タイムラグが大きすぎてその間の出来事を思い出す事さえ色褪せた感覚を伴ってきます。街の中の喫茶店、新しい活動を始めた「今」私たちが伝えゆかなければならない行間の言葉が多々あるはず、何とか忙しさを理由とする事なくHEARTLAND通信の発行を継続させていきたいと反省しきりの日々です。
来週早々には本当に久々のHEARTLAND通信を何とか発送出来そうな様子です。

■2003年10月25日(土)  就職
 籠屋町の喫茶店でオープン以来、ずっと働き続けた男性メンバーが「就職」する事になりました。付き合いが深まりゆく彼女との関係、喫茶店で働いている今より、少しでも社会的地位としての「就職」に近づきたい意向、そんな彼の熱意も手伝ってハローワークで彼は仕事を見つけ旅立って行きました。彼とは数年ぶりの再会、時折連絡を取り合う関係が続いた経過、そもそもあっぷるが北島田の場所でお弁当作りを開始した頃のオリジナルメンバーの一人でもありました。
 
 軸として働いていた喫茶店での彼の姿、嬉しい悲鳴でもあるのですが、新しい彼の日々に幸あれと願います。

 昨日は連日となったNHK徳島放送局・瀬戸キャスターの取材、メンバーが喫茶店で働く風景の撮影と共に、彼らと言葉を交わすそんな時間もご一緒して下さいました。
放送は来週の月曜日、27日・午後6時10分からの「イブニング徳島」となります。

■2003年10月23日(木)  NHK徳島放送局 「イブニング徳島」
dc102340.JPG 192×144 33K NHK徳島放送局製作の番組「イブニング徳島」からの取材があり、籠屋町の喫茶店にキャスターの瀬戸さんが訪ねて下さいました。放送予定日は10月27日(月)夕刻18:10からの番組の中、HEARTLANDや喫茶店の活動を取り上げて下さる事になりました。あっぷるに通所して3年近くになる女性メンバーへのインタビュー、姿を見せにくい状況の中にあって、瀬戸キャスターの問いかけに笑顔で答えている姿が印象的でもありました。病や障害、その事が自明の事となる部分には色々な配慮が時として必要とはなっていきます。しかしながら何処かで「覚悟」を決め、彼ら自身が語りゆく事でしか変わらない現実があります。何よりも勝るものは彼ら自身の「生」でもあります。みんなが作ったお弁当も一緒に食べて頂きながらの取材の時間となりました。

 放送の機会を頂くことになったNHK徳島放送局・瀬戸キャスターに感謝いたします。ありがとうございました。 NHK徳島放送局 http://www.nhk.or.jp/tokushima/

 また今日は美馬町からの見学、精神保健ボランティアの方々も来所、にぎやかな研修会シーズンも手伝って、高知・香川からの見学も後を絶たない、そんな慌ただしい中に秋が深まりゆきそうです。

■2003年10月21日(火)  目で見る精神保健福祉展
dc102105.JPG 192×144 33K あっぷるでは今日の午後、昨日桜木基金の贈呈式があったアスティー徳島に出向き「目で見る精神保健福祉展」の見学を行ってきました。朝の慌ただしいお弁当作りを終えての見学、同じ障害者地域共同作業所や精神病院からの参加作品等を見学、暮らす場所は違えども同じ「仲間」達の作品に触れる機会となりました。

 籠屋町の喫茶店は今日も多忙、お弁当の大口注文が日々続く中、新しい人もこの場所に訪れてくれています。昨日は南海病院援護寮「なぎさ寮」の方々の訪問もあって、連日忙しい喫茶店の風景となっています。

 夕刻にNHK徳島支局キャスター瀬戸さんから連絡、来週月曜日の「イブニング徳島」でHEARTLANDの活動を放送して下さる事になりました。詳細はまた決まり次第追ってお知らせしたいと思います。

■2003年10月20日(月)  徳島県精神保健福祉協会 桜井基金
dc102013.JPG 192×144 24K 今日の午後「ねんりんピック」で賑わう徳島市のアスティー徳島、精神保健福祉協会から贈呈を賜った「桜井基金」の贈呈表彰式に出席してきました。徳島県精神保健福祉協会から頂いた「桜井基金」は社会福祉法人ハートランドの地域精神保健福祉活動を評価下さってのものであり、栄えある基金を贈呈頂きました事に御礼を申し上げます。
 街の中の喫茶店・精神障害者小規模通所授産施設あっぷるとしてのお弁当作り、「地域生活支援」と言葉にすれば容易い事柄も、実際の日々の中に執り行っていく事にはまだまだ厳しい状況が隣接しています。精神障害故の障害特性みたいな部分、一つの場所で全て賄える訳もなく、医療機関や関係機関との連携無くしては「地域で支える」という言葉の実態には近づくことが出来ない部分も多々あります。新しく・特別な事ではなく、また明日からの活動の日々を丁寧に行っていきたいと考えています。

 桜木基金の贈呈を頂きました事に心より御礼申し上げます。

■2003年10月19日(日)  施設・通所メンバー交流集会
 徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会主催による施設・通所メンバー交流集会が来る11月8日に相生町で行われる事となりました。通所すめメンバー・スタッフ、互いの交流機会の時間として初めてのセッティングとなります。
 日常活動を置いてなかなか集まれない障害者地域共同作業所の日々、蓄積されていくばかりの矛盾や問題点を互いに棚上げし、今ある場所と今ある日々を眺める時間は有意義な事となっていきます。通所メンバーの「一言」コーナーや施設間の交流、小さく貧しい場所であったとしても、その作業所なりに創り上げてきた地域との交流のノウハウ等、新しい明日に向けての時間になればと願います。

 障害者地域共同作業所・小規模通所授産施設交流会

 日時 平成15年11月8日 土曜日 午前11時〜午後2時30分
 場所 相生町 旧日野谷小学校体育館

■2003年10月17日(金)  研修会シーズン
dc101605.JPG 192×144 33K 秋の研修会シーズンが到来、各種の報道誌面の力もあって籠屋町の喫茶店やお弁当製造の見学依頼が舞い込んできます。特別新しい出来事でもない状況の中、県内外問わず色々な関係機関から見学の依頼が継続していきます。その事自体はとてもありがたい事と認識出来るのですが、小さな街の小さな「喫茶店」が脚光をあびる事は、何より全体の「貧しさ」を象徴しているようにも思えるのです。
 先進地等と書き記された「依頼文」に納得する事なく、もっともっと必要とされる場所や彼らへの取り組みが、色々な色彩の下に執り行われて行ければと願うばかりです。

 明日は土曜日、お弁当作りはお休みで喫茶店のみ、しばらく発行出来ていなかったHEARTLAND通信の作成を急ぎたいと思っています。
 

■2003年10月15日(水)  レクリエーション みちよ亭
 今日の午後は隣の藍住町・みちよ亭で食事・カラオケ大会のレクリエーションに出向いてきました。朝からのコロッケ製造販売を終え、送迎のバスに乗り込んでのレクとなりました。普段の活動に参加して下さっているボランティアの森崎さん、笠井さんも参加しての楽しい時間となりました。

 精神障害者小規模通所授産施設としての授産会計、今日の費用は「彼ら」が日々お弁当を作り、その収益の一部をプールしたお金を使ってのもの、その事自身に特別な意味も含まれているようにも思います。弾けるようなみんなの笑顔、日々の煩雑さを忘れての一時は普段の「彼ら」とは違う横顔を垣間見る想いがして、何か嬉しく思えてきます。

 また明日からの連続する日々、その中にあってのアクセント、秋の旅行の計画立ても含めながら明日からまた通常の活動にと戻っていきます。
DSC02697.JPG 122×163 14K

■2003年10月14日(火)  かわら版 10月号
 新しい「街の中の喫茶店」の活動が始まりました。開店以来約1ヶ月が経過、多数の方々が新しい活動への支援として日々その場所に訪れて下さっています。華やかな表側とは裏腹に、地域生活支援の実情やその取り組みには厳しい「現実」が重なっていきます。運営補助金の使途は制限され、籠屋町の家賃・施設維持管理費(水光熱費等)は運営費の流用が認められない状況となっています。理念や想いとしての活動とその裏付けには矛盾する事柄が実に多く、厳しい「福祉冬の時代」と重なりゆきます。新しい場所に新しい始まりが生まれていく事を、その現実の日々に思い描いていきたいと願っています。

籠屋町の喫茶店、はじめて今日出来上がったばかりの「かわら版」を配布しました。メンバー・スタッフの文章、この場所から「発信」すべき事柄の数々、伝えゆく事の意味を含んだそんな誌面を毎月発行しています。明日は午後にレクの予定、近くの料亭に食事、その後はカラオケの時間をみんなで楽しむ予定としています。
dc101012.JPG 144×192 32K

■2003年10月14日(火)  かわら版 メンバーさんの文字
◇このあっぷるにボランティアで本職の欧米で修行をなさった方がお手伝いして下 さっています。素人で手探りで、どうしたらいいだろうか、ああしたら美味しい だろうかと考え考えしていたところ、良い先生が教えて下さって一から勉強でき ると喜んでいます。

◇一人で頑張ろうと何もかも必死になっていた一人暮らしの半年、少しですが仕事 をしてみました。でもやっぱり焦りすぎの私。でもここで働いてみてゆっくりと した気持ちになれました。これからは誰かが作った道ではなく、自分が作った道 を歩きたいので、あっぷるを拠点として私なりに頑張っていこうと思います。

◇僕はディケアと掛け持ちであっぷるで働かさせてもらっています。みんな優しい 人でとても働きやすく勉強にもなります。

◇私は3月末から来るようになりましたが、約2週間休んでいました。初心の心を忘 れていたと思います。メンバーさんやスタッフ、ボランティアさんの温かい心に ふれて、3日前からあっぷるでもう一度やり直して、お弁当を楽しく作りたいと 思っています。

◇この季節でも弁当が売れたら嬉しいです。

◇はじめまして「あっぷる」のみなさん、一日一日楽しい時を過ごせて、又尚、一 日一日生きて人生のやり直しを、そして「ゼロ」からのスタートを切った私を宜 しくお願いします。

■2003年10月11日(土)  かわら版10月号 
dc101013.JPG 192×144 32K◇このあっぷるにボランティアで本職の欧米で修行をなさった方がお手伝いして下 さっています。素人で手探りで、どうしたらいいだろうか、ああしたら美味しい だろうかと考え考えしていたところ、良い先生が教えて下さって一から勉強でき ると喜んでいます。

◇一人で頑張ろうと何もかも必死になっていた一人暮らしの半年、少しですが仕事 をしてみました。でもやっぱり焦りすぎの私。でもここで働いてみてゆっくりと した気持ちになれました。これからは誰かが作った道ではなく、自分が作った道 を歩きたいので、あっぷるを拠点として私なりに頑張っていこうと思います。

◇僕はディケアと掛け持ちであっぷるで働かさせてもらっています。みんな優しい 人でとても働きやすく勉強にもなります。

◇私は3月末から来るようになりましたが、約2週間休んでいました。初心の心を忘 れていたと思います。メンバーさんやスタッフ、ボランティアさんの温かい心に ふれて、3日前からあっぷるでもう一度やり直して、お弁当を楽しく作りたいと 思っています。

◇この季節でも弁当が売れたら嬉しいです。

■2003年10月10日(金)  かわら版 10月号
dc101008.JPG 192×144 36K今月号、来週発行予定の「かわら版」の文字です。

 喫茶店が始まった事で、新しい出会いが増えています。コーヒーを飲みに来て下さるお客様、お弁当を食べて下さるお客様。お弁当を手渡しする事よりもたくさん話す機会があります。またボランティアさんもそうです。ご縁があり手伝いに来て下さる方もいらっしゃいます。新しい出会い、それは彼らにとってとても苦手な事ではあります。慣れた人と慣れた場所でホッと出来るとは思いますが、新しい場所と新しい出会い、その中で新しい発見があります。話せる人が増え出掛ける場所が増える事は、本当に+だと思います。最初の緊張を通り過ぎ世界が広がる事が元気になれる気がします。            スタッフ 大久保千恵

 皆さまの暖かい応援のおかげで、あっぷる籠屋町・喫茶店もオープンして1ヶ月か゜過ぎました。美しく整った喫茶店の影には、お弁当を作る数も増え、狭い調理場で汗を流し働き、時間に間に合うようにと頑張っているメンバーがいます。包丁使うのは苦手でもフライパンでこがしても、心を込めてみんなで作っています。店頭に立ったり喫茶店に出るのも苦手でも、お弁当に添えるメッセージには「私が作りました」という想いも込められています。新しいことも増え、忙しくバタバタとした毎日ですが、北島田のあっぷるという場所でメンバーが頑張っている事、身近にあるものを見逃すことのないよう心がけていたいと思います。
                                   スタッフ原田純子

先月から籠屋町で喫茶店が始まりました。始まる前はみんな弁当作りのこと、喫茶店のこと、たくさん不安がありました。まだまだ課題はありますが、みんな慣れ、最初の不安はなくなったように思います。喫茶店ができたことで新しくボランティアの方がきてくださるようになり、ありがたいことだと感謝しています。この間テレビトクシマの取材がありました。そこでは、テレビに映ることに対して拒絶する人がいました。理由は家族に迷惑がかかるなど様々です。そこで精神障害に対して社会と当事者との間の壁を目の当たりにしました。この壁は絶対なくさなければいけないものだと思いました。これからも弁当作り、喫茶店よろしくお願いします。                               スタッフ 村田暁宏

■2003年10月08日(水)  たくさんのお弁当注文
dc100852.JPG 192×144 40K 今日は朝から90食を越えてのお弁当製造の一日、ボランティアの笠井さんが注文を取ってきて下さった「ふれあい健康館」への配達、お年寄りが食べられるとの事で特別なメニュー、いつも月に1度あっぷるのお弁当を食べる日をセットして下さっている、地域生活支援センター清風への配達、普段の販売に+される形で忙しい朝のお弁当製造となりました。水曜日という事で籠屋町の喫茶店は休日、メンバー・スタッフ総出の作業は朝の8時過ぎから開始されていきました。

整い華やかになっていく風景の裏側で、確かに「こぼれゆく」ものがあるのも事実。誰の為のお弁当製造なのか、障害や病を抱えながらこの場所に立とうとする彼らにとって「作業」とは何なのか、こぼれゆくものを再度棚上げする事でその本質への再確認が行われていきます。
一つの活動として、仲良しクラブ的な空気ではなく、凛とした場所への再考が時に必要な部分となっていきます。HEARTLANDのためではなく、一人一人の問題として共有する時間や営みが保たれて行ければと思います。

■2003年10月07日(火)  お弁当の帯
 「お弁当美味しかったです。秋らしいメニューで良かったしカレーも大満足でした。水曜日はお休みと知っていたのに昨日来てしまいました。今日は開いててほんと嬉しかった。また来ます、頑張ってください」こんな言葉を喫茶店のお弁当の帯に書き記してくれる人がいました。新しい活動が始まってかれこれ1ヶ月、経済的な部分は別としても嬉しい想いに溢れる日々が続いています。

 計上収支と維持していくこと、裏側では相変わらずの部分も山積みされていますが、新しい場所からの「新しい発信」をそろそろ始めて行ければと思っています。機関誌やかわら版の発行、この場所の本意、伝えたい思いをどんな風に伝えていけるのか、一日の売上以上に「大切なこと」をそろそろきちんと扱っていきたいと思っています。

 明日は約100食近くのお弁当製造、忙しい一日がみんなの前に予定されています。

■2003年10月06日(月)  リアリティー
 「どんな風にリアリティーを持つかだよな、精神保健福祉業務だけでは飯は喰えんなぁ」比較的暇だった今日の喫茶店、閉店の時間間際の頃から理事の杉浦さんと色々と話を交わす長い時間を持ちました。太陽と緑の会での実践(http://www2.ocn.ne.jp/~t-midori/index.htm)長年話を交わしてきたお互いとして、どんな風に活動の日々をリアルな現実としていくのか、変わらない命題は変わらないままに繰り返されていきます。
 
 教科書の中の言葉ではなく「現実」の問題としてどう対処していくのか、喫茶店・お弁当作りの裏側で私たちに求められる「本質」の部分が否応なしに問いかけてきます。

 「俺たちには生活がかかっているからな」遠い昔、京都の議会でそう叫んだ当事者の声色、彼らの速度と現実の日々に置き去りにされない「私たち」をどんな風に用意していけるのか、進みゆく秋の一日に多くの事を考える時間が過ぎていきます。

■2003年10月04日(土)  新しい人との出会い
dc100434.JPG 192×144 32K 籠屋町の喫茶店オープン以来、何度か店でコーヒーを飲むその人の姿がありました。穏やかそうな横顔とその佇まい、ふとした形で始まった会話の中、HEARTLANDの活動のお手伝いをしたい旨を話して下さいました。聞けば徳島市内で有名な料理店、その店で40年に渡ってイタリア料理のシェフを行って来た経歴「今まで料理の世界でお世話になった事の恩返しの意味でお手伝いしたいと思います」そんな言葉をその人は呟いていました。

 早々に北島田のお弁当作りに参加、長年培った「プロ」としての経験や知識を教えて下さいました。新しい場所が生まれた事、新しい人との行き来が始まる事、不思議なもので「精一杯」頑張っているメンバーや一つの場所には、やはり「精一杯」頑張っている人が訪ね来てくれる、先月からボランティアとして活動に参加してくれている鳴門教育大学大学院生の森崎さんも同様の景色に重なります。
 それは7年程前にHEARTLANDの営みを開始した頃の空気に似て、未来への新しい予感を運び込んでゆきます。どんな風に迎えどんな風に共同していくのか、今を見つめる力を確かめたいと思います。

■2003年10月02日(木)  ケーブルテレビ徳島の取材
dc100427.JPG 192×144 34K 籠屋町の喫茶店にケーブルテレビ徳島の撮影班が取材に来て下さいました。テレビ番組の情報紹介のコーナーでこの場所の活動を取り上げ、徳島市内のケーブルテレビにて放映してくれる事になりました。

 今から4年以上前、北島田でお弁当製造を始めた時も同様の取材があり、その時のカメラマンがまたまた今日も撮影を行って下さいました。放映の詳細等はまた後日にお知らせ出来ればと思います。

 あっぷるには新しいメンバーの姿が、主治医の先生からこの場所の紹介を受け昨日の面接、今日初めてお弁当製造・喫茶店の活動に参加する姿がありました。閉じこもりがちであった日々、新しい場所で彼女の人生が再生されていければと願います。

■2003年10月01日(水)  新しい10月
dc093011.JPG 192×144 31K 今日は籠屋町の喫茶店業務は定休日、二つに活動の場所が分散された事も手伝って、なかなかメンバー・スタッフ全員が揃う事の出来にくい状況、その隙間を縫うように今日の午後「給料ミーティング」を開催しました。延々と続く話し合い、その場所に身を置くことを苦手とするメンバー、「簡単にメンバーの数で頭割りすればどうですか」と応える人、色々な模様を描きながら話し合いの時間が続きます。

 毎年行われている精神保健福祉士の中四国大会、広島の賀茂療養所富島さんから今年度山口で行われる予定の大会のシンポジストの講演依頼が届きました。テーマは「権利」周辺の事、自らの権利を語るなら果たさなければならない義務みたいな事、社会保障という側面は当然の要求であったとしても、その辺りの事柄にどんな風にアンサーしていくのか、小さなあっぷるの日常活動はその「答え」を求めてのものかも知れません。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記