[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2004年08月31日(火)  今月号のかわら版が完成
 今月号のかわら版が完成。新しい月9月のお弁当メニューと共に明日配られる事となります。猛暑の夏、阿波踊り期間のかき氷、みんなでくぐり抜けた「夏」が少しずつ終わりゆこうとしています。

◇お客さんがいっぱいかき氷を買いに来てくれてお母さんも来てくれて、私も食べ て本当にみんなにいろんな人に支えられてやって来ました。お店を休んだぶんお 客様に大変ご迷惑をかけたことを、これからの頑張るということで、ご了承いた だきたいと思います。
◇お盆期間、かき氷などを買いに来て下さってありがとうございました。だいぶ仕 事にもなれ皆さんにやさしくされています。お弁当の方もがんばってしていま  す。これからもよろしくお願いします。
◇「あっぷる」で働いている間はとても充実していて楽しいです。みんなと仲良く できてうれしく思っています。これからも新しいことにチャレンジして、頑張っ ていきたいです。
◇8月のあっぷるはお休みが多く、お弁当を買われる方には少し困ったと思います が、私達はお盆に「かき氷」の販売をしました。私はあっぷるで働いてから初め ての夏を迎えて「売れるかなぁ」と思ってしまいましたが、予想外にすごいたく さんの人たちが買いにきてくれて本当にうれしかったです。これで自信がつき  ました。これからも「あっぷる」をよろしくお願いします。

◇お盆も済み秋風のただよう今日この頃になりましたね。秋と言えばそこわかとな くセン チメンタルの私には淋しくなってしまいます。でも世間には障害にもめ げずがんばっている人達、この間の24時間テレビを見ていて重い障害を持った人 達ががんばっている色々な姿を見、ああ私達ももっとがんばって世間の人様に少 しでもお役にたてる人になりたいなと思いました。
◇仕事に行く事になってあっぷるを辞める事になりました。この一年間で経験した 事を次に生かせたらと思います。あっぷるのメンバー、スタッフの皆さんやお客 様には本当にお世話になりました。
◇暑いお盆の夕方になり、冷たいものでも飲みたいなぁと思い、阿波踊り見物でも と思って足が向いていきました。そして自然とみんな仲間のいる、かき氷のあっ ぷる(喫茶店)へと行きました。たくさんの人が働いているなぁ、私は休んでい るが、お盆でも働いている人達(仲間)がいるんだなぁとひとしきり感心してい ます。そして一つ頼んでか き氷を食べると、来年こそは私も頑張って働いてみ んなの仲間入りがしたいなあと思いました。

◇かき氷の呼び込みをしました。みなさんと笑顔で触れあえて良かったです。予想 以上に売れてみんなと触れあえて良かったです。
◇早くも盆も過ぎ朝夕涼しくなりましたね。皆さま方にはお盆時に氷をたくさんの 人に買っていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。またこれから季節が 変わりますが、どうかお身体を大事にしてください。僕たちメンバーやスタッ  フ、みんな力を合 わせて皆さんに喜んでもらえるような弁当作りや籠屋町喫茶 店にて頑張りますのでどうかよろしくお願いいたします。

■2004年08月30日(月)  台風接近
 今日は台風接近で暴風波浪警報の出た徳島、あっぷるでのお弁当製造は臨時休業の形、メンバーはそれぞれ自宅にて待機・休息の一日となりました。スタッフは雨風をついて全員集合、こんな天気にも関わらずお弁当注文の電話へのお断りの応対、「施設利用契約書」の取り扱い事項の確認、間もなく1周年となる喫茶店での記念サービスの吟味、HEARTLANDや喫茶店の活動を含めた広報としての「研修会」企画への思案等、色々な事柄に関して話し合いを行いました。
 
 明日は台風一過、またお弁当製造を行う一日となっていきます。上記の事柄に関してメンバーとも協議、そんな時間の中に9月を迎えていく事になります。

■2004年08月28日(土)  夏の終わり
 週末はお弁当製造も休憩、メンバー個々にもしばしの休息の時間となります。先週からパートでガソリンスタンドの仕事に出向いた彼、職安でパートのウエイトレスの仕事を見つけた彼女は、面接の後に試雇用期間として「仕事」に向かい合う新しい日々が始まりつつあります。この場所を一つの契機として新しい場所に旅立っていく彼らの姿、焼け野原のような激しさの中に求められつつ、仕事に立ち向かう彼ら、また帰ってくる場所と言えば変な話にもなりますが、一人一人の「帰港」としてのHEARTLANDであればとも思います。

 夏の終わりも穏やかに進みつつあります。気がつくと街の中の喫茶店あっぷるがオープンしてからかれこれ1年となる9月も間近、継続していく事の問題点も山積みされている実情ではありますが、多くの人によって支えられてきた1年でもあった事、一つの発信基地としての意味もあらためて吟味しながら、2年目となる新しい時間への取り組みを、またみんなで行っていきたいと考えています。

■2004年08月25日(水)  私の一冊
 全くの「私事」ではあるのですが、先日の徳島・読売新聞の朝刊紙面「私の一冊」と題された欄の取材を受ける事となり、その記事が新聞に掲載されました。取材に訪ねてくれた記者の白石さんは大阪大学大学院で大熊由紀子さんの下学んでいた院生さん、「いい子が徳島に行くので宜しく」と由紀子さんからの連絡もあって、今年の春から徳島に赴任してきたそんな彼女でもあります。
 私の一冊として紹介させてもらった本は谷川俊太郎の詩集「朝のかたち」今からかれこれ20年以上も前からの愛読書、現在も市販されている様子、よければご一読下さい。

 あっぷるでは先日の「かき氷」販売の収益金の分配が行われ、彼の希望どおり現金での還元が明日行われる予定となります。まだまだ残暑の厳しい中、黙々と日々のお弁当作りに取り組む彼らの姿が連続していきます。

■2004年08月23日(月)  パート就労
 今日からガソリンスタンドでパート就労を始めた男性のメンバーが仕事あけにHEARTLANDに立ち寄ってくれました。あっぷるではその間ずっとご飯の担当、連日一番に来てお米を研ぎ、水加減を図り炊飯器にしかける作業をずっと執り行ってきてくれました。

 今回の仕事は職安を通じての探し当てたもの、「病気の事は安定所には話してないけれど。事業主さんには面接の時に伝えました」との事、「それだったらここで頑張れ」との返事と共に今日から新しい彼の一日が始まりました。

 お昼時、みんなからの就職祝いの拍手に応えるように、満面の笑みと共に彼はこんな風に話しました。「色々とお世話になり本当にありがとうございました。ここで学んだ事を仕事に活かして頑張りたいと思います」真面目な彼にふさわしいそんな言葉でもありました。彼の未来が豊かに継続されていく事を願いたいと思います。

■2004年08月21日(土)  国の動き
 あっぷるの活動が再会しての今週、いつもの様に変わらない日々、まだまだ猛暑が厳しい中に彼らのお弁当作りが行われていきます。言うまでもなく精神障害者小規模通所授産施設での「工賃」は「何らかの作業を行い必要とされる経費を差し引いた額を還元する」とされた規定の中に生まれゆきます。たくさん収益が上がれば還元すべき部分が増えるという事実、合理性や継続した就業に時に厳しい彼らの実情とのミスマッチの中、この一つの命題を考えていく事にも色々な側面があります。
 
 厚生労働省は「就労」を大きな命題として精神障害者小規模通所授産施設等を大きく3つの施設区分に分類していく事を決定しつつあります。「就労」という事が大きなテーマである事には異論はないのですが、障害者地域共同作業所も含めたこの場所は、大きな意味での生活の最前線にあり、就労のみへのスポットの照らしでは括れない「生活支援」全体の意味や内容を行ってきた今があるように思えるのです。

 細分化する事が合理的に見えても、理念にまさる現実があります。日常の部分とは別のところで決められていく流れ、「選択」すべき事や「方位」を確かめていきたいと思います。

■2004年08月18日(水)  活動再開
長かった約1週間の夏休みも終わり今日から通常の活動が再開、いつもの時間にメンバー・スタッフがあっぷるに集いました。夏休みといってもその間、多忙であった街の中の喫茶店でのお盆営業もあり、久しぶりの再会といった印象はあまりありませんでした。それでも一応元気にみんなが揃った朝を迎える事が出来、また新しく平凡な日常活動が始まりゆく事となります。

かき氷販売の収支報告、それぞれのメンバーへの還元は「現金」の形で、普段の給料とは別枠で早々に頑張ったみんなの掌に乗ることになります。新しく今日からあっぷるに通所する事になった男性メンバーも含めての活動再開、数日ぶりの営業にも関わらず普段のようにお弁当をお買いあげ下さった多くの方々、今日ここに在る事をみんなで確認しながら過ぎゆく夏にまた始めていきたいと願います

■2004年08月16日(月)  阿波踊り 最終日
dc081518.JPG 179×134 13K 阿波踊りもいよいよ最終日、連日の忙しさの中、メンバー・スタッフが今日も「かき氷」の販売や喫茶店の業務に全力で携わる一日となりました。店頭で長い列さえ出来た大好評のかき氷販売、道行く人たちに手渡したHEARTLANDや喫茶店のパンフレットと紙面に書き記したこの場所の意味、かき消されるような祭囃子の中、大きなメッセージの発信を続けた数日が終わりゆきました。
 
 正確な収支計算は後日としても、4日間で1000杯を越えたかき氷の販売、全ての人とは言わないまでも多数の方々が「この場所」や「彼ら」の存在を知ってもらう事の意味ある時間ともなりました。
 
 慌ただしい日々を終えて明日から2日間は夏休み、水曜日の活動再開に向けてしばしの「休憩」の時を過ごす事になります。出会えた多数の方々に感謝申し上げます、ありがとうございました。

■2004年08月15日(日)  阿波踊り 3日目
阿波踊り3日目、今日も日替わり担当のメンバー・スタッフが揃い、大忙しの一日となりました。連日の猛暑と弾ける踊りのリズム、街の中の喫茶店のロケーションも阿波踊りには最高の場となり、息つく暇も無い程の忙しさに包まれていました。かき氷はミルクがサービス、¥100という値段もあって気がつくと常に長蛇の列、氷を機械でかく人、並んだ方々に注文を聞くメンバー、氷のシロップをかけるメンバーとお金の受け渡し、店内の喫茶店業務も同時進行、めまぐるしい程の忙しさが閉店の8時まで延々と続いていました。

今日はいよいよ最終日、みんなももう一頑張りの一日、明日が終わった後日には、みんなで「打ち上げ」の時間を用意する事も準備しながらの「姿を見せる活動」となりそうです。チラシの配布、この場所が何であるのか、道行く一人でも多くの人に知って頂く為の時間になればと願います。

■2004年08月14日(土)  阿波踊り 2日目
dc081416.JPG 179×134 13K 街の中の喫茶店あっぷるでは今日も「かき氷」の販売をみんなで行いました。連日の猛暑と晴天に恵まれた今年の阿波踊り、昨日の多忙さを上回る今日の「忙しさ」に包まれていきました。店内で珈琲を飲み休憩をなされる方々への接客、途切れる事のない「かき氷」の店頭、オープンの午後3時から最終の時間まで、メンバー・スタッフ全員が大忙しの中に一日を過ごしゆきました。
 
 初日のかき氷販売数をはるかに上回った昨日、心地よい満足感と疲労感の中、閉店時の片づけを行いながらそれぞれが帰路へと向かいました。

 昨日は徳島新聞社の木下記者が取材に来所、早々に今朝の徳島新聞の朝刊に街の中の喫茶店の様子を掲載して下さいました。日頃の活動へのご支援に感謝申し上げます。今日は土曜日、また昨日に増して忙しい時間と共に「姿を見せる活動」をみんなで行っていく事になります。

■2004年08月12日(木)  阿波踊り初日
dc081330.JPG 144×192 12K 昨日からこの街が一番華やぐ「阿波踊り」が開幕、今年はそれに併せる形で街の中の喫茶店の営業を行いました。午後1時に全員が集合、かき氷の準備・Tシャツ販売のための準備、店頭・街頭に立ってチラシを配る事など、久しぶりの再会となったメンバー・スタッフ全員で始まりの一日に取り組みました。
 
 昨年の冷夏・雨とは違い今年は晴天の始まり、猛暑もあってか「かき氷」は飛ぶように売れ続け、汗だくの中、対応を行うみんなの姿がありました。かき氷はイチゴ・レモン・メロン・ブルーハワイの4種類、練乳はサービス、値段は¥100という事も手伝ってか午後3時から氷が無くなり完売の午後8時まで大忙しの一日となりました。店内で休憩・お茶を飲んで下さる方々も含めて、じつに大勢の方々がこの場所を知ってもらう事の「きっかけ」となりました。

 明日も午後3時からオープン、担当となったメンバー・スタッフが集合して一日を始めていく事にしています。

■2004年08月11日(水)  明日の準備
 今日もスタッフが街の中の喫茶店に集合、阿波踊りを明日に控えた喫茶店での色々な準備を執り行いました。ヘルパー研修でHEARTLANDの活動に参加して下さった方が無償で貸与して下さった「かき氷」の機械、明日からの氷販売に大活躍の様子となりそうです。
 
 昨年のお盆期間はまだ喫茶店が整いを見せる途中、無料休憩所とペットボトルの販売をPRも含めてみんなで行いましたが、生憎の冷夏と激しい雨にもたたられ、人でも少ない中での数日となりました。今年は猛暑、天候も良さそうな明日からの阿波踊り期間の営業、「姿を見せる活動」としてみんなで頑張っていきたいと思っています。
dc081112.JPG 179×134 13K

■2004年08月10日(火)  休日返上
あっぷるは今はお盆休み、メンバーはしばしの休息の時を過ごしているここ数日ですが、スタッフはお盆の「かき氷」の準備もあり、連日の出勤となっています。細々とした準備、かき氷の販売に併せたTシャツ販売の段取り、ディスプレーや広報チラシ、必要な物品等の準備等を含むとたくさんの時間を事前に必要となっていきます。何にしろ「新しい」事柄に取り組むためには、それ相当の時間や工夫が当たり前に必要となっていきます。
12日の本番はメンバーも早い時間に集合、この場所を知ってもらう「機会」への取り組みをみんなで行っていく事となります。

 かき氷の機械はHEARTLAND近くの障害者地域共同作業所「ほっとハウス」松本さんのご厚意により借り受けさせて頂く事になりました。「がんばってよ」との事、本当にありがたい事、この場をお借りしてお礼申し上げます。

■2004年08月08日(日)  お盆休み
 暑かった猛暑の夏をくぐり抜けて、あっぷるも昨日からしばしの夏休みとなりました。お弁当製造も一時休憩、先日の給料ミーティングを経たそれぞれの「給料」がメンバーに渡され、お盆までの期間、休息の時となります。
 今年は阿波踊り期間に街の中の喫茶店を営業、みんなで準備を進めてきた「かき氷」の店頭販売も実施、昨日は喫茶店にメンバーが集合し、道行く人にその旨を記した「チラシ」を配布する姿がありました。喫茶店のオープンからかれこれ1年、その間様々な方が足を運んで下さり、この場所や彼らの問題を知って頂く「機会」が重ねられた事を本当に嬉しく思います。
 
 12日の午後に全員集合、お盆返上でのみんなの活動が行われる事となります。8/12〜15日までの営業時間は16:00〜20:00の予定となっています。ぜひ街の中の喫茶店あっぷるへお越し下さい。
dc080206.JPG 179×134 13K

■2004年08月06日(金)  慰労会 夏休みへ
dc080661.JPG 192×144 15K 今日は午後からメンバー・スタッフほぼ全員参加しての「慰労会」を開催しました。欠席をした数名のメンバーを除いてもその総数は20名を越えてのにぎやかな時間となりました。連日猛暑の今年の夏、その日々にあって来る日も来る日もお弁当製造を続けた彼らの姿は、時に感動的に映りゆくものでもあり、夏休みを前にした今日の慰労会は、互いの労をねぎらうそんな素敵な時間ともなりました。メンバー一人一人が始まりに際して語った感想や希望、乾杯の音頭、カラオケの音にかき消される事なく終始響き在った彼らの笑顔とそのピュアな心根。ビールの泡にはじけるような彼らの笑顔と安心感は、日々を営み続けた彼らの何よりの「証」でもあります。
 
 明日からはしばしの夏休み、阿波踊りの始まる12日からは街の中の喫茶店・籠屋町での喫茶業務や広報活動、そして氷の販売をみんなで行っていくお盆を過ごす事になります。

■2004年08月05日(木)  かわら版 
◇大分、この作業所にもなじんできて、お弁当作りではお客さんや仲間やスタッフの人たちと、喫茶店では当事者だけではなく、一般の人もこの場所を知ってもらったり、僕たちのやっている事を知ってもらい始めました。これは僕たちにとってとても良いことだと思います。これからもこの場所を通じて人とのふれあいを大切にしたいと思う今日この 頃です。

◇あっぷるに来て約2ヶ月になりますが、だいぶ仕事に慣れてきました。島田には弁当作りに行っているのですがとてもしんどいです。毎日暑いけれど、一生懸命がんばります。喫茶店の仕事もなれてきたし友達もできたので楽しいです。
◇お給料をためて、楽しい旅行が出来て、とてもうれしいです。旅行のためだけでなく、これからも仕事をがんばりたいと思います。

◇人間は生きていると、いろんな体験をします。嬉しいことも、辛いことも、びっくりすることも、、、でも、だからこそ、生きているのだろうと思います。アニマル浜口さんではないけれど、「気合いだあー!」生きて、生きて、生きてやるう!!

◇早くも夏本番の阿波踊りが参りました。僕はあっぷるで夏を迎えるのは初めてです。今年は籠屋町喫茶店では氷や飲み物を県外客の皆さま方、又は徳島の皆さま方にあっぷるへ来て頂き、良かったと言われるようにメンバー、スタッフ一同一生懸命がんばっていきますので、どうか一度お立ち寄り下さいますようにお願い致します。

◇喫茶あっぷるで働き始めて約2ヶ月、少しずつですが仕事にも慣れ、自分の役割もわかってきました。弁当の店頭販売と接客で自分の仕事のやりがいを見つけました。お客様の笑顔と「ありがとう」の一言が嬉しい。先日常連さんに接客でほめられやる気が出ましたが、これにおごらず中の作業も地道にこなしていきたいです。日々発見、スタッフとメンバーさんに支えられて活動しています。

◇ごま塩をふりはじめた作業も今では他の事もやる様になりました。もう少し集中して作業出来たらベストかと思います。
◇今年の夏は暑いですね。お盆そして阿波踊りが始まりますね。お盆は仏様の帰られる日。私は家とお墓が近いのに、両親のお墓になかなか足が向きません。父や母が親 不孝の娘だと怒っているように思われます。お父さんお母さん、今年は必ず行くから許してねと心で詫びています。

◇暑い夏、暑いと思っていたらいつの間にか雨が降り始めました。きれいな花がやっと咲 いたと思えば大きな雨の一粒で小さな花びら1枚を飛ばしてしまいました。虫の声・雨の音、どこへ行ったの太陽さんとふてくされていた私に太陽は教えてくれました。「人に頼らず笑ってみよ、そうすれば自然も君に味方して一筋の光が七色になって、大きな虹を 生んでくれるよ、と。笑顔それは色々なものを作る大切な私の力です。

■2004年08月04日(水)  かわら版 8月号より
 ◇「障害者」という文字が“人”の前についただけで、なぜこんなにも社会が狭められるのでしょう。ただでさえ、元気でありにくい今の世の中で、障害者として生きて行くには、とても厳しいものがあります。それはまだ、この世に生を受けて間もない赤ちゃんや、就労前の学生、これから未来へはばたこうとしている若者、もっともっと年を重ねた私の母親のような年齢の人たちにとって、容赦のない現実としてあります。それでも、そんな現実をちゃんと見ている人もいて、そんな想いが一つの作業所の立ち上げであったり、それを支えている人たちの原動力だったりするんですね。もちろん、毎日お弁当を買って下さる方々がいてくださることを忘れてはいけません。一番身近な応援団です。今月はあっぷるへも各方面よりたくさんの来訪がありました。それは色々な立場の人にありのままを見て頂けるいい機会でもあり、私たちに投げかけてくださる率直な疑問や感想の一つ一つが少しでも未来につながればいいなと思います。こんなちっちゃな場所でも、きっとその果たさなくてはいけない役割は大きいんだなと改めて実感しています。      スタッフ 阿部千恵

■2004年08月02日(月)  喫茶店店頭にて
dc080220.JPG 125×166 12K「姿を見せる活動」と言葉にすれば簡単な事も、実際には大変な部分が背中合わせにあります。まだまだ厳しい囲まれ方の中、大多数の彼らが、病や障害を抱えている事を伏せ、時に身や名を隠しながら、日々の生活を過ごさざるを得ない現実多々あります。オープンにして「良き」現実が用意されていれば何の問題もないのですが、まだまだオープンにして「良き」事柄は少ない現実がしっかりと片方に存在していきます。街の中の喫茶店あっぷる、その店頭で「姿」を見せながら声を出し、道行く人にお弁当を販売する「彼ら」の姿が今日もあります。その姿は勇気あるメッセージとして時に感動さえも覚えゆきます。「彼ら」の声にぜひ足を止めて欲しいと願います。
 夕刻スタッフ全員が喫茶店に集合、後日の「給料ミーティング」に関しての協議や検討事項についての確認の時間としました。人が人を評価する事の難しさと矛盾、社会のプレステージ・最前線としてのHEARTLANDの中に大切にしなければならない事柄の一つ一つ、思案すべき事柄は山積みされている観があります。夏の休みに向けてあと1週間足らずの時間となりました。

■2004年08月01日(日)  台風
 昨日予定されていたHEARTLAND8周年の記念パーティーは、生憎の台風到来で中止となりました。近づきつつある台風と暴風波浪警報、幾人かの方からの問い合わせも含めて、開催を思案したのですが、まだ台風一過ともいかず中断を余儀なくされてしまいました。
 本来は先月開催予定であったパーティー、順延した昨日も中止となり、また後日の開催を計画出来ればと考えています。

 今日から気がつくと8月、来週はお盆前の給料ミーティングに始まり、ヘルパー研修の実習生受け入れ、夏の慰労会、お盆期間の籠屋町喫茶店での氷販売の作戦会議等、いくつもの予定と考える事への時間を用意しなければならない忙しさが待っています。
 夏休みまであともう一がんばりのお弁当作り、かわら版の発行も含めてバタバタとした一週間を過ごしそうなそんな予感です。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記