[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2005年08月31日(水)  かわら版 9月号より
今日で8月も終わり、真新しいかわら版9月号が発行となりました。

先日、ここあっぷるに一人のお客様が見えました。私たちは彼のことを親しみを込めて「米(よね)ちゃん」と呼んでいます。「NPO法人 太陽と緑の会」のメンバーさんで、今日は営業にやって来たということです。普段は国府の作業所でリサイクル業務に日々いそしむ彼ですが、この日はいでたちこそTシャツに涼しげなズボン姿なのですが、私たちにはまるで彼がりっぱなスーツを着た営業マンに見えました。作業所から歩いてきたという彼の背中のリュックから大事そうに取り出された一冊の詩集。彼はこの詩集「元太」の作者なのです。私は、以前あるフェスティバルで米ちゃんの熱唱する「この思い伝えよう」の朗読を聴いて、いっぺんに彼のファンになってしましました。一冊200円です、といってその日の営業成果600円をそのうちの半分をこれは作業所のぶん、と言って残りの半分を誇らしそうに手にされ帰ってゆきました。彼の詩集には彼の真剣がいっぱいつまっていて、いつもいつも問いかけていて、いつもいつも見つめていて。最近身近にいろんな事があり、つい自分の人生をふと眺めてみたりする瞬間がありました。最近の私の中の変化として、前は全然そんなこと思わなかったのに、近頃「なんだか百歳くらいまで生きてみたいなぁ」なんて考えています。  スタッフ  阿部 千恵

 長い休み明けの私のかわら版は、いつもこの話題。10日間もお休みを頂いたにもかかわらず、注文の電話がなりっぱなし。70食製造で60食が、注文、お取り置き分でした。残りの10食はあっと言う間に売り切れてしまいました。売り切れた後に来られたお客様には申し訳ございませんでした。私達ができる事として、心をこめたお弁当作りはもちろんの事、精神障害者小規模通所授産施設あっぷるを理解して支え続けて下さるお客様や'あっぷるのお弁当'を紹介して下さるお客様に感謝の気持ちを忘れない事、などを帰りの会で話し合いました。そして来週からまた80食製造に決まりました。障害者の社会参加活動としてのお弁当作り、お弁当で広がる輪が社会への発信であったりもします。自信と誇りを取り戻したい、元気になりたい、あの頃に戻りたい、通っているメンバーの思いは様々です。暑さと忙しさで疲れてしまっていた数名のメンバーも復帰しました。「やっぱり働けるっていいなあ。」と言います。今月も新しいメンバーが2人増えました。そっと見守っていきたいと思います。  スタッフ  小西英子

 先月から一般の職場で働いている方がいます。この前その方の職場に会いに行って来ました。あっぷるに最初きたときは緊張のせいかあまり笑顔の少なかった方でしたが、今の職場では笑顔で接客をされていました。ちょうどその時「〜はどこにあるんですか?」とお客さんに聞かれ案内している彼の顔や彼の姿を見ているとがんばっているんだなあと思い、すごく感動してしまいました。彼のようにもっとたくさんの人が出ていけたらなあと思います。そして個人的なことになるのですが、先月いっぱいであっぷるを離れさせて頂くことになりました。精神に障害をもっている人を取り巻く環境など色んなことを学ばさしてもらいました。お客様にも色々と教わりお世話になりました。今後もあっぷるをよろしくお願いします。どうもありがとうございました。 スタッフ 村田暁宏

 毎年恒例のかき氷販売とあって、スタッフ・メンバー共に事前準備やいろいろ決めることに対しての意気込みはものすごいものであったと思います。私にとってのこの行事は初めての事だったのですが、みんなの楽しそうな姿、がんばっている姿を見て、私も一緒に頑張ろう、頑張りたいという思いが、一層増してかき氷を買って下さるお客様に喜んでもらおうと頑張れたらと思います。たくさんの方、かき氷を食べて下さってありがとうございます。 スタッフ 川合碧

■2005年08月29日(月)  森永ヒ素ミルク ひかり協会勉強会
 今日の午後、徳島市のシビックセンターで「障害者自立支援法」に関する勉強会があり、今般廃案とはなりましたが次回の国会で現行通りの形で再審議となった「障害者自立支援法案」に関して話を行ってきました。ひかり協会は森永ヒ素ミルク中毒の被害者を恒久救済する組織、その徳島県事務所主催の勉強会であり、当事者である被害者の方々、施設に子供を預けている親御さん方等、参加の下での時間となりました。
 
 法に対しての賛否は別としても、本当に障害を持つ方々にとってより良き形となる事を再考すべき今回の審議中断の時期としたいと思うわけです。自立を支援するためのものなのか、はたまた自立を阻害するべきものなのか、自己負担という事、本当の意味で「選択」出来るものなのか、当事者の思い、施設の想い、そして市町村の計画策定等、課題は山積みされている観は否めません。評価出来る部分も十分含まれての法案、少なくとも私たちの身の回りの「関心事」として常にアンテナを張り巡らせていなければと思います。

■2005年08月26日(金)  鴨島病院 勉強会
 昨夜鴨島病院で行われた勉強会に参加、HEARTLANDの活動や精神障害者の状況についての話を行ってきました。地域医療という言葉を模索し続けてきた理学療法士の田村さんや、医療ソーシャルワーカーの芝さん、井手之上さんを中心とした病院スタッフ、保健所の保健士、施設関係の方々等、様々な人が参加しての任意の勉強会は、果てしなき議論といった様子で深夜遅くまで建設的な話し合いが行われました。
 遠い昔、月に一度精神保健福祉センターのスペースをお借りして行ってきた任意の勉強会「ハートイン阿波」精神保健福祉の話題を中心とした勉強会は、かれこれ7年近く継続され、そこでの人と人との出会いや問題への熟成が今のHEARTLANDを形取った事に大きな力を貸してくれました。

 若きスタッフの新しい息吹と共に、地域医療を真摯に進めてきた経緯、懐かしい感じさえした長時間の議論、日々の活動に活力をくれた想いもした充実した時間となりました。

■2005年08月25日(木)  広報とくしま
 先日籠屋町の喫茶店で「広報とくしま」担当の曽我そんから連絡があり、HEARTLANDの活動を徳島市の広報誌に掲載して頂けるとの事で取材を受ける事となりました。喫茶店での話、HEARTLANDの活動の輪郭やこの街の障害者福祉施策の事柄、そして精神障害や病を抱え持つ彼らの状況等、長時間に渡ってこの場所の話をさせて頂く機会を持ちました。記事として9月の広報とくしまにHEARTLANDの活動が掲載される予定となっています。
 メディアを通じて様々な形でこの場所の活動や彼らの存在を「伝えゆく」機会を頂く事にいつもながらありがたい事と思います。この場所に関わる「人」がまず誇りと思えるような状況を創り上げていくこと、そして伝えゆくこと、そんな事の大切さをいつもの事のように考えていきます。

 気が付けば間もなく9月、夏休みモードも終了して新しい季節にみんなで向かって行ければと思っています。

■2005年08月23日(火)  活動再開
 長かった夏休みを経て昨日からHEARTLANDの活動が再開となりました。まだ体調がすぐれない数名を除いてほぼ全員のメンバーが顔を揃えた一日の始まりとなりました。約1週間以上もお弁当作りを休んでいた事にも関わらず、朝からひっきりなしに電話での配達注文やお弁当のお取り置きがあり、製造したお弁当数はあっという間に完売の状況となりました。
 
 1週間も休んでの状況、大名商売では決してありませんが、こちらの都合を優先させての長期休暇、それにも関わらず多くの注文を頂く形で、この場所への応援を下さる多くの方々にあらためて感謝すると共に、また明日からの活力を頂いた一日となりました。籠屋町・街の中の喫茶店あっぷるも再開、いつもの常連さんが集う同様の午後となりました。

■2005年08月21日(日)  夏休みの終わり
 長かった夏休みも今日で終了、明日の月曜日からまたHEARTLANDあっぷるでのお弁当製造販売等の活動が再開される事となります。連日の猛暑もお盆を過ぎて少しだけ和らいできた朝夕、約1週間の長期リフレッシュを経てまた元気なみんなが明日集まる事を楽しみにしたいと思います。

 この休み期間を利用して、東京都調布市にあるクッキングハウスを訪ねて来ました。クッキングハウス活動創設、その代表である松浦幸子さんと初めて交わした言葉の数々、生き生きとした場所に、脈々とした松浦さんの想いが凝縮された素敵な活動と時間の経緯が確かなものとしてその場所に在りました。生き生きと語るメンバーの表情と凛とした言葉の強さ。COOKING HOUSEという同じ名称の活動がHEARTLANDの始まりでもあった事、始めた訪ねた調布の街角の中、人の呼吸も温かなぬくもりを持った素敵な人と時間と場所がそこには在りました。

 クッキングハウス代表の松浦幸子さん、詳細は後日お知らせの予定ですが、10月に記念講演の形でHEARTLANDにお招きする事となりました。ぜひぜひお楽しみに。

クッキングハウス WEB http://www.cookinghouse.jp/index.shtml

■2005年08月16日(火)  お盆休み
 先日の阿波踊り期間の「かき氷」販売を終えて、あっぷるは今少し長めのお盆休みとなっています。通常の「商売」であればこれ程の長期の休みはあり得ない事ではあるのですが、暑い中でのお弁当製造、それぞれに抱える病や障害の問題、体調の維持管理等も含めて、休息の時を優先せざるを得ない状況がもう片方にあります。約1週間のお休み、通常の活動再開は来週月曜日の22日からを予定しています。

 しばしの間、お弁当をお買いあげ頂いている多くの方々にはご迷惑をおかけ致しますが、22日の活動再開までのお休み、ご了承頂ければと思います。

■2005年08月14日(日)  かき氷販売 2日目
 昨夜も前日に引き続いてのかき氷販売をみんなで行いました。夜の深まりと共ににぎやかになる阿波踊り、祭囃子の喧噪に紛れるようにみんながかき氷を店頭で販売しました。道行く人、そして喫茶店の中に入って立ち止まってくださった多くの人に対しての、この場所の活動を書き記した広報のチラシをみんなが配りゆきました。かき氷が何杯売れたという「収益」の部分、それ以上にこの場所の事を知って頂く事の「大きな意味」様々な事柄を含めての2日間の販売が終わりました。

 昨年は阿波踊り期間の4日間、全てかき氷の販売を行ったのですが、今年は2日間のみ、明日から約1週間の長い夏休みを経て、通常の活動は22日から再開となります。

■2005年08月13日(土)  街の中の喫茶店 かき氷販売
dc081302.JPG 181×136 14K 阿波踊りが開催される期間、昨年と同様に街の中の喫茶店あっぷる店頭でかき氷の販売を行うお盆休みとなりました。昨日は販売の初日、あっぷるメンバー・スタッフと共に多くの方々が手伝いに来てくれました。鴨島病院のワーカー、OT、PT 、言語療法士の方々、そして以前にHEARTLANDのボランティアとして参加下さっていた板野養護学校教員の大久保さん、あっぷるでの実習を予定している吉備国際大学の岡本さんなど、にぎやかな中にバタバタとした時間を過ごしました。
 今年はかき氷150円、ミルクはサービスの形で16:00〜20:00の間、店頭でかき氷の販売を行う事としています。準備されたHEARTLANDのパンフレットやかわら版等の活動を記載したチラシ、店内でコーヒーを飲まれる方々へもメンバーがこの場所の「意味」を伝えゆきます。にぎやかに元気なあっぷる、明日も同じ時間、販売をみんなで行う予定としています。

■2005年08月11日(木)  慰労会
 昨日はお弁当製造がお盆休みを前にして最後の一日となりました。暑かった夏を全員でくぐり抜けての日々、ハンバーグのメニューのお弁当は予約の注文で早々に完売、相変わらず好評を得ているお弁当の販売がみんなを元気づけてくれます。
 午後には藍住町の「みちよ亭」で慰労会、頑張った夏を振り返りながらの楽しい時間を過ごしました。体調を崩して参加出来なかったメンバー、しばらく休息が必要であったメンバー、休息を終えてまた活動に参加しょうとするメンバー、そしてこの場所を離れてパートの仕事に就いたメンバー、例年に比べて少ない人数とはなりましたが、美味しい食事と共にいつものカラオケタイムと全員でのお疲れ様会は素敵なものとなりました。

 明後日12日にからは阿波踊り、籠屋町・街の中の喫茶店あっぷる店頭では昨年と同様に夕方16:00頃からかき氷の販売をみんなで行います。お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄り下さい。

■2005年08月10日(水)  自立支援法 廃案 続編
自立支援法案、安衛法改正案が廃案 170億円の穴埋め必要に

 国会審議中だった障害者自立支援法案、労働安全衛生法改正案は、衆院解散により廃案になった。自立支援法案は公費負担制度を見直し、利用者に原則1割負担を導入することなどが柱。来年1月施行の予定で、それを見込んだ今年度予算を組んでおり、厚労省は試行が遅れることで発生する支援費制度の在宅福祉経費170億円の穴埋めを迫られる。
 厚労省は、障害者自立支援法案を次期国会に再提出する方針だが、成立時期が読めず、省内には当初予定の来年1月からではなく、来年度以降の施行になるとの見方も浮上している。現行の支援費制度が存続することによる170億円の財源不足に対して厚労省は、省内に残された予算を充てて穴埋めする方針だが、全額を埋めるのは難しく、その場合は残りを市町村が負担することになる。厚労省の障害保健福祉部では、「できるだけ早く、成立に向けた道を探りたい」とコメントしている。
 法案成立と施行の時期が不透明になったため、来年度予算編成で、同法案関係の障害者福祉予算を、いつからの実施で確保するかという難しい課題も残された。

■2005年08月09日(火)  障害者自立支援法案、廃案
障害者自立支援法案を審議している参議院厚生労働委員会では、今日の郵政民営化法案が否決された参議院本会議後に開かれた理事懇談会の席で、与党理事が、衆議院解散が濃厚となったことをうけ、障害者自立支援法案については廃案になる、との意向を示しました。

 解散という事態の中で、障害者自立支援法案を始め、衆参両院ともに審議中の法案は会期不継続の原則により廃案となり、継続審議の道は閉ざされた状況となりました。今国会で提出されている障害者自立支援法案が廃案となると、次に開かれる国会で政府が再度の提出を図ろうとする場合、再度、衆議院から審議をスタートという形になる事と思われます。
 国会情勢により今般廃案となった自立支援法、情勢とは言え彼らに関わる大きな審議が中断・廃案の形となり、またまた自立支援法を囲む様々な論議も中断を余儀なくされていく事となります。混乱と混迷の中、先行きの見えない精神保健福祉状況と自立支援法は、棚上げの形のまま夏を過ごしゆく事となります。

■2005年08月08日(月)  間もなくお盆休み
 長く続く猛暑の中、あっぷるのお弁当製造もしばしの夏休みに間もなく入ります。お盆の休みを前にお弁当製造もあと数日、10日には近くの料亭で毎年恒例の「慰労会」が予定され12日からはお盆・阿波踊り期間に街の中の喫茶店あっぷるでかき氷の販売を行う予定としています。暑かった連日のお弁当作り、途切れる事なくお弁当を買って頂く形でこの場所の活動を支援し続けて下さる多数の方々、しんどさの前に座り込む事よりも、意気に感じながらその状況を受け止められればといつも思います。

 あっぷるの今日には約1年ぶりとなったメンバーの姿がありました。ガソリンスタンドでの仕事、そして離職「家でブラブラしていても仕方がないので」と主治医に勧められての久しぶりのお弁当製造参加となりました。久しぶりの汗に「厳しい作業所ですね」と笑いながらの彼、また再生に向けての日々が始まりました。

■2005年08月05日(金)  お弁当作りとこの場所
dc073102.JPG 215×161 17K 連日の猛暑と厳しいお弁当作りの中で体調を崩すメンバーが増えつつあります。仕方なく通所を中断、自宅にて療養・休息を取る事が必要となった人が数名、少なくなったメンバーでのお弁当作りはこれまた大変な作業でもあり、厳しい枠組みのこの場所の事をふと思います。
 
 変わらないお弁当の注文、メンバーが減っても継続される製造数、先日行われた給料ミーティングの収益は相当な金額の収益であり、4万円を超えてメンバー工賃を受け取る人もいました。嬉しい事ではあるのですが、この場所自体が抱えている「矛盾」の中、なかなかピタッと上手くゆく日常は用意されていません。来る方も迎える側も「ぎりぎり」そんな日々でもあります。

■2005年08月03日(水)  日和佐保健所 家族ハート教室
 昨日の午後は県南の街、牟岐町を訪ねて日和佐保健所主催による「家族ハート教室」に出向いてきました。家族の研修会、講演の内容は今話題の中心にある「自立支援法」家族の立場にあって、この法案をどのように眺めていくのか、自身が暮らす地域の問題も相まって大きな関心事であります。また同席していた県家族会の会長西村さんからの講話もあり、少ない参加者ではありましたが、なかなか意義在る時間を過ごせたように思います。
 めまぐるしい程に移りゆく精神保健福祉を囲む状況、契約・サービス・自己負担・そして障害者地域共同作業所を初めとする地域福祉の先行き、この法案に伴う大きな「変化」を読みとる事は大切な作業のように思います。
 
 是非は色々と論議されている「自立支援法」ではありますが、家族の方々やご本人にとってはじまりとなる「きっかけ」としてのこれからに期待したいとは思います。

■2005年08月02日(火)  8月に入って
 早いものでもう暦は8月に入りました。連日の猛暑と過酷さを増すお弁当作り、体調を崩し「安静」を求めるメンバーの状況も増し、少なくなったメンバーが懸命に日々のお弁当作りを繋いでいきます。通過施設という特徴もあり、多すぎる時には多すぎると思う程の人が集まり、その反面の今のように体調を崩したり、嬉しい事ではあるのですがパート就労に出向くメンバー等でその数が減りゆく、そんな時が交互に訪れてきます。
 
 商売の論理でいうといかなる状況にあっても「営業」を「継続」し続ける訳ですが、こういった場所にあってはなかなかそうもいかず、矛盾を含めて場所である事も感じずにはいられません。メンバーはいうまでもなく、スタッフも同様にバタバタと日々を終わらせる事に精一杯の8月が進みます。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記