[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2005年11月31日(木)  かわら版 12月号
明日から師走、今年最後のかわら版が完成しました。

 楽しかった北海道旅行が終わり、翌々日は100食製造で作業が始まりました。今月も沢山の特別注文を頂き、本当にありがとうございました。お蔭様で160食製造の時も無事納めることができました。一人ひとりが力をつけてきた成果だと思います。
「あっぷるって小さな社会ですね。ここでくじけるようではだめだし、ここで何でもできるようになったら本当に社会で働けると思う。」とメンバーの女の子が言います。疲れ果てた時には何日も休んだりという時もありましたが、自分が休んでいる間にも頑張ってお弁当作りを支えてくれている他のメンバーへ思いを寄せたり、また自分の体調を知り、コントロールしていく事を学び大きなハードルをひとつ越えたようでした。「あっぷるがあってよかった!」と明るい笑顔で通ってくる姿を見ていると、我が子の成長をみているようで本当に嬉しいです。社会の風にふかれ、自分以外の人の事も考えられるようになり、お客様とかわす言葉で社会の一員としての自覚を持つ。お弁当作りという作業を通して、それぞれの目標へとゆっくりと小さな歩幅でも確実に前進しています。あっぷるを応援して下さる方々に心から感謝申し上げますと共に、これからも変わらぬご支援をよろしくお願い致します。           スタッフ 小西英子 

 籠屋町での「街の中の喫茶店」での活動も3年目になりました。作業所の認証に至らなかった事は何よりも残念でしたが、そんな中でも私たちの声を聞き、そして支援してくださる方々がいてくださり最近とても温かい気持ちでおります。12月10日の松浦幸子さんの講演も、この街のこの場所で開きたいという思いが大きく膨らみ「しんまち劇場」としました。元気な方もそうでない方も、きっと温かい気持ちで帰っていただけると思います。当日は看板が出ておりません。東新町の東映跡3階までどうぞお越しくださいませ。(参加費無料)
                         スタッフ  阿部千恵


 「はじめまして」のあっぷるデビューはお誕生会という幸せ者の私です。ほとんどの人が初対面ながら、一緒にお鍋を囲んで‥一緒に楽しい時間を過ごして‥。メンバーそれぞれの個性で新入りの私に接してくれるありがたさ。この出会いをつないで行けば、きっと心の笑顔に出会えることを楽しみに願いつつ「どうぞ宜しくお願いします。」                                 スタッフ 小川信子

■2005年11月29日(火)  鴨島保健所 精神保健ボランティア講座
 昨日は午後に鴨島保健所に出向き、精神保健ボランティアのフォローアップ講座で話を行ってきました。精神保健ボランティアグループ、アトリエひまわりでの給食作りの活動等、吉野川市管内の市町村から様々な人が参加して下さっていました。徳島県内の障害者地域共同作業所等で、様々な活動と活躍を見せている精神保健ボランティア、新しい「風」を通す役割として今後もますます、市町村という時代の中にあってその役割の重要性は増していくはずです。「市民」の声として、同じ街に住む「隣人」としての提案、専門家・従事者と呼ばれる人のみの「策定」ではなく新しい角度からの未来を創造していって欲しいと願います。

 今月もあと残すところ1日、間近に迫ってきた12月10日の松浦さんの講演会、参加の申し込みも日々届けられています。メンバーも楽しみにしている講演会、このWEBからも参加申込みは可能です、ぜひ多くの方々に参加して頂ければと思っています。

■2005年11月28日(月)  メール
今日はじめてお弁当の注文を頂いた方から、嬉しいメールが届きました。とても嬉しい文字をたくさん届けて下さりここの掲載したいと思います。

本日初めて、あっぷるの「お弁当」をいただきました。タウン誌の記事で拝見し、一度「お弁当」を注文しようと思っていました。大変美味しかったです!久しぶりに美味しい「お弁当」に出会いました。めったに「お弁当」を購入はしませんが、どこのものでも、何となく味気がないんですよね。でも「あっぷる」さんの「お弁当」は違いました。何がどう違うのか?尋ねられても、詳しくはわかりません。でも、何かが確実に違いました。

 一緒に「お弁当」をいただいた仲間の一人は、いつもは野菜嫌いで、ほとんど口にすることが無いのですが、「みんなが一生懸命作ってるんだろう、残すんは出来んよなあ」
って、見事に完食してましたよ。しかも「美味しいかった」って、折を片付けてました。
他人のことばかりではありません。僕も前述の通り、美味しくいただきました。
また、配達に来ていただきましたスタッフの方の笑顔も気持ちよくこういう職場に勤めているものとして、見習わなければいけないと、仲間と話したところです。
 
 これからも、がんばって「お弁当」作ってください!そして、美味しい「お弁当」を届けてください!微力ながら、応援してますし、出来るだけ、口コミですがコマーシャルしておきます。では、いずれの日か、注文すると思いますので、その時には、宜しくお願いいたします。

■2005年11月24日(木)  岡山から学生見学
 今日は遠路岡山から精神保健福祉士を目指して福祉専門学校に通う学生さんが1名、HEARTLANDに見学に来てくれました。北島田でのお弁当作りに参加の後、籠屋町・街の中の喫茶店あっぷるでの時間、HEARTLANDの設立経緯や日々の状況等の説明や話を行いました。

 彼女が学ぶ学校の先生は細谷先生、以前は香川県の精神科医療機関の中で草分け的なPSWとして活躍をされていた方、病院で勤務していた頃に月に一度、徳島から山を越えて参加してきた丸亀・三船病院で開かれていた香川PSW研究会の定例学習の時間、その中で憧れの存在として、業務を形成してゆくための自分自身の指標として、大きな影響力と憧れを頂きました。あれから10年、その頃の人たちは現場を離れ、教育機関の先生として後進の指導にあたっている今があります。現場のリアリティー、現実の言葉は若き人たちにそのものの本質を伝える事に大きな力を宿しゆきます。今日の学生も真摯に精神保健福祉への眼差しを持つ方で有り、引き継がれてゆくものに何か嬉しい気持ちを持ちました。若き人たちの中に一人でも多く、この世界で活躍してくれる人が生まれゆく事を期待したいと思います。

■2005年11月23日(水)  師走を前にして
 今日はあっぷるのお弁当作りはお休み、連日の忙しい日常から少し離れての休息の一日となります。師走を前にしてあっぷるも12月に行われる様々な行事の準備に追われ始めていく、そんな加速度的な日々が早いスピードで進みそうな時期となってきました。昨日は午後からスタッフ会議、12月10日の松浦幸子さんの記念講演会と街角の精神保健福祉を考える集いの打ち合わせ、一日の進行予定、準備物品の確認、当日資料としての抄録集へのイメージ、メンバーとの共同作業の部分等、様々な事柄への検討を重ねながらの時間となっていきます。
 
 時に人は「どうしてそんなに忙しくするの‥」と苦笑いの中に言葉を贈ってくれるのですが、私達自身の存在やこの場所の意味を含めた、混沌とする日々の中にあって、何かをセットする事で、或いは何処かに出向いていく事で、私達自身の「在り方」を省みるそんな時間がどうしても必要となってくるのです。
 またそれとは別にまだまだ「何一つ始まっていかない」彼らを囲む状況の中、様々な舞台や機会を設ける事の必然性を日々の活動の中に思う時も多々あり、こうした機会の創出を繰り返しゆくHEARTLANDがあります。

 慌ただしい師走を前にした休息、一つ一つの事柄をみんなと共に創り上げていきたいと思います。講演会の参加申込みはこのWEBからも可能です。多くの方々の参加をお待ちしています。

■2005年11月22日(火)  街の中の喫茶店 新しいメンバー
 街の中の喫茶店あっぷるに先週から新しい女性メンバーが加わりました。16歳の女性、中学を卒業後に自宅でとどまって生活、あっぷるの事は広報とくしまの誌面を見ての事、細かい彼女の「訳」は今後の事としても、様々な「訳」を抱えた人が一つの場所を見つけて訪ねてきます。
 引き受けるべき事・引き受ける話では無い事の選別はあったとしてふも、何処にも引っかかれないような「行き場の無い話」が片方にある事も大きな事実です。
 今話題の中心となっている「障害者自立支援法」その是非は別としても、老人の介護保険と同様に制度やサービスが生まれて「賄いがきく人」とそこから「こぼれゆく人」が生じる事も歴然とした事実です。しかも、そのこぼれゆく部分には誰も手を差しだそうとしない、そのままの事実が進みゆくだけでもあります。

 自立支援法の行く先、彼女が籠屋町で働こうとする現実、法体系への適合のみではなく広く、彼らの「生活への支援」という現実を見過ごさずにゆければと思います。

きんこさんが「松浦幸子さん講演会」を日記に書き記してくれています。
 http://www.kinko2.jp/saikin/kinkonews.html

■2005年11月20日(日)  COOKING HOUSE 生活セミナー
 昨夜のCOOKING HOUSE・生活セミナーは11月に引き続いて「障害者自立支援法」についての説明をメンバーや家族の方々に対して行いました。まだ全ての要綱が出きっていない中、先月と重なるような話の内容となりましたが、私達・彼らを囲む大きな福祉変換を自立支援法の概要と共に話伝えました。各都道府県への通達、個々のサービス単価、施設再編の行方等、まだまだ現状では不透明な部分もあり、今後の状況の推移と共に出来うるだけ「わかりやすい」形で法案の詳細や、今後の流れを伝えて行ければと思っています。

 COOKING HOUSEも年内は昨夜が一応最後、12月の土曜日にはそれぞれに行事が目白押しでもあり、COOKING HOUSEの時間は昨夜が最後となりました。多くの人が参加して続いてきたCOOKING HOUSEの時間、セミナー、夕食、コンサート等様々なプログラムと共にこの時間がみんなにとって素敵なもののように見受けられます。また新しい年になり新しいCOOKING HOUSEを継続していければと思っています。

■2005年11月19日(土)  しんまち劇場707
昨日の午後、籠屋町・街の中の喫茶店あっぷるから徒歩3分、東新町商店街の中にある「しんまち劇場」を訪ねて12月の講演会の下見と打ち合わせを少し行いました。元は東映の映画館、その後劇場として改装されたしんまち劇場は、そっくりそのまま映画館の雰囲気を残したものです。
 講演会の会場というよりはどちらかと言えばコンサートホールの印象、様々なアーティストがコンサートに活用しているそんなスペースの中で、COOKING HOUSE・松浦幸子さんの講演会とシンポを開く事としています。

 街中という立地条件でもあり、劇場に駐車場も無く、参加頂ける方には少し不自由をおかけする事となりますが、街の中の喫茶店あっぷるからすぐ近くの場所、何より街の中・人の中で「彼らの問題」を問うための良い場所であると、この場所での開催を決定した訳です。コンサート企画も含めて、意味ある時間としたいと思っていますので、ぜひ多数の方々の参加をお待ちしています。

■2005年11月17日(木)  徳島医療福祉専門学校にて
 今日の午後は勝浦町にある徳島医療福祉専門学校にて講義を行ってきました。以前からお付き合いのある岩佐先生の計らいにより、例年精神障害者の状況や作業、就労といった「現場の空気」を伝えさせて頂く機会を何度と無く頂いての講義となりました。作業療法士を目指す若き人たち43名を前に地域の状況や就労に関する制度等について話を行いました。また今週の土日には学校祭が催される予定で、ハートランドのTシャツを学生さん達が販売をしてくれる予定となっています。パンフや講演会のチラシの配布もあわせて「作業所の存在を多くの人に知ってもらいたい」との言葉には本当に嬉しいものを感じます。

 明後日19日のクッキングハウスでは。18時から「生活セミナー」を開く事としています。以前のセミナーでも取り扱った「自立支援法」がテーマ、関心のある方、お気軽にご参加下さい。

 クッキングハウス 生活セミナー
  日時 11月19日 土曜日 午後6時から 場所 街の中の喫茶店あっぷる
  内容 「自立支援法についての続編」  参加は無料です、お気軽にどうぞ。
  

■2005年11月16日(水)  ジョブサポートえひめを訪ねて
 今日は一日あっぷるのお弁当作りを休業として、スタッフ全員で松山に出掛けてきました。精神障害者の「就労」を専門的に取り扱うモデル事業として立ち上がった「ジョブサポートえひめ」といつもの徳永さん「ハートピアみなみ」を訪ねての時間となりました。新規に立ち上がった事業としての精神障害を持つ方々への就労支援の施設、施設長の河野さんのこぼす話の一つ一つに、新しく事業を立ち上げる苦労が滲んでいる様子で、今後の未来に向けての構築が大きな課題である事を聞くと共に、新しい事業としての「未来」にも大きな期待が持てる事も確信しました。
 またその施設の職員なった村田君は、今年の8月迄HEARTLANDの職員としてこちらの仕事に関わってくれた後、愛媛の新天地で新しい仕事に取り組んでいます。今日は久しぶりの彼との再会ともなり、今後の活躍にも期待をしたいものです。

 徳永さんとはその後「自立支援法」に関する様々な話の交換、同じ小規模授産施設としてどのように今を読みとり今後の方位を定めるのか、まだまだ自立支援法の概要が下りきっていない中に、手探りで未来を探すことは多分に困難部分を伴いますが、様々な角度からの検証を今後も重ねていければと思っています。

■2005年11月15日(火)  寄せ書き
 先日の北海道旅行の余韻とさめやらぬ中、またバタバタとお弁当作りが再開となりました。連日特別注文が入りお弁当製造数は100食を超えてのもの、忙しい日々が連続していきます。先日の旅行の際に観光バスの運転、並びにガイドの役割までも担って下さった北光観光の佐藤運転手さんに、みんながお礼の寄せ書きをしたためています。旅の中の一期一会とは言え、親切に楽しい2日間の旅を盛り上げてくれる事を担って下さいました。お礼の寄せ書き、写真、HEARTLANDのトレーナーなどを間もなくみんなで発送する予定としています。

 明日は愛媛の「ジョブサポート愛媛」に出向く予定、精神障害者領域で初の職業訓練・就労に向けたサポート施設を訪ねて研修の機会としています。以前からおつき合いのあった施設長の河野さん、すぐ近くで施設運営の舵を取る「ハートピアみなみ」の徳永さんにも再会の予定としています。

■2005年11月13日(日)  師走の行事
 12月の一ヶ月は本当に多忙な予定が組み込まれています。月初めの3日には徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会のフェス、そして10日には東京都調布市にあるクッキングはハウスの創設者、松浦幸子さんをお迎えしての講演会、そして17日には街角の精神保健福祉を考える集い・クッキー教室と行事が目白押しの観があります。お弁当の製造販売・気喫茶店での活動を軸としたハートランド、姿を見せ行く彼らの活動は、何よりも大きな説得力を持って、精神に障害を抱え持つ彼らの存在や、その事への理解を進める大きな原動力となっている事を確かに思うのです。
 今般「認証」とならなかった街の中の喫茶店あっぷる、障害者地域共同作業所として「何故」認められなかったのか、「だめ」との返答は県担当課より聞かされはしましたが、「何故だめであったのか」その理由はこれからのやりとりの中に確かにしていきたいと理事会の意向も含めて思っています。自立支援法、地域の受け皿、社会復帰の促進、手前味噌ながら「安い経費」としての補助金の申請が、こうした時代の要求の中、何故退けられたのか、個人的な心象のレベルではなく、その訳を確かに聞き取らなければ、彼らの「未来」はとても在ったものではないように思えてなりません。
 いずれにしても「道行く人」にハートランドの活動や彼らの姿を届けていく、派手な行事が好きな訳でも何でもなく、地道な機会の創設をと思うだけの事でもあります。

■2005年11月11日(金)  旅行から帰って
 北海道旅行の翌日は休日、久しぶりの日常に戻ってあっぷるではまたお弁当製造の日々が始まりました。今日は特別注文を入れてかれこれ100食のお弁当作り、しばらく旅行で店頭販売をお休みしていたにも関わらず、大勢の人がいつものようにお弁当をお買い上げ下さいました。大名商売ではありませんが本当に「特別なこと」として嬉しく思います。
 旅行の写真やビデオを眺めての午後に、年末に向けての予定を大まかにみんなと確認しました。今月の末の大量のお弁当製造・190食程度に始まり、師走の12月は行事が目白押し、年末の冬休みを目指して本当に駆け抜けるような予定がびっしりと詰まっています。

 松浦幸子さんの講演会、第3回目となるクッキー教室、街角の精神保健福祉を考える集いには松山のハートピアみなみの徳永さん来徳、ハートランド恒例の忘年会等、様々な機会の中に「この場所の意味」を伝えていければと願っています。

■2005年11月10日(木)  北の大地 北海道旅行
dc111020.JPG 215×161 15K 8日から1泊2日の旅行で北海道に出向いてきました。数年前に南紀白浜にあっぷるから出向いて以来の1泊旅行、秋を通り過ぎた冬の札幌・小樽を訪ねての旅行となりました。徳島空港から羽田、飛行機を乗り継いで出向いた北海道、パックツアーを使った旅行代金は格安とは言え、メンバーがそれぞれに用立てて出発した北の大地への旅行は意味ある素敵な時間となりました。
 羊ヶ丘展望台・大倉山ジャンプ・白い恋人達の工場見学を経た後の宿泊先は札幌東急インホテル、しばしの休息の後の大宴会は大変な盛り上がりを見せました。はじけるような彼らの笑顔、喜ぶ顔に喜べるスタッフとしてもとても印象深く刻まれてゆく、瞬間瞬間の時の流れでした。
 2日目は朝から雪、北海道初めての雪とともに歩いた小樽の街、小樽運河周辺の散策に始まり小樽オルゴール堂、それぞれが旅のお土産を買い求め一路帰路へと尽きました。両日に渡って観光バスのお世話をして下さった北光観光の運転手佐藤さんとも楽しい旅の想い出が出来ました。
 徳島に戻って今日はお休み、明日からまたお弁当100食の製造販売へと日常に戻っていく事になります。

■2005年11月07日(月)  北海道旅行へ
 明日からあっぷるは秋の旅行として今年は遠く離れた北海道に旅立ちます。夏が訪れる前の頃からみんなで話し合って決めた遠い場所への旅、計画に基づいてメンバー自らが、毎月の給料からの積み立ても行う中、いよいよ明日の出発となりました。初めて北海道に出掛けるメンバー、生まれて初めて飛行機に乗ることを楽しみにしているメンバー、個々それぞれに明日からの旅行を楽しみにしています。
 与えられるものではなく、自らの中から生み出した旅行費用、それはそれで大きな意味とそれ故の大きな喜びを持っての旅行ともなります。社会通念は常識としてもなかなか

 「遊ぶ」事さえままならない社会福祉法人の授産会計、ルールである事は仕方の無いことであっても、遊ぶからまた頑張れる、頑張るからきちんと遊ぶといった現実には寄り添っていない「解釈」が幅を利かせています。それに比べて「健全」な彼らの笑顔、明日から2日間お休みとなりますが、みんなで北の大地への旅に出掛けてきたいと思います。

■2005年11月06日(日)  松浦幸子さん 記念講演会 12/10
 WEBのトップページに12月10日に開催予定の松浦幸子さん・記念講演会と街角の精神保健福祉を考えるシンポジュームのお知らせを掲載しました。東京都調布市で「不思議なレストラン」の活動実践を行う松浦さん、夏の暑い時期に東京を訪ね、その活動舞台としてのレストランや喫茶店の中、熱い想いを凛と語りゆく松浦さんと話をする機会を頂きました。今回HEARTLANDで松浦さんをお迎えしての講演会、籠屋町・街の中の喫茶店あっぷるの近くの「しんまち劇場」で講演会を開く事をとても嬉しく思っています。
 素敵な人の素敵なお話を聞ける時間となりそうです。WEBからも参加の申し込みが可能、ぜひご参加下さい。(参加費無料)

 松浦幸子さん クッキングハウス http://www.cookinghouse.jp/index.shtml

 昨夜はあっぷるのクッキングハウス、大勢の方の参加の中、いつも立ち寄ってくれる男性メンバーがたまたま「誕生日」、みんなで作った美味しいチーズカレーの後、彼のためにショートケーキと一緒に小さな誕生会となりました。ささやかな事に喜べる、そんな彼らの「影」としてこの場所の活動を大切なものと考えていきたいと思っています。

■2005年11月05日(土)  全国精神障害者地域生活支援協議会・理事会
 木曜日、金曜日と東京に出掛けていました。要件は全国精神障害者地域生活支援協議会・理事会のためであり、両日に渡って理事会の中、全国各地で先駆的な取り組みをされている様々な人との再会の時間ともなりました。昼間の理事会に始まり夜の懇親会、厚生労働省の自立支援法担当者からの「講義と現状報告説明」も含めてぎっしりと詰まった2日間を過ごすことが出来ました。
 
 支援協議会としての体制、研修企画、組織体制整備、そして世はまさに「自立支援法」一色の今、その話題を中心とした様々な話が飛び交う中、心地よい緊張感と共に多くの全国の有志が頑張っている姿や想いに触れた事は、意義ある時間ともなりました。今年度より全国理事となって2回目の理事会参加、次回は研修会シーズンの隙間をぬった2月の末に横浜で再開となります。

■2005年11月02日(水)  障害者地域共同作業所 要望書
 昨日の午後、徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会に束ねられた、障害者地域共同作業所の「要望書」を持参し、県議会議長・担当課である障害福祉課・健康増進課に出向いてきました。県下の作業所連絡協議会、43ヶ所の全ての作業所の要望事項としての補助金増額・施設維持管理費の別枠支給等、ほぼ例年と変わらない内容の要望を抱えて、陳情の時間ともなりました。障害者自立支援法の動向に関連して、この街の障害者地域共同作業所の「未来」はまだまだ霧の中、「無くてはならない存在」として在り続ける事で、地域福祉の増進を担っている障害者地域共同作業所の存在意義を、再度確認して頂ければと思います。

 明日からは東京、全国精神障害者地域生活支援協議会の理事会があり、4日まで東京に滞在する予定となっています。
 12月の松浦幸子さんの講演会、間もなくWEBでも紹介・申込みが可能となります。ぜひ多くの方々の参加をお待ちしていますのでお楽しみに。

■2005年11月01日(火)  かわら版 
◇だいぶ寒くなってきました。風邪をひかないように身体の調子を整えてあっぷるには迷惑をかけずに、自分なりの頑張りでこれからもいきたいと思います。あっぷるで少し緊張しながらですがリフレッシュして働けています。
◇メンバーさん全員、少ない人数の中で弁当作りをよく頑張ってくれています。これからも正月に向けて何とか頑張っていきたいと思いますので、応援宜しくお願いします。
◇10月22日は藍場浜公園で人権フェスティバルがありました。その時は天気は何とも言えない天気でした。私たちはお弁当とTシャツ・トレーナーなどを売りました。弁当を400円で売っていたのですが、思ったよりも売れなくて200円に値段を落としたところお客さんがたくさん来てくれて弁当が完売になりました。

◇11月8日と9日、北海道に旅行に行くためにお店は2日間休ませて頂きます。おみやげは買って来れませんがリフレッシュしてより美味しいお弁当をお届けしますので、2日間店を休みますが宜しくお願いします。又店頭などでお逢いした時には、みやげ話くらいはさせて頂きます。
◇朝夕涼しくなっていい季節になりました。最近お弁当が殆ど完売しています。お弁当を買って頂いたお客様にも感謝しつつ、毎日頑張って作っています。肉や野菜もたくさん入っているので、バランスのいいメニューとなっていると思います。あっぷるの手作りのお弁当をぜひ楽しんで食べて頂けたらと、いつも感じています。お客様が少しでも美味しいと感じてもらえれば私たちも嬉しいです。
◇あっぷるで働き始めてもうすぐ3ヶ月が経ちます。行くたびごとに色々な発見があります。まだまだ仕事の上では半人前ですがこれからも頑張っていきたいです。
◇今の私は色んなことにおいてこだわったり、深く考え過ぎてしまうところがあります。あまり深く考えすぎると逆に答えが出なくて更に悩みます。どうやったらこんな自分とおさらば出来るのでしょうか。時には「まぁいいか」と息抜きして調節して生きていける自分でありたいと日々思っています。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記