[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2006年02月28日(火)  街の中の喫茶店
籠屋町の喫茶店が随分とにぎやかになってきました。お弁当を買いに来て下さる常連の方々、メンバーがコーヒーを飲みに来て下さるお客さんと交わす談笑、おきまりの人がおきまりの時間にいつものテーブルに腰掛けて下さる風景が増えてきました。お昼時は持ち帰りの弁当、店内でのお客さんへの対応と本当に忙しそうに時間が流れていきます。喜ぶ顔に喜べる、そんな1つ1つがまたメンバーを「元気」にしていく事も大きな事実です。
 
 来月の21日の祝日には籠屋町でフェスティバルが行われる予定となりました。市街地・中心地商店街としての今回の企画、街の中の喫茶店も当日は商店街の一メンバーとして参加、無料で配布する「クッキー」作りを担っていく事が計画されつつあります。街の住人として、みんなでこの場所の活動をこの街に溶け込ましていければと願っています。

■2006年02月26日(日)  間もなく3月
 駆け抜けるようなスピードで間もなく2月が終わろうとしています。本当に囲まれているのは「障害者自立支援法」ばかり、身近な日々、出掛けてゆく日々、問いかけられる質問事項や思考する事柄も全てその議題へと捕らわれていきます。

 先日の全国精神障害者地域生活支援協議会の理事会、代表の大友さんが話した地域の実情、なけなしの中、身銭を切り心血を注いで創り上げてきた作業所や家族会の活動が「勝ち組・負け組」の論理にさえ思える障害者自立支援法の前で、ただうなだれる様子しか見せられない日々が深刻に進みゆくばかりです。1ヶ月先さえも見えない不透明な状況、ましてや1年先の様子は想像さえもつかない混沌とした焦燥感に包まれてもいきます。痛みを伴うのはいつも「庶民」ため息ばかりをついている暇さえ無いのですが、自立支援法という名の下に「福祉」が終焉を迎えつつあるように思えてなりません、さてさてここからここから‥

■2006年02月25日(土)  全国精神障害者地域生活支援協議会 理事会
 全国精神障害者地域生活支援協議会の理事会が東京であり、金曜日から出向いてきました。今年度最後の理事会、全国各地の理事が全員集合して、各地区の状況報告、並びに障害者自立支援法の動向、今後の会の方向性等についての議論が一日繰り広げられました。
 全国精神障害者地域生活支援協議会の大友代表の言葉「80歳にならんとする家族が指導員として在る地方の状況、そうした方々の実情に対して全国精神障害者地域生活支援協議会として何を行うべきか、活動への原点に立ち返る事、そうした家族の方々が心血を注いで作られてきた作業所を継続させていくために、わかり安く優しい言葉で‥」そんな言葉がやけに響きました。

 会の拡大、組織の拡大、その当たり前の拡がりを求める方向性、時にそれと反対の事柄として細やかな部分が欠如し本末を見失いがちになる、どの世界にあってもそうした事象が起きていくことはある意味必然なのかも知れません。それぞれに大変さはあっても、全国の作業所や地域生活支援に携わる人たちが集い組織として活動を続けてきたこの会の経緯と意義、あらためて「何が出来るのか‥」単純に考えていく事が必要にも思えます。徳島県の障害者地域共同作業所の状況、そしてHEARTLANDの活動、省みて「今できること」を考えていきたいと思います。

■2006年02月23日(木)  阿南保健所 当事者・家族研修会
 今日は朝から阿南市に出掛けてきました。阿南保健所主催による当事者・家族研修会という形で「障害者自立支援法」に関しての話を行ってきました。関心の高さはその参加者の数にも表れており40名を越えた多くの方々が参加して、質疑応答を中心とした時間となりました。新しい情報が少しずつ東京から送られてくる中、「単価」「利用料」といった具体的なサービスを受ける場合の想定した金額を含めての話を行いました。
 利用する一人一人の状況はそれぞれであり、個々に話の中心を置きかいつまんで話を行えば全体が見えない、全体の膨大な量を語れば個々の具体性がかすみ、いずれにしてもなかなか難しく複雑な法である事には違い在りません。

 明日から明後日にかけては東京、全国精神障害者地域生活支援協議会の理事会があり、また新しい障害者自立支援法に関しての情報収集とその周辺の議論になる事と思われます。

■2006年02月22日(水)  吉備国際大学 芝先生
 実習先の訪問として昨日の午後、吉備国際大学の芝先生が街の中の喫茶店に来て下さいました。HEARTLANDで実習中の学生を訪ねての午後、久しぶりにゆっくりとした再会の時間となりました。「山下さんとももう何年になるだろう‥」かれこれ13年近くのおつき合いは、PSWとして病院で勤務していた折り、毎月勉強に出掛けていった香川PSW研究会での時間がそもそもの始まりでもありました。保健所での精神保健相談員、香川精神保健福祉センターのPSWとして香川の精神保健福祉を形成してきた大きな人であった芝さんは憧れの人でもありました。短い時間の中のやりとり、まだまだ熱い想いと情熱に満ちた眼差しは当時のままでした。またゆっくりとした再会の時を待ちたいと思います。

 愛媛新居浜の川村実さんより新しく書かれた書籍「ぼくは統合失調症」が贈られてきました。作家を志しての状況と発病、数冊に渡る現在の書籍執筆、川村さんともHEARTLANDを始めた頃からのおつき合いが続いています。
 電話でのやりとり「障害者自立支援法というとんでもない法律、僕は大反対だけど‥でも生き延びましょうね、生き延びていきましょう」彼が呟いた言葉が受話器越しに響き続けています。

■2006年02月20日(月)  スタッフ会議
 今日の午後は籠屋町の街の中の喫茶店でスタッフ会議を開きました。先週の金曜日に東京から届いたメール、障害者自立支援法に関しての最新の情報が添付されたメールには「単価」が記載された真新しい情報が記載されていました。HEARTLANDとしてどんな風に今後の未来を考えていくのか、法案が姿を具体的に見せ始めた事も含めてのスタッフ会議となりました。
 
 それにしても眺めれば眺める程、細かく詳細に細分化された複雑な文字、追いかける事に夢中になる程、かけ離れていく現実とのギャップ、今までのHEARTLANDの佇まいと今回の法案との関係、ブルーなため息ばかりが先行する事ではなく、法案から少し離れたスタンスの下「楽しく夢ある」話を行っていきたいと考えています。法の下での形作り、法から離れた部分の現実、いずれにしても「人」が息づいていけるそんな模索を続けられればと思うばかりです。

■2006年02月19日(日)  COOKING HOUSE 生活セミナー
 高知からドタバタと帰った翌日の昨日、街の中の喫茶店あっぷるのCOOKING HOUSEの時間は「障害者自立支援法」に関しての時間となりました。あっぷるやいつものメンバーに加えて医療機関、障害者地域共同作業所の職員の方等、多数の方がこの時間に参加をして下さいました。金曜日の夜、全国精神障害者地域生活支援協議会事務局より届いた最新の情報として、障害者自立支援法の「単価」が明示された資料を基にしての話を行いました。単価のみならず、それぞれの細かい「取り決め」が書き記された約50頁にも及ぶこれまた膨大な資料、なかなか「わかりやすい」言葉で伝える事の限界も感じずにはいられません。
 障害者地域共同作業所が存亡の危機として、参加された作業所スタッフの方々もNPO法人設立への模索を続けています。どんな風にこれから進みゆくのか、具体的な文字が並べば並ぶ程、これまた「わかりにくく」なってゆく、そんな気がしてなりません。

■2006年02月18日(土)  家族会 四国ブロック大会
dc021833.JPG 216×162 11K 17日から1泊をかけて高知市で開催された「家族会・四国ブロック大会」に出向いてきました。スタッフ・吉備国際大学から実習中の学生も含めて、家族会の研修会に参加しての両日となりました。担当した分科会、さんかく広場の武田さんのミニ講演の後に障害者自立支援法に関しての話題提供を香川コスモスの竹内さんと共に行いました。まだ全貌が現れていない今にも関わらず、フロアーを埋めた大勢の参加者の方々にその関心の高さが伺えます。障害者地域共同作業所の行く末、錯綜する情報、「関わる側が知らなければならない」と武田さんの言葉との裏腹に、殆ど何が行っているのかさえ判らない面持ちも並びゆきます。NPO法人設立と言っても誰が行うのか、書類や法人設立の手続き以前に「人」の不在ある現実が、障害者地域共同作業所の歴史の「貧しさ」を表していきます。

 共に何か出来ることがあるのか、その形は‥、話し言葉を贈り続ける事ばかりに忙殺されてもジレンマが残りゆきます。何か始められる事、何か始めゆくための準備は出来ているのか、そんな事を繰り返し繰り返し想いながら2月が進みゆきます。

■2006年02月16日(木)  臨時休業
 今日、明日と2日間に渡って開催される家族会・四国ブロック大会のために高知に出向いています。お弁当製造・街の中の喫茶店は両日、休業としています。

 18日のCOOKING HOUSEはいつもの時間から、夕方18:00よりまたまた「障害者自立支援法」についての生活セミナーを開催する予定としています。興味のある方、時間のある方はぜひお気軽にご参加ください。

■2006年02月15日(水)  誕生会
 HEARTLANDあっぷる恒例となりつつある誕生会を今日開きました。1月2月生まれのメンバー・スタッフ4名の希望に添って、近くのバイキングにみんなで出掛けての昼食となりました。それぞれがお金を出し合ってのプレゼント進呈、贈る側も贈られる側も心和む誕生会のシーンが続いています。
 明日からは高知に出向いて家族会・四国ブロック研修に参加する予定となっています。あっぷるのお弁当製造は明日から2日間お休みとなります。今話題と中心となっている障害者自立支援法に関しての分科会での発言、途中「野いちごの場所」に立ち寄っての高知への時間となります。

 土曜日のCOOKING HOUSEもまたまた生活セミナー、障害者自立支援法についての続編としてみんなでこの法案を眺める時間が予定されています。真新しい動きはまだ無いままではありますが、色々な話を具体的に進めて行ければと思っています。
COOKING HOUSEの生活セミナーは18:00〜を予定しています。

■2006年02月14日(火)  St バレンタインデー
 今日はバレンタインデー、お弁当もいつものお弁当に添えて小さなチョコがお箸に添えられていきました。メッセージの帯の文字もバレンタインの文字、小さな小さなあっぷるからのプレゼント、同じお弁当であってもみんな心躍らせながらの一日となりました。街の中の喫茶店あっぷるではメンバー手作りのクッキーが添えられ、来て頂いたお客さんに喜ばれていました。小さな一日の歳時記であっても、温かなみんなのメッセージは確かに届きゆく、そんな想いもして微笑ましい風景となりました。
 またあっぷるのメンバー一人一人には、スタッフがメッセージをデコレーションしたケーキが配られました。昨年もみんなに大好評であったチョコ、あちこちで嬉しそうに手に取るメンバーの姿がありました。
 
 明日は1月2月生まれの誕生会、それぞれがお金を出し合い、お誕生日のメンバーが希望するバイキング料理に昼から出掛ける予定となっています。明後日からは家族会・四国ブロック高知大会にスタッフが出向く予定、四国4県の懐かしい人との再会もあり、楽しい研修になればと思っています。
dc021513.JPG 184×138 11K

■2006年02月12日(日)  かわら版 2月号より
 最近、いろんな場面でいろんな人から呪文のように聞く言葉があります。それはなんでもない言葉のようでそれを実行するのは結構難しかったりするのです。先日の講演会でも、17年間現場でこの仕事を続けてこられて今もなお走り続けている素敵な方で、広島から来て頂いた金子百合子さんもやはり私たちにこの言葉を贈ってくださいました。「ありのままでいいんだよ。」この言葉を聞く機会は今回が初めてではなくもう幾度となくゆってもらっている言葉です。金子さんのお人柄を思わせる素敵な話の中でその言葉はふんわりと、人によってはずしりと受け止められました。誰もがありのままの自分でいられたらきっと心の病気にはならなかったのかもしれないなと思うほど、ありのままでいいことの難しさを思います。何度も何度もゆってもらってすっかりがちがちの肩の力を少しずつでも抜きたいものです。春の訪れとともに私たちの心の雪解けもきっとやってきます。そう思うと今のこの寒さもちょっと愛おしいかな。
                                  スタッフ 阿部 千恵

 今月も新しい顔が増えました。「こんな働く場所があったんですね、天国でいるみたい」と笑顔で話してくれます。人の中で心が疲れ果てても、あっぷるのような場所に出会うことによって元気を取り戻してくる。その人なりに回復していく姿を見て本当に嬉しく思います。15日はお弁当を作り終えた後、誕生会を予定しています。自己負担でのささやかな会だけど、皆の大きな楽しみの一つです。作業(仕事)には一生懸命取り組み、楽しむ時は目一杯楽しむ、これって最も健康的な生き方ですよね。 スタッフ 小西英子

 今年も変わらずお弁当作りの毎日が続いているあっぷるに、メンバーが3人新しく加わってにぎやかになりました。慣れない場所で慣れない仕事、毎日色々な出来事がある中でのお弁当作り‥でも「楽しい」と言ってあっぷるに通ってきてくれる、ある新しいメンバーから聞く人生に起きた出来事は、いつも側にあった何かをなくす、その大切さがわかる体験でした。健康をなくして初めて普通に歩け食べられるありがたさがわかり、大切だと思っていた人が側にいなくなって存在の重さがわかります。つらい出来事は、人の気持ちに敏感になって、人の優しさがわかる体験です。どうしようもなく辛いこと、悲しいことを経験し本当に大切なことは何かがわかった人の話でした。そこには「自分を変える」と決めた笑顔がありました。どうぞ、あっぷるという「小さな居場所」でゆっくり休んでいってください。                                        スタッフ 小川信子

■2006年02月11日(土)  家族の集い
 今日の夕刻、籠屋町・街の中の喫茶店あっぷるで「家族の集い」を久しぶりに開きました。通所されている方々のご家族、スタッフを交えての時間となりました。活動報告・自己紹介の後に「障害者自立支援法」についての現段階での法律説明や手続きの留意事項等について一通りの説明を行いました。
 まだその全貌が見えていない事もあって「わかったようなわからないような‥」とする感想が家族の方々から聞かれていました。複雑な法律、多分雪崩的に始まるであろう様々な手続き、あっぷるメンバーも交えて繰り返し繰り返しこの法案を眺めていくしか方法は無いようにも思えます。

 喫茶店調理場ではあっぷるメンバーが来週火曜日のバレンタインディーに備えてお菓子作り、お客さんに添えるクッキー作りを月曜日に予定している為、その下準備にみんなで取り組んでいました。みんなの温もりを込めたクッキーが振る舞われる予定、ぜひ喫茶店に足を運んで下さい。

■2006年02月10日(金)  かわら版 2月号より
dc021009.JPG 215×161 16K 良いロケーションも手伝ってか街の中の喫茶店あっぷるで色々な風景が生まれつつあります。様々な障害や病を抱えもつ人達が集い・働く場所である事は言うまでもなく、お弁当販売や喫茶店活動を通じてこの場所の「存在」や「意味」を知っていただく機会が増えていく事をとても嬉しく思います。街の片隅にある小さな場所、人と人との関係が希薄となり、すきま風が吹き渡るような世相の時代にあって「人が人として息づいている」そんな時間の流れがこの場所には確かに在るように思えるのです。「人は人を想う‥」ぜひ街の中の喫茶店あっぷるに一度お立ち寄りいただき、ゆっくりとした時の流れに腰をかけてください。みんなでお待ちしています。

 明日は午後3時から街の中の喫茶店あっぷるで「家族の集い」を予定しています。議題は障害者自立支援法について、どなたでも参加はOKですのでお気軽にご参加ください。

■2006年02月08日(水)  高知 自立支援法研修会 実行委員会
 高知日帰りの旅から帰ってきました。来る3/11日にに高知が開催予定の「障害者自立支援法研修会」の実行委員会があり、近森病院の援護寮まちにてその会議打合せを行いました。さんかくの武田さん、四国学院の西谷さん、愛媛ジョブサポートの河野さん、高知施設連の方々、研修当日の準備打合せも含めての時間となりました。武田さん発案の「ふくしこくの会」四国4県、同じ空気の下でゆるやかな行き来や情報交換、研修が積めるそんな協議体を作ろうとの想いから立ち上がりつつある「ふくしこくの会」でもあります。
 
 今障害者自立支援法を巡って揺れるそれぞれの場所と機関と人、今回のテーマも言うまでもなく障害者自立支援法についての研修となっています。厚生労働省の方も講師として参加予定、研修会参加申込み〆切は3/3日となっています、ぜひ多くの方々に参加願えればと思います。

障害者自立支援法 四国研修会 IN 高知 http://www.inforyoma.or.jp/wellcome/

■2006年02月07日(火)  精神保健福祉実習 岡本さん
dc020702.JPG 184×138 13K 今日から約1ヶ月に渡ってHEARTLANDで精神保健福祉の実習を行う、岡山県吉備国際大学の岡本さんの姿が在りました。精神保健福祉学科で学びゆく今、地元の徳島に戻ってHEARTLANDでの実習となりました。精神保健福祉士を目指し、将来精神科医療機関でのPSWの仕事を指標とする彼女、この場所の日常を感じてもらう事が何よりも大切なリアリティーのように思えます。彼らと共に約1ヶ月、この場所で活動を共にする事となります。
 昨日はお弁当の特別注文、大塚製薬からの特別なお弁当の注文を含めて130食のお弁当をみんなが作りました。籠屋町では新しいお客さんも増加、店内でお弁当を昼食として食べて下さる方が随分と増えてきました。忙しいバタバタの日々にあっての小さな喜び、一つ一つを拾い集める事でまた明日からの糧になればと思います。

■2006年02月05日(日)  お菓子作り
dc020504.JPG 215×161 17K 昨夜のCOOKING HOUSEも本当に大勢の人があちこちから参加、美味しいカレーの夕食と共に籠屋町・街の中の喫茶店あっぷるに通所する女性メンバーが作った「ケーキ」がみんなの中で好評を得ていました。彼女が初めてこの場所を訪れたのは数ヶ月前、緊張した面持ちと共に「人混みが嫌です」とみんなの声にさえ反応を示していた彼女の姿が確かに在りました。あれから数ヶ月、家を出ることから始まり、人混みと語った多くの人の中に日々を過ごす事をくぐり抜けた彼女は、素敵な笑顔がこぼれる22歳の女性としてこの時間の中に微笑んでいきます。
 何かを施した訳でもなく、特別な事柄を用意した訳でもなく、あえて言えば彼女の中に再生されていく「健全」な力がきちんとあった事に他ならないかなとフト思ったりします。
 お菓子の専門学校で学んだ経験、アルバイトでホテルでお菓子作りを行っていた事、手作りのきれいに並んだ文字と写真が載った彼女のお菓子のレシピをみんなに見せてくれました。新しい籠屋町の活動としてのお菓子作りへの取り組み、まだまだ様々な事があったとしても、嬉しそうに微笑む彼女の笑顔に、少しずつ時が重なりつつあるように思えてなりません。

■2006年02月04日(土)  障害者自立支援法 研修会IN高知
 障害者自立支援法研修会IN高知のお知らせチラシをWEBのトップに掲載しました。高知さんかく広場の武田さん、四国学院大学助教授の西谷さん、香川三船病院の西谷さんと言った方がおわかりかも知れませんが、あと愛媛ジョブサポートえひめの河野さんと共に、今回の研修企画を含めて「ふくしこくの会」の設立を今準備している途中にあります。同じ問題であっても都会と地方の違いが歴然とあり、その温度差と共に同じ問題を眺めても随分と違ったものに見える時も往々にしてあります。同じ空気、同じ状況を有した四国の「集まり」の機会作りや情報交換を兼ねた時間の創出のために「ふくしこくの会」の活動を進めて行ければと思っています。

 3/11日にもその始まりとして障害者自立支援法に関しての研修会を、全国精神障害者地域生活支援協議会との連携の下に行う予定となりました。ぜひ多くの方々に参加をお願いできればと思っています。

■2006年02月03日(金)  徳島市中心市街地活性化会議
 昨日の午後、徳島市役所で行われた「徳島市中心市街地活性化会議」に参加、TMOを検討し市長に意見書を提出する今年度最後の会議となりました。同じ籠屋町の商店街からは「子育て支援スキップ」の松崎代表も参加、同じ街の隣人として活性化協議の一員を担っています。地方都市が抱える街の空洞化、にぎやかな人の行き来とにぎわいを取り戻す事の為に、小さな小さな街の中の喫茶店が出来うる事を考えていきたいとは思います。

 あっぷるは明日はお休み、籠屋町の活動とクッキングハウスが夜に行われる予定。週明けには特別注文500円弁当を含めて130食の弁当製造、約1ヶ月に及ぶ吉備国際大学精神保健福祉学科の学生さん、岡本さんの実習が始まっていく事になっています。

■2006年02月01日(水)  今日から2月
 本当に早いもので今日から新しい月2月になりました。お弁当製造、出掛けてゆく様々な場所での講演、自立支援法の後先、めまぐるしい中に時間が過ぎゆく、そんな印象さえ持たずにはいられない状況が続いています。
 あっぷるでは毎月の給料ミーティングが午後に開かれ、今月1ヶ月分の「給料」を分け合う作業と共に内省がそれぞれのメンバーで行われていました。「建設的な批判、自己批判を含めた内省作業がなければ進展は無い」ふと眺めていたテレビからジャーナリストの在り方を巡っての発言がこぼれてきました。
 
 自らを省みると言葉にすれば簡単な事柄も、なかなかきちんと執り行っていく事が出来ない時も往々にしてあります。しかしながらかつて、「障害者解放運動」と呼ばれていた時代の中には、関わる側の問題として、常にその事が吟味されていた事を確かに覚えています。給料ミーティングの中、小さなこの場所からもう一度自分自身を再生させていこうとするメンバーの清らかな言葉、どんな事柄も受け取る側と見つめる側の「感性」のみが今も大きな指標としてあるように思えてなりません。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記