[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2009年09月30日(水)  メンバーとのミーティング
 9月最後の一日、今日は街の中の喫茶店あっぷるの活動は定休日、メンバー全員がほぼ揃っての全体でのミーティングを行いました。少しのんびりムードの9時から昼過ぎまで延々と会議、来る10月から再会の「生活・就労セミナー」の概要説明、みんなのレクとして計画中のバーベキュー大会…連絡事項等を含めた話の後、今日のメインテーマであるお弁当・喫茶店の日常活動についての話し合いを持ちました。

 華やぐ店内とは裏腹に最近少し完売しない日もある「店頭販売」どんな風に考えていくのか…色々な提案を伝えた後みんなからの意見を聞くこととしました。「値段を下げた方がいい」「値段は簡単に下げるものではない」「何かお得感を出すためにサービス品をつければいい」「店頭販売の記念セールとなる11月に何かをすればいい…」色々な意見も聞かれました。
 
 企業の倫理・資本原理からの見渡しだけではなかなかみんなが「元気」にはなっていきません。かと言って「ビジネス」の部分を外し精神性の部分だけで話を組み立てるとしたらなかなか掌にお金が乗ってはいきません。自分自身がHEARTLANDに対して、或いは日々のお弁当作りに関して、或いは未来を見据えるための「今」として…関心をどんな風に寄せられるのか…一人一人の「立ち姿」や「想い」がそこに投射されていきます。病や障害を抱えながらどんな風に生きていくのか…果てしなき色々な議論を、今この場所に集いゆく「彼ら」と共に繰り返し繰り返し行ってゆく事以外は「術」もない事のようです。

■2009年09月28日(月)  明後日のミーティングに向けて
 明後日の水曜日、街の中の喫茶店あっぷるは定休日という事で、しっかりとメンバー全員参加の下に「ミーティング」を行う予定としています。お弁当製造や喫茶店の日常業務等についての今一度の見直し…そんな辺りが大きな議題となっていきます。ランチタイム時は常に満席状態、忙しく駆け回るメンバーたち…一見「うまく行っている」ように見受けられる日常も実は色々な問題が山積みされています。
 
 長い病歴を経て歳を重ねた年配のメンバーがいた頃は「世間はなかなか厳しいで」と言わんばかりの佇まいで、人生の酸いも甘きも、そしてその機微をも伝え育ててゆく「力動」がきちんとありました。最近のあっぷるは若いメンバーがその殆どを占めゆきます。「この場所」の必要性を語りながらも「この場所ではない所」への夢想もきちんとそこには同居していきます。それは決して悪いことではないのですが、共同作業としてのお弁当作りに対する個々の「責任の所在」をリアリティー無きものへとも変えていきます。

 弁当作りや喫茶店の活動、何より一人一人のメンバーにとって「この場所がどんな存在であるのか…」そうした部分への所信表明も含めながらみんなとのミーティングを予定したいと思っています。

■2009年09月27日(日)  9月も残り少し
今日は日曜日であっぷるの活動もお休み、連休の休み疲れを引きずった様な1週間も何とか終了…今日は秋の休日をみんなのんびりと過ごしている事と思います。もう少しで9月も終わり、ついこの間ににぎやかな阿波踊りとかき氷の夏を過ごしたはずなのに、時間の流れる速さにただただ驚くばかりです。来週の水曜日はみんなできちんとミーティングを行う予定としています。
 喫茶店の改修工事からかれこれ1年、北島田あっぷるを閉じこの場所に活動を一元化して駆け抜けるように過ぎたこの1年、少しゆっくりとそして少しきちんと「この場所」の今を眺めゆく事から再スタートを切っていきたいと思うばかりです。

 賑わう店内とは背中合わせに色々な問題も山積みされています。政権交代に伴う障害者自立支援法の廃止や見直し案、私たちを囲む状況もまた大きく変動しようとしはています。そしてあっぷるの内実をどのように「豊か」なものとしてゆくか…彼らの事、そしてこの場所の未来、一人一人が何を想いゆくのか…原点回帰への意味も含めて考えなければならない事は多々あります。それは決して難しい事ではなく、彼らにとって、そして私たちにとって、そして道行く市民の方々にとって「この場所は何であるのか…」その部分への確認作業ではないかと思うのです。秋を前にして色々な行事や予定も準備されています、一度ゆっくりと立ち止まりながら、こうした部分への見渡しと思慮を重ねていきたいとも思っています。

■2009年09月25日(金)  西谷先生とたんぽぽ福田さん
DSC03591.JPG 400×300 45K HEARTLANDにはいつもお馴染みの四国学院大学西谷先生と、先生が運営をなされている香川県丸亀市にあるたんぽぽのスタッフ福田さんが街の中の喫茶店あっぷるに来て下さいました。つい先日に開かれた四国学院大学での宿泊研修以来の再会、色々とお世話になった福田さんとの再会にメンバーも嬉しそうな笑顔で対応していました。「少し徳島に用事があって…」との事、要件を済ませた後にあっぷるに立ち寄って下さった午後となりました。
 
 笑顔のお接待を早々に済ました後はHEARTLANDあっぷるのフルコースメニュー、日替わりランチを皮切りにハンバーガーに飲み物、そして最近話題のかぼちゃ・ココアプリン…カロリーオーバーなお接待にお二人とも笑顔で応えて下さいました。
 本当に楽しかった宿泊研修会、またまたこうした機会をご一緒に出来れば…そんな風に切に願うばかりです。スタッフ・メンバーそれぞれの交流も含めて、今後も良き形でのお付き合いが継続されていければとも思います。

■2009年09月24日(木)  連休終了 活動再開
 長かった連休も昨日で終了、久しぶりみんなが集まってのにぎやかな朝、いつものようにお弁当製造や喫茶店を始める為の準備が進みゆきます。久しぶりのお弁当作り・連休明けのリフレッシュと行きたい所だったのですが、殆どのメンバーが長かった休みの状態のまま…久しぶりのバタバタに苦戦続きの一日といった様子でした。とは言っても中心メンバーはそれはそれはテキパキと元気に働き、満席満席となる昼のランチ時も何処吹く風といった様子でさばいていきます。お疲れ気味のメンバーもそれにつられてよいしょよいしょといった感じ、何とか連休明けの一日を終える事が出来ました。

 先日から販売となったかぼちゃプリンとココアプリンもなかなかにむ好評、食後のSweetsとして注文下さるお客さんも多数の一日でした。連休前に少しばかりみんなで考えたお弁当製造販売や喫茶店での活動…色々なアイデアや知恵を出し合いながらみんなで協議を行っていく事としています。
 全体ミーティングを近々に開催、みんなのお弁当・みんなの喫茶店をどんな風に推し進めていくのか…改修工事からかれこれ1年、共に彼らと進んでゆく秋となります。

■2009年09月23日(水)  連休の狭間に
DSC03588.JPG 400×300 47K いよいよシルバーウィークも今日で終了、明日からまたお弁当製造や喫茶店での日常活動が再開となっていきます。昨年の11月に北島田あっぷるを閉じ街の中の喫茶店にハートランドの活動を一元化…あれからかれこれ1年の歳月が流れた事となります。昨年の今頃から始まった改修工事に向けての暦、11月のリニューアルオープンから今日まで、本当に色々な出来事と多くの方々に支えられての日々でもありました。
 
 ありがたい事にお弁当販売や喫茶店も盛況、たくさんの人でにぎわうあっぷるは今もきちんと継続されています。その反面色々な問題も実は山積みされているのも確かな現状です。途切れる事の無い時間とオープンな活動、なかなかゆっくりと「彼ら」に向かい合う事も全体でのんびりゆっくり話し合いを行う時間も、容易く持てない…そんな現状もにぎやかな日々の背中合わせにきちんとあります。
 「本来」が何であるのかは解っているつもりでも、色々な考え事の「軸」は多岐に渡り、何かをきちんと行えている感覚が宿るのと同量に「何一つきちんとやれていない」そんな感覚も宿りゆきます。

 「生活を支援する」言葉にすれば簡単な事…一人一人のメンバーにどれ程向かい合えているのか、ハンバーガーを作りプリンを作りゆく傍らにそんな事をフト考えます。さりとて「収益」を上げなければ「彼ら」のお給料は掌に乗らない…たかだか僅かの「お金」では自らを納得させる「誇り」には遙か遠く…この場所の持つ様々な「矛盾」が時折顔を覗かせて行こうとします。
 改修工事からかれこれ1年、もう一度スタートラインに立ちこの場所の「今」をそして「未来」を見据える作業にきちんと取り組んでいきたいと思っています。

■2009年09月21日(月)  生活・就労セミナーの再開
 世は連休の真っ直中、あっぷるメンバーも慌ただしく流れる日常を少しだけ横に置いての休日をのんびりと過ごしている事と思います。以前月に2回程定期的に行っていた「生活・就労セミナー」を今月から再び再開したいと考えています。生活セミナーは主として「病気や障害を抱えながらもどんな風に生きていくのか」といった周辺の事柄についての時間、彼らからの要望に応える内容を随時ちりばめてゆく…そんな形で行っていました。病気との付き合い方や自分自身の今について、服薬や通院・リハビリテーション、自分自身の未来に向けて…社会資源や各種サービス・彼らに関わる新しい制度や法律等の概要説明などなど…生活の中にある様々な問題をピックアップしてゆく生活セミナーでした。

 もう一つの「就労セミナー」はみんなにとって高い関心事の一つである「就労」に関しての事柄、雇用制度や就労に向かう心構えや留意事項、色々な角度から「働く」という事を考えるそんな内容のものでした。

 今月よりこうした生活・就労セミナーを以前同様に月2回程、みんなと共に開いていく予定としました。時には外部講師の形で色々な人をお招きして話を行って頂く、そんなスタイルも以前同様に行っていければと考えています。あっぷるメンバーに限らずオープン参加のスタイルでセミナー企画を進めたいと思っています。普段バタバタと忙しすぎる日々にあって、なかなかゆっくりとメンバーの「想い」に寄り添ってあげる事もままならない時が常に在ります、頑張り続ける「彼ら」に対しほんの少しの「お返し」の意味も含めたセミナーを近々再開していきたいと思っています。

■2009年09月20日(日)  政権交代 障害者自立支援法の後先
 先日の衆議院選挙により長年続いてきた自民党体制から民主党に政権交代がなされました。厚生労働行政に関しても既にニュースで流れている様に、様々な事柄への見直しが着手されようとしています。後期高齢者医療制度や障害者自立支援法廃止への動き…私たちそして彼らに関わる大きな法案さえも今、見直しの時を迎えています。法施行当初から様々な問題点を指摘され改正や改訂、或いは見直しへの議論や要望が途絶える事のなかった自立支援法、今回抜本的な改革となるのでしょうか。
 
 応益負担を応能負担へ…利用者の自己負担金見直し、そして施設運営に携わる部分はどんな風に改善されていくのか…社会情勢・政治状況に常にリンクされゆく「福祉」の改革はどんな風に今後進んでいくのか、関心を持って見守っていく必要が強くある様に思えてなりません。動きゆく社会情勢を見つめながらの部分、そして社会情勢がどのように動こうとも変わらない「普遍的」な営みや彼らとの日常をどんな風に構築してゆけば良いのか…この様な時勢だからこそ原理原則をやはり見つめゆく必要性もその片方で生じていきます。
 
 全国精神障害者社会復帰施設協議会(全精社協)の補助金不正流用問題がここ数日新聞紙面に踊りゆきます。何を命題とし進みゆくのか、あらためて再考の時なのかも知れません。

■2009年09月19日(土)  Pumpkin Pudding
DSC03586.JPG 400×300 34K 秋冬バージョンとなるApple Sweets Vol3がいよいよ新メニューとして登場、明日の連休が終わる頃にレギュラーメニューとして喫茶店に並びゆく事となります。今回の新しいメニューはプリンの秋冬もの…かぼちゃがたっぷりと入ったPumpkin Pudding、それにCocoa Puddingの2つが新メニューとして登場、それぞれオリジナルの「あっプリン」同様に180円となっています。今回も試作を繰り返しての手作り商品、食欲の秋にふさわしい美味しいプリンが出来上がりました。ぜひぜひ一度ご賞味下さい。

 今日は先日の販売促進のためのメンバー会議延長戦、色々なアイデアをみんなに提示しながらのミーティングを行いました。配達の販売再開、ある時間以後のタイムサービス、何より接客態度等への見直し…10月の特別企画などなど、色々なイメージをみんなで膨らましつつのミーティングとなりました。売れ残る日も時にはきちんとあります、問題はどう売れ残りを無くすかではなく、それぞれメンバー一人一人が良いことも悪いことも含めて、私たちの日常にある事柄に「関心を持つこと」が大切になってゆくはずです。

 自分たちの営み、自分たちの弁当…そこからの始まりや思案を一人一人のメンバーを考えていく…責任の所在を見つめゆく事が、それぞれのメンバーにとってのHEARTLANDを考えていく意味へとつながっていくはずです。「気合い入れて頑張るぞ、オーッ」みんなの元気な声がミーティングの最後を閉めるように響き渡っていました。

■2009年09月18日(金)  未来への模索
 未来への模索を求めて、或いは「今」をどう生きていくのか…そんな大きな命題も含めながら様々なメンバーがこの場所の中に日々を刻んでいきます。本人自身の想い…そして家族の想い…淡々と継続される「日常」「これでいいんだ」という部分と反比例するかの如く「早く次の場所へ」といった想いもきちんと彼らには同封されています。福祉施設としてのあっぷるでお弁当を作り続ける日常が、自分自身を安寧に導く事があると同時に、急ぐような未来への模索も同居されていきます。

 関わる側として、彼らの想いの一つ一つにきちんと対峙していく事もままならない「地域福祉」の現状が彼らや私たちをきちんと包んでも行きます。お金を生み出すため(彼らの工賃)の授産事業としてのお弁当製造や喫茶店業務、面接や相談業務だけにその一日が支配されゆくと彼らの掌にお金が乗りません。弁当食材の仕入れや発注、障害者自立支援法に伴う日常業務の処理、メンバー対応、忙しい昼時のランチタイム…限られた施設運営費の下ではスタッフの「給料」や「保証」は何一つ無い…そんな地域福祉の厳しい現実、出来うる事にはおのずと限界が生じてきます。未来への模索…彼らは彼らなりに、そしてこの場所はこの場所なりに…何とかこの二つが上手くリンクしながら「共に在り続ける」事への思案を繰り返し繰り返し行っている…そんな初秋の頃でもあります。

■2009年09月17日(木)  売れ残ったお弁当
DSC03567.JPG 400×300 53K 毎日毎日みんなが頑張って朝から作っているあっぷるのお弁当、あっという間に完売の日があればきちんと「売れ残る」そんな日もあります。売れ残る原因をみんなで探求してもなかなか答えも見つかりにくいのも現状…さてさてと繰り返すような思案がなされる事もしばしです。完売とならない理由はメニューに因るものなのか…天候なのか…はたまた販売の価格であるのか…接客の態度等であるのか…突き止めてゆくことは時に困難であり、故に「水商売」であるのかも知れません。
 
 企業の原理であればこうした部分を徹底的に解明し販促のための作戦を練り上げてゆく事が必然ですが、ここはビジネスオンリーの場所ではなく、福祉施設として様々なハンディーや病を抱え持った「彼ら」と対峙している場所、されど…となかなかこの二つの軸をバランスよく保つ事は容易な事ではありません。

 北島田でお弁当販売を始めてかれこれ12年、配達販売から店頭販売へとシフトしたのがかれこれ10年前、間もなく来る10月は北島田でお弁当の「店頭販売」をスタートさせた月でもあります。みんなで検討を重ねながらの「作戦会議」店頭販売が開始となった10月に併せる形での「特別企画」も含みながら行っていきたいと思っています。

■2009年09月16日(水)  今日は休息の一日
 先月末の徳島北ロータリー、仁木社長さん主催によるバーベキュー大会をかわきりに、たんぽぽ・びぃあらいぶの方々との四国学院大学での合同研修会、そしてsongsparrowのLIVEと駆け抜けるように過ごしてきたこの数週間、相変わらず元気なメンバーが多数のあっぷるなのですが、今日は水曜日という事でしっかりと「休息」の時、喫茶店やお弁当製造もお休み、のんびりとした初秋の一日をみんな過ごして欲しいものと思います。
 
 とは言っても秋冬バージョンに向けての計画もあれこれ…来月の末には福祉バスを利用させて頂いての宝塚・大阪USJ、10月10日土曜日には以前大好評であった「あの頃の僕は」と題されたあっぷるオリジナルメンバー山下貴美さんにより講演会第2弾、そして10月は日本メディカルからの実習生が3人、秋の一泊旅行もどうなる事やら…あっという間に今年1年が過ぎ去りそうなそんな様子です。

 そして秋冬バージョンのSweetsも新たに計画中、ニューバージョンとなるプリンもほぼ試作が完了となりました、美味しい秋冬プリンの販売、ぜひお楽しみにお待ち下さい。書き記せばのんびりどころか慌ただしい「秋」が待機中、今日はのんびりゆっくりとした休日を過ごしたいと思います。

■2009年09月13日(日)  songsparrow live
DSC03542.JPG 400×300 46K 昨年の11月、街の中の喫茶店の改修工事を終えた頃、初めてこの場所でsongsparrow liveを行いました。あれからかれこれ10ヶ月、今年の6月には新譜となる「Roomy」でメジャーデビュー…全国でのLive活動の最中、街の中の喫茶店で2回目となるsongsparrow のLiveを開く事が出来ました。
 本当に素敵なお人柄のメンバーの方々、今年は3人に加えてキーボード・パーカッションの5人編成でのステージ、新曲も織り交ぜながらの演奏は本当に温かく素敵な音でした。音源よりも素敵な事は言うまでもないのですが、それより遙かにLiveでの音の響きが素敵…そんな印象を覚える1時間30分程のLiveでした。

 リードボーカルのさっちんがMCで話していた「Roomy」の中の一曲「空」という曲、病院や施設などを訪れ演奏した際に書き留めた曲との事…素敵な曲と言葉の響きが鮮明印象として残りゆきました。あっぷるハンバーガーやプリンを絶賛して下さってのMC、ライブ終了後の打ち上げも含めて本当に素敵な方々でした。
 この場所でこんなに素敵なLiveを開けたことに心より感謝申し上げます。「また年明けに…」とのマネージャーの黒住さんの言葉、次回のLIVEも心待ちにしたいと思います。ご来場下さった多くの方々、ありがとうございました。

 sonsparrow official web http://ssparrow.exblog.jp/

当日の様子をブログに書き記して下さっています、ぜひご覧下さい。

■2009年09月12日(土)  合同宿泊研修会 
DSC03504.JPG 400×300 50K 「はめをはずす」まさにこの言葉通り、なかなか眠ろうとしない多数のメンバーはあちこちで大盛り上がり、あっぷるメンバー・びぃあらいぶメンバーとの雑談の時間は深夜遅くまで延々と続きゆきました。意気投合するそれぞれの姿は、昨日初めて出会った事など吹き飛ばすような様子で、色々な言葉を本当に楽しそうに語りゆく彼らの姿が印象的でした。それぞれの「人」がそれぞれの場所や時間の中で息づいている…確かな光景がここには在りました。

 障害や病を抱え持ったそれぞれの「彼ら」であっても、目の映る光景の一つ一つはそうした事柄ではなく、人と人とが出会い微笑み交わす…ごくごく普通の「光景」のようでナチュラルな彼ら同士の交流の時間がとても素敵に見えました。2日目最後のプログラムは両日を振り返っての時間、参加したメンバー一人一人がこの研修会の感想を語りゆきました。そのコメントはどれも全て幸せや感謝に満ちあふれてのもの…温かなそして幸せな気分がこぼれそうな中に研修会を終えました。

 この研修会の開催に向けて色々とお世話を頂いた西谷先生やたんぽぽスタッフの方々に心より感謝御礼を申し上げます。また久しぶりの再会となったびぃあらいぶの久次米さんやメンバーの方々、本当にお世話になりました、またの再会の時を待ちたいと願っています。楽しくそして温もり在る2日間、本当に良き時間となりました。

■2009年09月11日(金)  合同宿泊研修会 四国学院大学 
DSC03475.JPG 400×300 40K 今日明日と街の中の喫茶店を臨時休業としてメンバー・スタッフ数名で四国学院大学がある善通寺まで出向いてきました。一泊の合同宿泊研修会「私たちはなぜここにいるの」と題されたテーマで、ハートランド・西谷先生が理事長を務める香川丸亀の「たんぽぽ」そして海を渡って総勢27名もの参加となった広島県福山市の「びぃあらいぶ」の方々が一同に介しての研修会となりました。西谷先生と以前から「何かみんなで楽しい事が出来ればいいね…」そんな四方山話がとうとう実現しての2日間となりました。

 朝早くに喫茶店に集合、一路高速道路をまたいでの善通寺、開会までに時間が少しあった為に「善通寺」に参詣、そして名物の讃岐うどんの店をはしご、始まる前から十分に幸せな気分のまま研修会スタートとなりました。昼の部は西谷先生、そしてびぃあらいぶの久次米さんにハートランドスタッフ、それぞれの講演を経て、みんなでの座談会とプログラムを消化、いよいよの懇親会は美味しい料理と共に大盛況の時間ともなりました。
 
 まぁとにかくにぎやかで楽しそうなメンバーさんばかり…大宴会の二部はミニLIVE、あっぷるスタッフ阿部との演奏はBe My Baby とLet It Be そして西谷先生とのジョイントはEric CraptonのWonderful Tonight それはそれは楽しい時間となりました。あちこちでの深夜までの雑談…楽しそうな笑顔が今日一日の全てを物語っているそんな様子にも見受けられました。

■2009年09月09日(水)  誕生会 給料ミーティング
 毎月最初の週に行う「給料ミーティング」を朝から行いました。今日は水曜日という事で喫茶店の活動は定休日、この1ヶ月を省みながら毎月の収入を分ける話し合いを行いました。ハートランド始まりの頃から継続して行ってきた「給料ミーティング」試行錯誤を繰り返すと共に、メンバー状況も照らし合わせながら毎月毎月、こうした話し合いのスタイルでみんなの給料を決定・分配してきました。
 
 弁当製造や喫茶店活動に係わる「経費」を一覧の資料としてメンバーに配布、自身を省みる為の「自己認識票」を各自が記載…自己申告に基づく給料決定…これが最善の方法とは常に言い難い部分も多々あるのですが、自身を省みる作業・他者を見る作業…そうした一連の事柄をお弁当製造や働く事を通じて考えてゆく…そうした事が「社会の中で暮らしてゆく」大切な部分と考え、今日まで継続してきました。 評価する・評価される…なかなかに難しい事ではあるのですが、この時間をどんな風に位置づけていくのか、またメンバーとも話し合いながら検討していきたいとは思っています。

 午後は冷やし中華を食べながらの「誕生会」しばらく出来ていなかった誕生会はスタッフも交えて9名がそれぞれにプレゼントを受け取る笑顔の時間ともなりました。明日1日通常の活動を行って金曜日からはいよいよ宿泊合宿、そしてライブ忙しい今週末となりそうです。

■2009年09月07日(月)  暦はもう9月
 暦はもう9月、朝夕の涼しさはしっかりと「秋の気配」となって来ました。本当に駆け抜けるように過ぎた今年の夏、先日の仁木さんの大バーベキュー大会が夏の打ち上げのようにも見えました。みんなで頑張った阿波踊り期間のかき氷、初めてのメンバーが多数にも係わらず頑張り続けた3日間、打ち上げの居酒屋「日本一」新メニューのプリンやムース、そして季節を彩ったかき氷やソフトクリーム販売、日常のお弁当作りは言うまでもなく…短くも凝縮された観さえ在る今年の夏でした。
 秋風と共に少しばかり夏の疲れも見え始めているメンバーも数名…ゆっくりゆっくりと再生されていく事を見守りたいと思います。

 駆け抜けるような夏が過ぎ「一段落」かと言えば全くそうでもなく、相変わらずのハートランドは次々と行事が目白押しとなっています。今週金曜日からは四国学院大学での合同宿泊研修会、丸亀西谷先生のたんぽぽと、海の向こう広島県福山市のビーアライブの方々、そしてハートランドのメンバースタッフ、総勢50名程の楽しい時間も用意されています。徳島に戻ってくる12日の翌日には、Songsparrowのライブと息つく暇もない…そんな秋の始まりとなりそうです。メンバーとは秋のレクについても協議進行中、USJへの日帰り旅行にキャンプ、そして一泊旅行と密かに楽しい計画も思案中のみんなでもあります。今年も秋もにぎやかに、そして元気なあっぷるで進んでいければと思っています。

■2009年09月06日(日)  バーベキュー大会を終えて 仁木社長さんと
DSC03327.JPG 400×300 53K 昨日お招きを頂いた「大バーベキュー大会」の余韻覚めやらぬ日曜日の朝とてなりました。いつもいつもハートランドの活動に多大なるご支援やご協力を下さっています徳島北ロータリークラブの仁木さん…メンバー・スタッフ共々に本当に素敵な時間を過ごさせて頂きました。昨日は昼に喫茶店にお揃いのあっぷるTシャツで集合、夜皆さんに提供するおにぎり作りの準備を行いました。一つ一つに感謝の想いをこめながらのおにぎり、昨年同様銀紙に包まれたおにぎりには「当たり券」が同封、Tシャツやバック等の景品もたくさん準備させて頂きました。

 おにぎりはかれこれ300個、事前に作っていたプリンは60個、そして会場でのかき氷…あっぷるのメンバーも全員本当に良く頑張りました。
 Forty Soundのバンド演奏も昨夜はバッチリ…仁木さんをはじめ主催者の方々の熱唱もあってステージは華やいだ楽しい雰囲気の中、かれこれ1時間楽しくLIVE演奏を行わさせて頂きました。Rolling Stones Brown Sugerのプロモさながら、今年も大型トレーラーの上での演奏、忘れられない素敵なLIVEとなりました。

 仁木社長さんのお人柄に全て括られているような社員の方々の温かな持てなしの数々、たくさんたくさん今年もみんなで頂く事となりました。「人は人を想う」世知辛い世情にあってもまだまだ「世の中捨てたものじゃない」そんな想いにも駆られゆきます。仁木様はじめ関係者各位の皆様方に感謝御礼申し上げます、ありがとうございました。

■2009年09月05日(土)  Special Live Forty Sound
DSC03389.JPG 400×300 45K バーベキュー大会、今年も楽しくLIVE演奏を行いました。かれこれ1時間のLIVE演奏…PA機材の搬入を午前中に済ませセッティング、事前のリハはPAチェックもバッチリ済ませてからの演奏となりました。今年は仁木さんやロータリーの方々も大熱唱…本当に楽しく演奏をさせて頂きました。団塊の世代の方々を代表しての熱唱は「思い出の渚」「亜麻色の髪の乙女」そして大トリは仁木さんのMy Bommie…アカペラのイントロに始まりフィルイン…アドリブの間奏は延々と伸ばしてのツイストタイム…みなさんがお一人ずつステージに駆け上ってのダンスタイムバージョン、本当に楽しいLIVEとなりました。

 BeatlesにOldies Pops 色々なナンバーを織り交ぜての演奏…仁木さんの計らいの元に無事に終える事が出来ました。ミストーンも多々あっても限りない爽快感と至福に包まれてそんなステージでも在りました。仁木さんを初めめステージを盛り上げて下さった多くの方々に感謝の気持ちでいっぱい…楽しいLIVEでした。

■2009年09月04日(金)  仁木さん 大バーベキュー大会
 いよいよ明日になって来ました、いつもいつもHEARTLANDに多大なるご支援を頂いている中央特車・徳島北ロータリー仁木さん主催による大バーベキュー大会、昨年同様に今年もお招きを頂き、あっぷるメンバー・スタッフ全員で参加させて頂く事になっています。会場となる場所は徳島市内、海の近くのマリンピア内にある仁木さんの会社、広い敷地にある工場での盛大なバーベキュー大会となっています。日頃頂く数々の活動へのご支援に「感謝」の意を表する意味で、今年は色々な「お接待」もみんなで行わさせて頂く事としています。

 昨年全然足らなかった「おにぎり」は今年は300個、そしてくじ引き付きの景品は昨年同様にTシャツやバック、そして新メニューとなって好評のプリン、かき氷の機器も会場に持参し振る舞い出来ればと思っています。明日は街の中の喫茶店は臨時休業、午後に集合し夕方に向けての準備をみんなで行う予定となっています。
 Band演奏もバッチリ…明日は仁木さん始めロータリーの方々の「熱唱」も含まれてのLiveも楽しみの一つです。こうした機会を頂くこと、心より「感謝」ただその一言に尽きる想いだけです。

■2009年09月02日(水)  「イタリア ヴェローナ コミニュティーメンタルヘルス」
DSC03302.JPG 400×300 39K 9月1日愛媛大学で開催された精神保健福祉国際セミナー「イタリアヴェローナのコミニュティーメンタルヘルス」研修会にスタッフ全員で参加して来ました。京都から徳島に流れてきた17年程前、毎月毎月峠を越えて訪ねた「香川PSW研究会」その定例会で紹介された一冊の本が「コミュニティーメンタルヘルス」でした。幾つもの歳月が流れた「今」もその本は僕自身のバイブルとして手を伸ばせば届く中に在り続けています。ヴェローナ・トリエステ精神科医療の解放運動の中心的存在であったロレンザブルチ先生の講演会、穏やかな口調とは裏腹なそのメッセージは鋭角なものでもありました。

 当日は日本の先駆者、やどかりの里を創設された谷中輝雄さんが進行役…久しぶりの谷中先生との再会も数年ぶりに果たすことが出来ました。講演会の合間に一言二言…スタッフが手渡したあっぷるの「トートバック」をさっそくに紐解き、使用して下っていました。何度か訪ねた「やどかりの里」谷中先生の思想…記憶は定かでは無いのですが、病院を退職しHEARTLAND設立に動き出そうとしていた頃、谷中先生と喫茶店で雑談「君も僕と同じ道を歩くんだね、法や制度は少しは整い始めたけど、本質は何も変わっていない…長い道のりになるよ」そんな言葉を贈って下さった記憶は今も鮮明に残っています。時代を切り開いた大きな人の言葉の響きは、優しくもあり激しくもあった…そんな昼下がりの午後でした。休日を利用しての愛媛での研修会…経てきた歳月を飛び越えるような…そんな一日となりました。

■2009年09月01日(火)  愛媛へ .蓮璽肇團△澆覆漾‘善覆気鵑
 今日は一日街の中の喫茶店あっぷるはお休み、メンバーは休息の一日となり、この休みに重なるような研修会参加の為に、スタッフと四国学院から来ている実習生とで松山に出向いてきました。午後から愛媛大学で予定されていた研修会、徳島を少し早くに発ち「ハートピアみなみ」を訪ねてきました。常に行き来のある徳永さんとの再会やスタッフとの雑談、居を同じくしている家族会の沼田さんや松崎さん田邊さん…懐かしい人たちとの再会の時間ともなりました。
 
 ハートピアみなみもあっぷる同様に「お弁当」の製造販売、みんなが働く厨房、昼食に頂く事とした美味しいお弁当や山盛りの冷やし中華…この場所の活動がきかっちりと形になっている事の証のような一つ一つに見えました。日々のお弁当製造な併せる形で準備中の「グループホーム建設」のあれこれと徳永さんから聞かせて頂きました。「一回近々職員同士の交流会やらんか…」ゆっくりと道後温泉を囲んでの交流機会の提案まで頂きました。夏の始まりの頃、ひよっこらとあっぷるを訪ねてくれた徳永さん…相も変わらず精力的に「駆け回る」そんな印象はいつものままでした。遠くにあっても近くて懐かしい想い…久しぶりの再会は距離を超え、静かな「力」を与えてくれます。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記