[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2010年09月30日(木)  徳島商業1年生のみなさんと 徳商デパート打ち合わせ
P9301806.JPG 807×605 99K 雨模様の夕刻、学校の授業を終えた徳島商業高校1年生の5人が街の中の喫茶店に来てくれました。数日前に問い合わせがあり一度「商談」を…今日再びみんなが喫茶店を訪ねてきてくれました。今日は硬式野球部(家の子供達もお世話になった)店長の東條君、そして田村さんに山田さん、そしてそして佐賀君に矢野君と全員集合となっての「商談」となりました。「徳商デパート」はあっぷる近く、新町川沿いのボードウォークをその会場として、徳島商業生全員が様々な「商品」を仕入れ販売する…そんな大きな学校行事の一つ、徳島市民にとっても有名な「徳商デパート」でもあります。昨年度もPuddingをたくさん仕入れてくれ販売…今年で2年目のお付き合いとなります。
 今年は今話題のRoll Cake そしてチョコPuddingを「徳商デパート」で販売予定…10月30日・11月1日の開催当日に向けた打ち合わせをスタッフと一緒に行いました。やがて「社会」に旅立ってゆく若者たち…一つの出会いの中で色々な事を学んでいってくれればそれだけで幸いです。

 9月最後の一日となった今日は、朝からずっと降りしきる冷たい雨模様の一日、新しい「制服」に身を包んだみんなは、いつもに増して元気に忙しい1日をさばき行きました。明日からは日本メディカル福祉専門学校からの実習生が1名(社会人)みんなと共に2週間の時間を過ごすこととなります。明後日の土曜日は朝から徳島市内、フレア徳島を会場に精神保健福祉士協会の「基幹研修機彑鎖席欸鯤〇禹里箸靴得鎖晴憤緡典ヾ愿に勤務した比較的若い人たち(在職3年未満)を対象に講義を行う予定となっています。四国学院大学の富島先生、そして高知さんかく広場の武田さん、懐かしい人たちとの再会となります。

■2010年09月29日(水)  メンバーとのミーティング 「アンケート実施」
P9291785.JPG 807×605 99K 今日は水曜日という事で定休日、喫茶店やお弁当業務はお休みなのですが、朝早くからほぼみんなが集合、あれやこれやと全体でのミーティングを行いました。「遊んだら仕事…働いたら遊び」あっぷるの常套句となりつつある言葉に寄り添って、まずは秋のレクリエーションについてあれこれ…行楽の秋という事で一泊旅行の希望も多数あったのですが、日帰りでバーベキュー案に決定、忙しい日常を少し横に置いて野外のバーベキューを近々実施する事となりました。今後の予定を確認した後はびっしりと第2ラウンド、喫茶店での業務やお弁当製造販売を今一度省みる…そんな話し合いとなりました。
 きちんと行えている事柄の確認、全く行き届かずに出来ていない部分の確認、新しい提案や提言、そして少しでもより良い「喫茶店」としてお客さんを迎える為の改善事項など…真剣な面持ちで話し合いを行いました。

 長い長い話し合いの末、辿りついた今日の結論は「アンケートを実施しよう」というものでした。お客さんから良いこともお叱りも含めてきちんと指摘して頂く、その為に今回「アンケート用紙」をテーブルに置き匿名の形で意見を記載して頂くという事としました。明日には早々にアンケート用紙を準備し、早々に取り組んで行きたいと思っています。より良い接客…気持ちよく喫茶店を利用して頂く…そうした一つ一つは「彼ら」をきちんと見つめて頂く事へとつながっても行きます。新しい取り組みへの確認…そんな朝のみんなとのミーティングとなりました。

■2010年09月28日(火)  お弁当 人気メニューのハンバーグ
 今日のあっぷる弁当は数々あるメニューの中でも、取り分け人気の高い「ハンバーグ」朝からみんなテキパキと動き美味しいお弁当作りに精を出します。前日準備で用意していた炒めた玉葱のみじん切り、具材となるミンチを朝に絡め秘伝?の調味料スパイスをパラパラ…11時の店頭販売・お弁当完成に向かってみんながあれこれと動き始めていきます。

お弁当製造が進みゆく中、喫茶店の日替わりランチの準備も…メニューは同じものなのですがお弁当はお弁当箱に、日替わりランチは和食の膳に、そして店内の日替わりランチに付くサラダの用意もバッチリと…色々な作業工程や盛りつけ等の準備を一通り終えて、昼時のたくさんのお客さんを迎えゆく事となります。
 
 お弁当やランチといってもまさに「水商売」人気メニューといっても蓋を開けてみないと解らない事も多々あります。売れ筋のメニューはハンバーグやコロッケ、そしたとんかつの卵とじなど…製造数が追いつかない程あっという間にさばけていきます。かと言ってきちんと計算出来るものかと言えば決してそうでもなく、その日の温度や天候…そうしたものにもきちんと影響されている…そんな感じを覚える事もしばしではあります。いずれにしても心を込めたみんなの「手作り弁当」や「日替わりランチ」はお客さんには好評ではあります。

値段が安いという事もあるのでしょうが、いつも一生懸命に「働く」彼らの姿が何処かで多くの方々から「共感」を得る事で成立している光景なんだろうなと想っています。ドタバタの厨房は今日もRoll Cake作りと同席…手狭な現状は贅沢も言えずガスコンロとスイーツ作りが同居、見慣れた光景とは言え何ともおかしな光景ではあります。

■2010年09月27日(月)  お弁当の帯 みんなのメッセージ
dc092801.JPG 605×807 81K あっぷるがお弁当製造販売を始めたのはかれこれ今から13年程前、今日常活動を行っている籠屋町・街の中の喫茶店ではなく北島田での事でした。HEARTLAND始まりの場所であった北島田、その場所からあっぷるのお弁当はスタートして行きました。あの頃から流れた長い歳月、日々継続して来たあっぷるのお弁当は当時に比べて随分と洗練されたものになりました。その始まりの頃から今に至るまで変わらないものが、毎日毎日「彼ら」が書き記すお弁当の帯のメッセージです。
 
 「僕たちの思いを言葉にして多くの人たちに伝えよう」そう提案してくれたのは、統合失調症を抱え持った一人の男性メンバーHさんでした。(その後彼はホテルマンとして長年勤務)お弁当の帯となる紙に手書きの文字、あっぷるに通所する彼らが日替わりで色々な言葉を並べゆきます。自分自身の事…季節の文字…新しいメニューの紹介やお知らせなどなど…この帯を媒体としてお客さんとのやりとりも随分とありました。

 お弁当作りと平行して今日の担当メンバーがメッセージを書きます。そしてそれをコピー…11時の完成時にお弁当の帯として飾られていきます。お弁当販売に喫茶店業務…やもすると一見普通の喫茶店に見えるこの場所ですが、心の病や様々な障害やハンディーを抱え持った人たちが集い来る場所でもあります。人の中に・街の中に日常活動を継続しているあっぷる、今日も彼ら一人一人が書き記した言葉たちが一つのメッセージとして多くの人たちの下へと運ばれていきます。

■2010年09月26日(日)  作業所連絡協議会 定例会 続編
dc092711.JPG 807×605 86K 土曜日の午後に開かれた「徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会・定例会」会の立ち上げからかれこれ10年、集まって来ているスタッフの方々の面々も随分と様変わりしました。10年一昔ではありませんが、去る人もあって来る人もあって…そんな印象は否めません。殆どの作業所や事業所が「何一つ無いところからの出発」行政施策が先にあって作られたものでは決して無く、家族の方々や関係者そして関係機関等の「想い」幾重にも重なって始まっていった障害者地域共同作業所運動、補助金の裏付けはその後にフォローされてゆく…全国津々浦々その構図は多少は違えどもこの徳島にあっても同様の事でもありました。

 貧しい限りの補助金、当然の事としてそこに働く或いは働こうとする人たちを充分とは言わないまでも「賄える」余裕は何一つありませんでした。10年という歳月の中「やり続けてゆく事」が遙かに困難であり根拠無き事柄であるのか…悲しいかな自明の事でもあります。高齢のご家族の方々が指導員・スタッフとして従事…この10年絶えず動きゆく「福祉」状況に翻弄されながらの人でもあり場所でもありました。数名に分かれての「グループワーク」どんな風に私たちの「未来」を考えていけば良いのか、激動の時代にあって「自助努力」だけでは到底追いつけない力動に左右もされて行きます。未来への夢を語っても「今」を見つめ保障する力動が働かなければ現実から乖離して行きます。「現実」に立脚して建ち上がった作業所活動の今日までの歴史、現実に立脚してその「必要性」が再確認されるべきには違いありません。

■2010年09月25日(土)  徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会 定例会
P9251726.JPG 807×605 83K 徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会の定例会が午後からあり参加して来ました。政権交代や政局動向に大きく連動されながらの「福祉」の在り方と有り様、障害者自立支援法の改正、新法設立に向けた動きが加速度的に進んで行きます。障害者地域共同作業所もそうした大きな時代のうねりの中、時には翻弄されながらも今日まで、その存在の意義と意味をもって今日まで様々な活動を継続させて来ました。混沌とした時代状況、先行き不透明な閉塞感、色々な想いや雑念を抱えながらも日々は訪れてきます。

 今日は徳島県下の作業所や事業所で従事するスタッフが介し、色々なテーマに分かれてグループディスカッションを長時間行いました。利用者・当事者の方々、そしてご家族の思い、一つの小さな場所の活動を継続させていく事には大きな意味があります。未だ未だ「貧しい地域福祉」その中にあってぎりぎりのところで日常を紡ぎ続けてきた障害者地域共同作業所、世の中に必要とされるものが、世の中に必要な形として継続・存続されていく事を切に願ってやみません。

■2010年09月24日(金)  Heartland あっぷるの日常
dc091610.JPG 605×807 95K 弁当を作り販売する…喫茶店の業務をみんなで行う…Roll cakeを巻く…色々な光景が織り混ざってのこの場所の一日なのですが、華やぐ表舞台の背中合わせに色々な事柄が内在しています。言うまでもなくこの場所に「通ってくる」一人一人は、心の病や障害、身体や知的障害を抱え持った人、そしてそうしたカテゴリーからは少しばかり趣の違う、されど「行き場の無い」そんな人たちが日々集いゆきます。障害者自立支援法下の福祉施設…色々な「訳」を抱え持った一人一人の「暮らし」がここにはあります。障害や病を抱え持った自分自身を「未来」へと歩ませる場所、ようやく暗がりを抜け出してこの場所を「見つけた人」人の中にそして街の中に身をを置きながら自分自身の「今」を確かめる人…色々な人生が交差して行きます。
 
 地域で支える…ノーマライゼーション…そしてメインストリーム…色々な言葉で障害者福祉は語られゆきますが、現実は「厳しさ」を増すばかり、費用対効果の検証も語られる事はなく、理想と現実とは大きく乖離しています。お弁当を作り喫茶店を運営する(それを行わなければ通所する障害者のお給料が捻出されない)そして彼ら一人一人の「暮らし」にきちんと向かい合う…当たり前に行わなければならない一つ一つが、貧しい地域福祉の枠組みと現状の中、悲鳴を上げていきます。お金があれば「全て」と言う事では決してないのですが、貧しすぎる地域福祉の実情と現実からは「提供できるもの」もおのずと制限的にならざるを得ません。

一見華やぐ舞台裏…物言えぬ色々な矛盾が内在しています。障害や病を抱え持った人たちの「暮らし」への保証、人として…生きてゆく事への権利保障…日々の活動を継続してゆく中に色々な事柄を想いゆきます。

■2010年09月23日(木)  閑話休題 The Rooftops 10/2 Live at カフェドラセン
dc0921136.JPG 807×605 72K 秋分の日の今日、随分と朝夕の涼しさが増してきました。今年は相変わらずの異常気象…徐々にといった秋の訪れではなく猛暑の夏から一点、加速度的に「寒さ」さえ覚える朝夕…暦通り今日から季節は秋という事になります。
 閑話休題…Webのトップページに掲載した様に、来る10月2日(土曜日)20:00から松茂町にある「カフェドラセン」というライブスペースでThe Beatlesの演奏を行う予定となっています。

 猛暑の夏にマスターからオファー「Beatles聞きたいお客さんがたくさんいて…」バンド仲間越しに聞き及んで下さったマスター(斉中さん)からの1本の電話がその始まりでした。練習スタジオに足を運んで下さってのオーデション?の後、正式にライブ決定となった次第です。「なかなかBeatles出来る人がおらんでな…宜しく頼みます」10月を始まりに定期的なLive演奏の依頼も受けました。
 「カフェドラセン」旧徳島空港近くのササクラスポーツ空港店、そのすぐ横にあります。オープンは19:00 Liveスタートは20:00 2ステージ(40分×2) かれこれ25曲のセットリストを用意しての演奏となります。時間にご都合の付く方、Beatles大好きな方…ぜひ10月2日のLiveにお越し下さい、お待ちしています。

 初めてギターを手にした13歳の春、深夜ラジオから流れてくるPaul MaccartneyのJetが一つのきっかけでした。貧しい家に不似合いな山積みされたレコード盤、亡き母親が大のBeatleファン…絶え間なく「音」が流れていました。住み慣れた京都の街は当時ジョンとヨーコがお忍びで日本に来ていた際に幾度となく訪れた街…カプチーノ好きなジョンが常に立ち寄ったイノダコーヒー、定宿となっていた都ホテル「ジョンに会いに行く…」空振り続きの決行は懐かしい想い出でもあります。

■2010年09月22日(水)  sugattiii みんなでランチ
P9221690.JPG 807×605 137K 今日は水曜日という事で連休明けにも関わらず喫茶店やお弁当製造はお休み、この1週間・宿泊研修も含めると殆ど営業をしていないのですが…(本当にすいません)
今日は朝9時にみんながぞろぞろと集合、全体でのミーティングを行い、その後恒例の「誕生会」へと進んで行きました。6月〜9月に誕生日のある人がみんなからプレゼントの進呈を受けました。事前にメンバー・スタッフが一人500円を出し、プレゼントを購入…一人一人にみんなが用意したプレゼントが進呈されました。小さな一つの行事ではあるのですが、あっぷるの風物詩となりました。お祝いする方もされる方も笑顔…夏の終わりの「誕生会」となりました。

 その後はみんなで楽しみにしていたsugattiiiへ…美味しいランチをみんなで頂くお昼となりました。9月の初旬、スタッフがRoll Cakeを持参しお近づきになったsugattiiiのシェフ管さんや店内スタッフの皆さん…今日も本当に温かなお持てなしに始まり美味しいランチを頂きました。温かなお人柄が笑顔ににじみ出たシェフ管さん…美味しい料理に心までしっかりとお腹いっぱいになりました。いつも喫茶店の接客で」迎える側の彼ら」も今日はお客さん…美味しい料理を頂きながらみんなみんな幸せそうな笑顔をこぼしていました。温かなご接待、そしてたくさんご配慮頂いた料理の品々、無理な注文もお引き受け下さったシェフ管さんに心より感謝御礼申し上げます、素敵に時間を持つことが出来ました、ありがとうございました。

  sugattiii Web http://www.uma-e.net/tokushima/home/sugattiii/

■2010年09月20日(月)  シルバーウィーク 最終日  宿泊研修会の余韻
dc0921114.JPG 807×605 131K 今日でシルバーウィークの最終日、行楽日和に恵まれたこの間の連休、あっぷるのメンバーやスタッフもそれぞれに「のんびり」と過ごした事と思います。明日からまた活動再開…早々に定休日の水曜日それに木曜日の祝日とお休みが続きゆきますが、元気にみんなで新しい日々に臨めたらと思っています。
 先日四国学院大学で行われた「宿泊研修会」あっぷるメンバーに加え、たんぽぽや光と風のメンバーさん達と色々と言葉を交わしゆく時間となりました。精神科医療機関での勤務年数を加えるとかれこれ20年の歳月、主として心の病を抱え持った人たちと向かい合って来ました。「彼ら」が話ゆく言葉や想い…そして「彼ら」の立ち姿を見つめるとき、あらためて色々な事を考えさせられます。

 「心の病って一体何だろう」「幸せっていったい何だろう」「健常って一体何だろう」「障害って一体何だろう」とりとめの無い問答が僕自身を捉えて離す事はありません。そしてそうした「彼ら」の側に在って「自分自身に何が出来るのだろう」第2びわこ学園や近江学園…若き日に出会ってしまった風景の中、手渡された「宿題」は未だに掌の中でその「答え」を探し求めゆきます。宿泊研修会2日目の朝のプログラム、宿泊研修会に参加しての感想や自分自身の「今」について。「彼ら」が一人一人話を行いました。誠実な言葉達、そして一生懸命に日々を生きる姿…胸が熱くなったのは僕一人では決して無かったはずです。「どんな人も幸せになっていいということ」もう一度あらためて考えてみたいと思います。
       (写真 宿泊研修会終了後に立ち寄ったたたんぽぽ 駄菓子屋さんです。)

■2010年09月19日(日)  合同宿泊研修会 2日目
P9181647.JPG 807×605 101K 合同宿泊研修会の2日目…参加していたそれぞれの施設のメンバーが最終日の朝に一人一言、色々な思いを語りゆきました。障害や病を抱えながらの日々にあって、それぞれの人が様々な思いを「暮らし」の中に抱え持っている…そんな事をあらためて感じさせられた「彼ら」の言葉の一つ一つでした。今を誠実に生きようとする人、少し先の未来に向かって歩幅を拡げゆく人、同じ病や障害を抱え持った仲間と共に微笑み会う人…色々な人生が交差するかの様です。それぞれに忙しい日常を少しだけ横に置いてのこうした時間、新しい方々との出会いも含めた有意義な2日間の宿泊研修会が無事に終わりました。プログラム企画に始まり夕食(カレー・唐揚げ・サラダ・おでん)の準備、その他諸々一切の用意をして下さった西谷先生はじめとするたんぽぽの皆さんに感謝申し上げます、本当にありがとうございました。

 ハタと気がつくと世はまさに「シルバーウィーク」眠れない程に昂揚していたメンバーたちも帰路に着く車中ではグーグーと大きな寝息…心のお土産もたくさんたくさん携えながらまた日常へと帰って行きました。今日明日、街の中の喫茶店あっぷるは連休という事でお休みとなります。火曜日は通常の営業、そして翌日水曜日はこれまたみんなが楽しみにしていた「食事会」最近お付き合いが始まった「スガッチー」さんにみんなで出掛けて美味しいランチを頂く事になっています、食事会は「誕生会」を兼ねた時間として用意されています。2日間の宿泊研修会…心地よい疲労感に包まれながらまったりまったりと…朝夕めっきりと涼しくなって来たこの頃…みんなを連れて秋が進みゆきます。

■2010年09月18日(土)  合同宿泊研修会 「働くってなに」
P9171569.JPG 807×605 92K 四国学院大学を目指して一路徳島から善通寺へ…今年もみんなが楽しみにしていた「合同宿泊研修会」にメンバーと一緒に出向いてきました。昨年同様の9月、西谷先生や丸亀「たんぽぽ」の皆さんが用意して下さった一泊研修、この日を楽しみにしていたあっぶるメンバーも意気揚々…楽しい2日間の時間となりました。今年は新しい出会いとして社会福祉法人光と風(愛媛県四国中央市)の皆さんともご一緒の時間となりました。
 午前に徳島を発ち高松自動車道経由で善通寺に、1時受付前の昼食は「さぬきうどん」しっかりと腹ごしらえをしてからの会場入りとなりました。たんぽぽのメンバーさん、そして三船病院生活訓練施設花園の皆さんも併せて約60名程の参加者、にぎやかな2日間の合同研修会の幕開けとなりました。

 「私は原理論者ですから…」と講演を行って下さった西谷先生、いつもの口調で福祉の原点・原則論を解りやすい言葉と共に話して下さいます。働くということ…そして暮らしへの保証…そして人としてという事…変わらない西谷先生の言葉がみんなを包みゆきます。その後HEARTLANDからという事で実践報告の講演を行いました。夕方までびっしりの講演や実践報告、夕暮れが迫る頃には、みんなが楽しみにしていた懇親会のスタート…ゲームありライブ演奏あり、これまた楽しい時間となりました。メンバーはメンバーで、スタッフはスタッフでそれぞれに暮れゆく1日の終わりまでしっかりと交流を深めゆきました。夜が更けゆく中で重なりゆく時間、昨年同様の素敵な研修会初日となりました。

■2010年09月17日(金)  季節は秋をめざして 研修会シーズン 
P8070755.JPG 807×605 64K 季節はしっかりと秋をめざしている様子…朝夕は涼しさを通り超して寒い程の感覚を覚えゆきます。日中はまだまだ残暑といった様子ですが、しっかりと秋の気配が漂い始めました。今日から明日に掛けて喫茶店は臨時休業、善通寺・四国学院で予定されている「合同宿泊研修会」にみんなで出かける予定になっています。それぞれの施設のメンバーさんやスタッフが日常を離れての交流機会、レクチャー講演や楽しい懇親会も含めて有意義な時間になるはずです。

 秋の気配と共に研修会シーズンが到来、あちこちから講演会のオファーが続いています。先日訪れた松山市・愛媛県精神保健福祉士協会での講演を始まりに幾つかの場所や機関に今年も出向いていく事となりそうです。10月初旬には岡山県へ、岡山県精神保健福祉士協会主催の「宿泊研修会」日本精神保健福祉士協会の基幹研修を兼ねた講演会「しっかり泊まって行って下さいね、若い人たちが朝まで話をしたいと熱望してますので…」山間の温泉施設が会場、とても保養とはいかない趣です。徳島県での講演もあれこれ…これまた同様に徳島で開催される精神保健福祉士・基幹研修…昨年も行った上板町・上板中学での福祉講演会…そして家族の集いでの講演依頼などスケジュール帳が埋まりつつあります。Heartlandでの日常も盛り込んでの講演機会…「呼んで頂いた限りは全て出向いていこう…」そう思いながら何年もの歳月が流れました…ありがたくそして幸せな事でもあります。

■2010年09月16日(木)  明日から合同宿泊研修会 四国学院大学
P9141522.JPG 807×605 87K 明日から四国学院大学で昨年同様の「合同宿泊研修会」が開催されます。喫茶店は土曜日まで臨時休業とし、メンバー・スタッフで数台の車に分乗し一路善通寺を目指す事となります。四国学院大学の西谷先生、そして丸亀のたんぽぽのスタッフ・メンバーの方々が手作りで用意して下さる合同研修会、あっぷるのみんなも心待ちにしていた行事でもあります。
 朝に徳島を発ち一路香川の善通寺へ、昼食はおそらく「うどん」をみんなで食べてから会場の四国学院大学へと向かう予定になると思います。

 合同研修会初日のプログラムは西谷先生の講演に始まり、HEARTLANDの活動報告そして今年初めてご一緒させて頂く愛媛県の社会福祉法人光と風からの議題提供など、幾つかのレクチャー講演が予定されています。その後はみんなでの食事会、今年はカレーライスや唐揚げなどをみんなで作るとの事…西谷先生のライブ演奏も含めて楽しい夜のプログラムが用意されてもいます。年に一度の「合同宿泊研修会」日常を少し離れて、あっぷるのメンバーとも特別な時間を過ごせたらと思っています。
 
(写真は合同宿泊研修会で販売予定のRoll Cake たくさんたくさんRoll Cakeを製造していました。)

■2010年09月14日(火)  あみ(全国精神障害者地域生活支援協議会) 徳島大会 序章
P9121494.JPG 807×605 92K 先日の日曜日に訪ねた愛媛松山市、朝の講演の後も1日研修プログラムが予定されていたのですが、無理をお願いして午後のプログラム参加は欠席とさせて頂きました。松山在住の樋田さん(あみ四国理事)と徳永さん(ハートピアみなみ)と共に、来る来年7月のあみ全国大会・徳島大会に関しての話し合いを延々行いました。樋田さんは共にあみの全国理事の一人、徳永さんは今から8年前あみの全国大会を愛媛で開催した折りの中心の人でした。お二人共に日常的なおつきあいはしよっちゅうなのですが、先日はあらためて「徳島大会」に向けた序章に関して、あれこれあれこれと議論を重ねゆきました。

 例年あみの全国大会は7月開催、今年の広島大会同様に来年の徳島も7月に開催をと考えています。大会開催の諸準備や色々な協議を行う「実行委員会」も秋頃には形取りたいと考えています。徳永さんが愛媛大会で取った形同様、四国4県からそれぞれに実行委員を選出、地元徳島の方々、そして東京のあみ事務局や常任理事さんにも来徳を頂く構成メンバーで「実行委員会」を継続開催して行く予定です。
 会場確保や大会のアウトライン、そして「今どんな全国大会にすれば良いのか」そして全国から参加されるであろう多数の方々が「何を求めているのか」考えるべき事柄はたくさんあります。実行委員会始動に向けてのプレ…徳永さんそして樋田さんとの話し合いは有意義なものとなりました。

■2010年09月13日(月)  四国学院大学より4名の学生 施設見学・施設体験
P9141524.JPG 807×605 109K 四国学院大学から4名の学生が街の中の喫茶店に来てくれました。現在社会福祉学科2回生の学生たち…「将来は福祉の仕事に就きたいと思っています」そんな夢や希望を携えながらの初めての場所、明日までの2日間この場所に触れてゆく事となります。3回生時の精神保健福祉実習のプレのプレとしての「福祉体験」的な施設見学、香川からこの場所を選んでくれた2日間、みんなと一緒に過ごしゆく事となります。HEARTLANDの活動概要や今までの活動経緯をスタッフが説明、その後みんなと一緒にお弁当作りや喫茶店の1日を過ごしてもらいました。「初めて見る人・初めての場所」未来への一つのきっかけとなってくれれば幸いです。

 連日猛暑の夏も少しばかり、けれど確かに峠越えの様な「涼しさ」を増してきたこの数日、夏の疲れが一気に来たのか体調の不良を訴え休むメンバーもチラリホラリといった所です。今週の金曜日からは四国学院大学での「合同宿泊研修会」お世話頂いている西谷先生や丸亀たんぽぽの方々と、一晩一緒に過ごす時間が予定されています。「今から楽しみ」とメンバーもワクワク…昨年同様になかなか「眠らせてくれない夜」が待ち構えています。今年は一緒に夕食作りも行うとか…楽しい宿泊研修になればと思っています。あっぷるからは車に便乗、なかなか一泊が難しいメンバーは不参加ですが、精鋭?をよりすぐっての宿泊研修、これまた昨年同様元気すぎるメンバーに背中を押され「手強い」時間ともなりそうな予感です。

■2010年09月12日(日)  愛媛県精神保健福祉士会 研鑽研修 松山市
P9121489.JPG 807×605 86K 日曜日の早朝から一路松山を目指して車を走らせました。愛媛県精神保健福祉士会主催の「研鑽研修」松山市内の精神科医療機関、松山記念病院が講演会の会場となっていました。松山市内まで朝焼けを抜けて3時間、訪ねた場所では懐かしい人たちとの再会ともなりました。
 精神科医療機関に勤務して初めて出向いたPSW研修会、今も継続して開催され続けている「中四国PSW大会」それが松山・新居浜を会場としてのものでした。現会長の丸田さんに住友さん、そして法野さんといった懐かしい人たちとの再会、若き日々への郷愁に懐かしさを覚えつつの研鑽研修会となりました。

 会場にはかれこれ70名精神保健福祉士の方々、精神科医療機関や社会復帰施設、地域の事業所等に従事する方々、その大半がまだ経験年数の浅い若き人たちで占められてのものでした。「歳も取ってきて若い人たちをどう育てるか…なかなか難しい」新居浜・住友さんが呟きます。「本質をきちんと見つめんかったらあかんよね…」会長の丸田さんが言葉を追い足します。自身への省み…精神保健福祉士として自分自身がどう在るべきか…一つ一つをあらためて考える「契機」として今日の講演が意味を持ってくれれば嬉しい限りです、今日の講演を企画して下さった愛媛県精神保健福祉士会の皆様に感謝申し上げます、ありがとうございました。

■2010年09月11日(土)  遠く山口から 桑原さん 藤川さん
P9111463.JPG 807×605 94K 今日は遠く遠く徳島から離れた山口県岩国市そして山口市からのお客さんが街の中の喫茶店あっぷるに来て下さいました。山口障害者職業センターに勤務し、時折あっぷるに来て下さる荒木さんを道先案内に(2人の可愛い子供さん連れ)障害者就業・生活支援センター蓮華の藤川さん、そしてNPO法人ベーテル障害者支援センターの桑原さん、大渋滞で大幅に到着が遅れたハプニングもあったのですが、短い時間の中、色々な話を交わしながらの今日の出会いとなりました。藤川さんは7月に広島で行われた「あみ」の全国大会、司会進行を担当させて頂いた分科会のお世話をして下さった人でもありました。7月以来の再会、夕方のバスでとんぼ返りの強行スケジュールにも関わらずのあっぷる…本当に嬉しい限りでした。
 荒木さん越しの出会いとなった桑原さん、そして再会の藤川さん、今日の出会いを一つの機会として今後も色々な交流が出来れば幸いです。遠路はるばる本当にありがとうございました。

 明日は日曜日返上で早朝から愛媛県松山市に出向く予定としています。用件は愛媛県精神保健福祉士協会主催の「講演会」、朝10時スタートの講演会は松山記念病院を会場としています。愛媛県の精神保健福祉士の方々が一同に集っての「研鑽研修」きちんとした講演を行ってきたいと思っています。講演会終了後はあみ四国理事の樋田さんと一緒の時間を予定しています。来年のあみ全国大会に向けてのあれこれ…そしてその開催に向けた第1回目となる実行委員会の立ち上げに関して等、色々と話し合う事としています。

■2010年09月10日(金)  Roll Cake 配達注文 鷲敷町へ
dc091009.JPG 807×605 83K 前日からみんなが製造したRollCake たくさんの注文を知り合いの方から頂きました。街の中の喫茶店あっぷるから車を走らせる事かれこれ1時間と少し、山間の街・鷲敷町までRoll Cakeが運ばれていきました。ツイッターに書き記した「Roll Cake何処までも配達します」の文字、その一行を見た京都の知人が心配な様子で「大丈夫かな」と言葉を寄せてくれました。もちろん「大丈夫」京都や大阪、東京までの配達と迄は行きませんが、徳島近辺であれば1本からでも配達…商売であって商売で無い事の意味も含めてのものです。
 
 遠い昔に北島田でお弁当製造を始めた頃の事…なかなか売れずにみんなで積み残った毎日の残り弁当を眺めてはため息…継続する日々の中で徐々にお客さんも増え配達注文の依頼もちらほら…喜んでみんなで出掛けたものです。1個の弁当・1個の配達等は到底ビジネスの中にはあり得ないこと、何でもかんでも引き受けるという事では決してありませんが、1個のお弁当が活動を広げてゆく大切なメッセージ…疑うことなくみんなで見つめた一つの方向でもありました。
 
 「お涙ちょうだい的福祉ビジネス」を行うつもりは毛頭ありませんが、1本のRoll Cakeからでも…遠い昔の始まりの頃と何一つ変わらないHEARTLANDの「スタンス」でもあります。

■2010年09月09日(木)  Twiiterというもの
dc091005.JPG 807×605 124K 街の中の喫茶店あっぷる、日々の活動風景のあれこれはこのWEBのダイアリーやブログに文字を並べて書き記して来たのですが、それに加える形で今流行の「Twiiter」への「つぶやき」を先日からスタートさせました。「つぶやき」と称される程、軽い日常では決して無いのですが、この場所の日々を克明にしかもリアルタイムにライブ感のある「発信ツール」としてTwiiterはなかなか素敵なもの…そんな印象を覚えゆきます。朝のお弁当製造に始まり今日のメニュー、そしてRoll Cake作りのあれこれなど、文字と画像を使っての発信は一瞬で時を超え多くの人へと発信されていきます。
 
 タイムリーに書き込んでゆくTwiiterとI Padに表示される文字や画像、あっぷるのにメンバーも驚いた様子でのぞき込んでいます。「早いねえ、これいろんな人が見てくれてるの」「すごいなぁ」「これがTwiiterですか…」一人一人のメンバーが色々な感想を微笑みながら返してくれます。携帯で鍛え上げられた腕前でさっそく女性メンバーのIさんが書き込み…瞬時に反映された文字を嬉しそうに眺めていました。限りなく今風のTwiiter…便利である事には違いないのですが、こうしたツールを使用すると共に、ここはしっかり地べたに足を付けた日常活動をあらためてきちんと行ってゆく必要性も反面教師的に思いゆきます。
 
 HEARTLANDが今までそうして来たように、きっとこれからもそうして行くであろうこの場所の活動や日常の歩み…「人は汗を流して…人は足を運んで…人は言葉を贈って…」最先端の対局をあらためて確かめながら、日々を重ねて行きたいと思っています。4名の実習生とサヨナラし普段の風景に戻ったあっぷる…またみんなとの日々となります。

街の中の喫茶店あっぷる Twiiter http://twitter.com/HEARTLAND909

■2010年09月08日(水)  メンバー会議 ミーティングあれこれ
dc090807.JPG 807×605 106K 今日は水曜日という事で喫茶店英儀容は定休日、毎月最初の水曜日は恒例の「給料ミーティング」今朝も9時からみんなが集まり先月1ヶ月を振り返る話し合いを全員で行いました。昨日終了したはずの実習生4名も「ぜひ見学したい」との事で参加、この1ヶ月を振り返っての時間となりました。猛暑の夏、相変わらず連日「満席」の店内、阿波踊り期間のかき氷販売、それぞれのメンバーが頑張り続けた1ヶ月を一人一人「言葉にして」振り返る、そんな時間ともなりました。好評のRoll Cake効果は顕著でSweets部門の収益が大幅に「増」となりました。
 給料ミーティングに先立つ形での「メンバーミーティング」色々な事柄について協議・決定そして9月以降の行事予定や事務的な連絡をみんなに行いました。

 来週となった四国学院大学での「合同宿泊研修会」香川・丸亀たんぽぽの皆さんや四国学院大学・西谷先生がみんなを迎え入れる準備を進めてくれています。6月生まれ〜9月にかけての誕生会企画も、そして延期となったままの「夏の慰労会」は先日お邪魔した「スガッチー」で美味しい美味しいランチを…と決まりました。
 Roll Cake販促のためのWEB注文、出来上がりつつある注文フォームをみんなで眺めながら来るべき時に備える…そんな話し合いも行いました。Roll CakeやSweets作りで手狭になった厨房、新しい活動場所の確保や事業展開も「みんなの未来」としてあれこれと協議しました。まだまだ残暑厳しい日中ですが、朝夕はしっかりと秋の気配…進みゆく季節の中、みんなと色々な話し合いを重ねて行きたいと思います。
 
 写真はひそかに(ひそかではないか)試作中の「焼きそば」メニューとなるかどうかは未だ未定…得意の「風まかせ」状況、でもなかなか内々では好評?です。

■2010年09月07日(火)  精神保健福祉実習 今日が最終日
dc090833.JPG 807×605 127K 8月23日から街の中の喫茶店あっぷるに精神保健福祉実習に来ていた学生4名の実習が今日でいよいよ最終日となりました。四国学院大学3名・日本福祉大学1名の計4名の実習生、あっぷるという場所で共に過ごした2週間が一端終わろうとしています。実習は言うまでも無く「精神保健福祉士」を目指してのもの、本来であれば精神保健福祉士(PSW)の専門性や地域福祉の現状などを詳細に学ぶことが本来の大きなテーマではあるですが、あっぷるでは「一緒にお弁当を作る」「人としてどう見つめるのか」「人としてどう寄り添うのか」「障害や病への共感」等、大きく大きく広げた「命題」を日々、学生達に問いかける…そんな時間を過ごしてもらいました。
 
 論理武装ではありませんが、難しい言葉を難しく、御託を並べゆく事はとても簡単な事、その対局にある大きな命題を見つめ、答えを探し求めていく事の方が遙かに「しんどい」訳なのです。けれど人が人に関わる…そんな大きなテーマの在り方は、そう簡単に答えが見つけられる訳ではなく、そう簡単に答えが解るわけでは決して無いのです。本質への問いかけ…初めての場所、初めての彼ら、初めての実習の中で緊張も伴った上、こうした大きな命題を問いかけられる…大変な事ではあったと思います。

 「今」解らないことがあったとしても、これからの長い道行きの中、何かの折りにこの場所での実習で「見つめたもの」「聞いた言葉たち」を拾い集めてもらえればと願っています。2週間の実習、ご苦労様でした。

■2010年09月06日(月)  藍里病院へ
dc090738.JPG 807×605 57K 今日も忙しかった街の中の喫茶店を抜けて、夕刻「藍里病院」に出向いてきました。吉野川沿いの南岸道路を東へ、旧吉野川が流れる河畔に藍里病院はあります。久保院長先生から数日前に連絡が…秋に院内で予定されている「学習会」で講演をして欲しいとの依頼でした。講演会の打ち合わせも含め懐かしい場所に包まれての時間、久保院長先生や鬼原先生とあれこれ「懐かしく」話をさせて頂きました。
 初めての徳島、初めての精神病院、そして初めて向かい合った精神に病や障害を抱え持った幾重もの人たち、全ての始まりは「この場所」からでした。

かれこれ20年になろうとするこの街での歳月、少しばかり歳を重ねた雰囲気の先生方と重なるような自分自身、変わった事そして変わらないこと…「あの頃」と同じように精神科医療に関する様々な話を交わしゆく…そんな先生方との再会の時間ともなりました。入院されている患者さんや外来の患者さんとの関わり、家族の下への訪問、社会復帰施設が法定化された時代下でのディケアや生活訓練施設(援護寮)の創設、そして訪問看護など…「必要なもの」を「形在るもの」へと進めていったあの頃が鮮やかに蘇ってきます。かれこれ20年の歳月を経た「今」…この場所でHEARTLANDの活動を行っている確かな理由は、藍里病院という場所に立てたこと…それが僕自身の「全て」の始まりの「意味」でもあります。

 よもやま話を含めた先生方との話題は、今一番脚光を浴びつつある「ACT」や「精神科医療の未来への模索」等あれこれ…尽きることのない熱い想いは、長き道程を歩み闘い続けて来られた先生方の総括であると共に、何一つあの頃と変わらない激しい「熱情」の様にも響きゆきました。「先生も歳ですからぼちぼちと…」「きっと疲れもあるはず、しっかり寝て下さいね」「このロールケーキが大好評なんですよ、甘い甘いロールケーキを食べてしっかり疲れを癒して下さい」あの頃と何一つ変わらない「笑顔」でそっと微笑み返して下さいました。

  藍里病院 web http://www.aizato.or.jp/

■2010年09月05日(日)  仁木社長さんとの出会い そもそも…
dc090569.JPG 807×605 111K 昨日ご招待を頂いた「大バーベキュー大会」の余韻覚めやらぬ今日、あらためて昨日頂いた時間を振り返るとき、本当に嬉しい「出来事」である事を実感するばかりです。

そもそも仁木社長さんとの出会いは、今を遡る事かれこれ4年前の事となります。石井町の社会福祉協議会主催の「精神保健ボランティア講座」に呼ばれ講演会を実施、ハートランドや街の中の喫茶店あっぷるの活動を紹介させて頂く、そんな機会がありました。そしてその講座を受講されていたのが仁木社長の奥様、そして講演会を企画して下さって石井町社会福祉協議会の芳川さんの計らいで、仁木社長・徳島北ロータリークラブからご寄付を賜った事が、出会いから今に至る「始まり」でした。

 その後、事あるごとに色々な機会の中、私たちの活動を支援下さっています。昨日の大バーベキュー大会、そして年末籠屋町商店街でも恒例となった「徳島北ロータリークラブ主催・チャリティー餅つき大会」常に私たちの活動を側面から支援して下さる、大きなお人柄の仁木社長さんでもあります。人の中でそして街の中で日々の活動を行っていると、こうした素敵な出会いが時にあります。たくさんの人に支えられてのHEARTLAND あらためて仁木社長さんに心より感謝御礼申し上げます、ありがとうございました。

■2010年09月04日(土)  仁木社長さんと 大バーベキュー大会
今年もお招きを頂いた徳島中央特車・徳島北ロータリークラブ・仁木社長さん主催の「大バーベキュー大会」昨年同様の会場となる徳島市沖ノ州マリンピアに出向いてきました。いつもいつもハートランドの活動に多大なるご支援やご協力を下さっている仁木社長さん…メンバー・スタッフ共々に本当に素敵な時間を過ごさせて頂きました。昨日は昼過ぎに喫茶店にメンバー・スタッフ全員集合、バーベキュー時に皆さんに提供するおにぎり作りから準備がスタート、一つ一つに感謝の想いをこめながらのおにぎり作りは、昨年同様銀紙に包まれた「当たり券」が内封…ハートランドからの感謝の意を込めたささやかなお返しです。

 Forty Soundのバンド演奏も昨夜はバッチリ…仁木さんの熱唱となった「とんぼ」徳島児童ホーム山崎園長の「心の旅」そしてフィナーレは大勢で「踊るポンポコリン」流れる汗と熱唱…ステージは華やいだ楽しい雰囲気となりました。前もって段取りをしていたRoll Cakeネタを仁木さんとスタッフ小西がプレゼン…用意した一口のロールケーキを仁木さんがステージ上でパクリ「美味しい…」そんな絶叫?に間髪いれずに少年ナイフの「ロックンロールケーキ」を演奏…楽しいLiveとなりました。今年もステージはトレーラーの上、さながらRolling StonesのBrown Sugerのプロモ同様…これまた心躍る楽しいステージ忘れられない素敵なLIVEとなりました。

 仁木社長さんのお人柄に全て括られているような社員の方々の温かな持てなしの数々、たくさんたくさん今年もみんなでその「想い」を頂く事となりました。「人は人を想う」世知辛い世情にあってもまだまだ「世の中捨てたものじゃない」そんな想いにも駆られゆきます。仁木様はじめ関係者各位の皆様方に感謝御礼申し上げます、ありがとうございました。
grp0905194309.jpg 1280×191 162K

■2010年09月03日(金)  BONAPETITO!! SUGATTiii
P9031203.JPG 807×605 101K 本当にひょんな事からツイッター…今徳島で最も旬なイタリアンレストラン「SUGATTiii」のご主人、シェフの管さんとハートランドが出会うことになりました。ツイッターでの少しのやりとりが大きな出会いのきっかけ…これまた今の時代を象徴するような偶然の中、嬉しい「出会い」となりました。忙しい街の中の喫茶店をメンバーと一緒に引き受ける中、スタッフの小西と阿部が素敵なお店に出向いてきました。(詳細は喫茶店のブログ)
 ツイッターの中で「籠屋町ロール」と管さんが命名して下さったロールケーキを数本持参…美味しいランチ共々に素敵な管さんやSUGATTiiiのスタッフの方々であったとの様子…本当に嬉しい事です。

 「えぇそんな有名なお店に私の作ったロールケーキが…」留守番の最中、ロールケーキ作りを一手に引き受けている女性メンバーのKさんの言葉…ロールケーキを巻く手にも自然と喜びと力が入っていきます。「嬉しいなぁ…嬉しい、頑張ろうっと」軽やかなステップを踏みながらのロールケーキ作りとなっていました。
 忙しい日常を何処かで横に置いて「出かける」そうすると何かが動いたり近づいてきたりする…地域の中でこうした活動を行っている一つの醍醐味でもあります。
 今をときめく管さんやSUGATTiii…私たちの活動や私たちのロールケーキを手にとって下さる…その事だけで充分過ぎるほどに幸せな事です。延期となっている「夏の打ち上げ」みんなでBONAPETITO!! SUGATTiiiに出かけて美味しい食事を頂こう…みんなに提案しながら幸せな一日が暮れていきました。

  SUGATTiii http://www.uma-e.net/tokushima/home/sugattiii/

■2010年09月02日(木)  NHK徳島放送局 野辺ディレクターと
P9021188.JPG 807×605 70K NHK徳島放送局のディレクター野辺さんが街の中の喫茶店あっぷるに来て下さいました。昨日電話で連絡を頂いての今日、早々にあっぷるまで足を運んで下さいました。用件はまだ企画立案の段階ではあるのですが、NHK教育テレビ・毎週金曜日の午後8時からオンエアされている「きらっと生きる」の番組制作に関しての事…ハートランドのWEBやブログ等でこの場所の活動に目を通して下さった上での来所、色々と喫茶店の日常について話をさせて頂く時間となりました
 NHK徳島放送局には活動当初の頃から色々とお世話を頂いてきました。北島田での活動の取材も幾度となく…以前NHK徳島放送局があった前川のスタジオでは、生出演
の形で活動のあれこれを紹介させて頂いた…そんな事もありました。

 スタッフも交えてあれこれと野辺さんと言葉を交わさせて頂きました。あっちへこっちへ色々な話の隙間を埋めるように、あっぷる恒例の「フルコースお接待」がスタート、ロールケーキに始まりハンバーガー、そして抹茶ミルクプリンと一通りのメニューを試食して下さいました。「ロールケーキとっても美味しいです」そんな嬉しい言葉と共に箱入りもお買い上げ下さいました。まだまだ企画の段階、実際に取り上げて頂くことに相成るかは別としても、嬉しい出会いの時間となりました。あっぷるの女性メンバーKさんにもインタビュー…街の中の喫茶店あっぷるの一つ一つに丁寧に対応して下さいました。今日の出会いに感謝申し上げます、ありがとうございました。
       きらっといきる http://www.nhk.or.jp/kira/

■2010年09月01日(水)  今日から9月 September そして…
iPadUSB_02.jpg 640×480 38K  今日から9月、新しい月となりました。Septemberと言えばどんな曲かな?
そんなのんびりした事も考えてしまう今日は「休日」September…皆さんはどんな曲がImageされ口ずさみますか…僕はリアルタイムに時を重ねたTulipのSeptemberかこれまたリアルタイムだった竹内まりあのSeptemberかな…まぁいずれにしても他愛のない事ではあります。あっぷるのメンバーも今日は1日のんびりと「休息日」まだまだ残暑厳しい夏の終わり、普段汗を流しながら一生懸命に頑張り続けてゆく彼ら、新しい月の新しい一日、自宅でのんびりと過ごして欲しいものです。

 終わりゆく夏の中、街の中の喫茶店では密かに色々な事柄が準備検討されつつあります。それ程大袈裟な話題でもないのですが、最近巷の話題を席捲?している「I Pad」8月に購入をしたのですが、このIpadを使って喫茶店内でのプレゼン企画をあれこれ思案中…喫茶店内の壁にディスプレー…I Padのアプリケーションを使って写真や動画を再生、今日のメニューやお弁当製造風景、メンバーからのメッセージやHEARTLANDからのお知らせ等、色々とインフォメーションや広報のツールして大活躍出来そうなI Padでもあります。I Padの活用に併せてI Phoneも活用…Appleの回し者では決して無いのですが、これまた今話題のユーストリーム(動画LIVE発信)も計画中、Roll Cakeの製造風景や店内様子をライブ撮影し配信、お客さんからのメッセージも織り込んだ発信が出来ればと思っています。ロールケーキの全国発送、それに併せる形でユーストリームを有効な「広報活動」の一つにして行きたいと思っています。

 さてさてどうなる事か…まだまだ独り言やツイッター(つぶやき)の段階ではあるのですが、少しだけお楽しみにお待ち下さい、現実的に思案準備を進めていきたいと思っています。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記