[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2011年02月28日(月)  2月も今日で終わり もうすぐ3月
dc022823.JPG 807×605 100K 本当に早いもので2月も今日で最後の一日となりました。28日間、いちご大福やRoll Cakeと一緒に駆け抜けたような2月の暦でした。温かさが日ごと増しゆく中、いちご大福の販売もあと少しといった所となりました。気がつくと3月の年度末、近々予定されている県担当行政課からの指導監査を終えると、一気に年度末の3月に突入していく事となります。新しい年度に向けての今年度の総括…理事会や評議員会の開催、今年度の決算処理や事業総括、そして3月末の数日を掛けて行う棚卸作業、2月以上に加速度的に進みゆきそうな3月の予感です。

 先日収録のあった四国放送番組「ゴジカル」から連絡があり、放送は3月10日の番組内と決まりました。日替わりランチやRoll Cakeの様子が番組で取り上げられていく事となります。ぜひ3月10日「ゴジカル」をご覧下さい。

 あみ全国大会の徳島大会実行委員会が3月5日に開かれる予定、今回で実行委員会も3回目を数える事となります。先日開いた現地徳島の実行委員会、その折りに色々と協議したプログラム案等をあらためて提示、全体での議論確認を経て正式なものへと進めていく今回の会議となりそうです。大会プログラムが正式決定を経た後、県市関係機関・関係団体への大会後援依頼を行う事としています。随分先とのんびり構えていた7月の全国大会もすぐ近くの事と思うような日々になって来ました。
 明日明後日と街の中の喫茶店あっぷるは休業、木曜日からまた通常の営業活動にと戻っていきます。

■2011年02月27日(日)  2月も残すところあと少し
dc022808.JPG 807×605 129K 気がつくと本当に早いもので2月も残すところあと少しとなってしまいました。今日は日曜日という事で喫茶店はお休みなのですが、スタッフは全員朝の早い時間から出勤し一日「行政監査」に向けての書類整理や日常積み残した「業務」にかかりっきりの一日となりました。あっぷる近くのボードウォーク沿いで盛況を見せている「とくしまマルシェ」その余波か商店街・喫茶店前の籠屋町もたくさんの人の波でした。「とくしまマルシェ」は毎月最後の日曜日に定期開催、3月の開催時にはそれにあわせる形であっぷるも営業を行えたらと思っています。いちご大福も師走を前にして販売の期間も後少しとなって来ました。寒い季節が一番旬な「いちご大福」今年の販売も気候を眺めながら後少しです。

 昨日の土曜日は色々なお客さんが喫茶店に…いつもいつも温かな言葉や応援を下さる「まえださとし」さんご夫妻が喫茶店に来て下さいました。素敵なお人柄のお二人と音楽…今年も精力的に夫婦デュオとしてあちこちで歌い続けています。ご自身のブログに今日の事を早々に書き込んで下さっていました。いつもいつも温かなお心遣い…感謝申し上げます。

 まえださとし http://blogs.yahoo.co.jp/snowynight1960/23789406.html

 そしてそして何と広島から突然のお客様が…広島市のカープクラブの高杉さんと脇田さん、前日の夜に突然のメールがあり「明日お店開いてる…」の文字、きっとまさかと思いながらの今日、遠路はるばるたくさんのお土産を持ってみんなの前に登場して下さいました。あっぷると同様の福祉サービス事業所のスタッフとして従事されている高杉さんに脇田さん、嬉しい再会の時となりました。たくさんのお客さんかぜ来て下さる様になったあっぷるの土曜日、にぎやかな人たちの顔があっちにこっちに臨席していました。遠い広島からの日帰り、どうもありがとうございました。

■2011年02月26日(土)  月刊タウン情報トクシマ 3月号
1103tautoku.jpg 599×847 242K 昨日コンビニや書店で販売となった「月刊情報誌トクシマ3月号」にまたまた街の中の喫茶店あっぷるの記事が大きく掲載されています。今回は少し前に同様のタウン情報誌CUに掲載されていちご大福ではなく、日替わりランチとRoll Cakeの記事が…昨日の四国放送といいここ何回か連続する形で、色々なメディアに活動の紹介掲載を頂いています。販売されてすぐの雑誌を手に取り、あっぷるのみんなと一緒に笑顔のまま眺めゆきました。みんなが喫茶店前に集合しての写真も掲載、メンバーみんなが嬉しそうに文字を追っていました。

 街の中の喫茶店あっぷるは、何度も書き記してきた様に障害や病、そして色々なハンディーを抱え持った人たちが集い来る場所…喫茶店内にもHeartlandのパンフレットやPopチラシにもそうした「訳」を常に書き綴って来ました。と同時にそうした部分からの共感や感銘だけではなく、街の中に人の中にあるごく普通の喫茶店というスタンスも一つの指標…安くて美味しいランチが食べられる店、けれどそこに働いている人たちは色々な障害を抱え持っているという事への気づき…後先の順序は対比的であったとしても、そうした二つの「色合い」を時に考えながら日々の活動を継続させて来た事には違い在りません。今回のタウン情報誌トクシマといい、Cuといい「障害者」「福祉」といった文字は誌面には全く見あたりません。街の中のある一つの喫茶店として、美味しいお店として紹介掲載されている…あれこれ想いゆく中に新しい「喜び」を感じゆきます。コンビニや書店にて販売されています、ぜひ一度ご覧になって下さい。

  月刊タウン情報誌トクシマ http://medicomm.jp/category/0331085.html

■2011年02月25日(金)  四国放送 ゴジカルの取材撮影
100OLYMP.jpg 800×500 139K
 今日の午後、四国放送の夕方の番組「ゴジカル」の皆様が街の中の喫茶店あっぷるに撮影取材に来て下さいました。報道制作局報道情報センターの豊山さん、そして番組に出演されているキャスターの井手さん、そして撮影クルーの皆さんが夕方遅くまで喫茶店の日常を切り取るように取材撮影をして下さいました。四国放送の方々には今までも何度もお世話になり、色々な形での広報機会を頂いてきました。3年ほど前の北島田あっぷる閉店時にはドキュメンタリーの様な絵柄で活動を切り取って下さいました。時同じく街の中の喫茶店あっぷる改修・リニューアルオープンの折りには、スタッフ・メンバーと一緒に四国放送「おはようとくしま」のスタジオに生出演、Heartlandの活動を紹介頂く番組に出演させて頂きました。今日は「ゴジカル」の番組の中で、あっぷるの日替わりランチとRoll Cakeを取り上げて下さる事となり、長時間に渡っての撮影や取材を行って下さいました。
 
 今日の昼時は今まで見たこと無かった様な「満席」状態…喫茶店の外で何人ものお客さんが列を成して待っている程の景色でした。忙しい昼時を切り抜けた後の取材…ツイッター越しに知り合うこととなった安田さんや毎日新聞記者の井上さん、いつもお世話になっているイラストレーターの西山きんこさんなどなど…たくさん方々に見守られながらの撮影ともなりました。メンバーが日替わりランチを運び、キャスターの井手さんが微笑みながら食べてコメント…目映い程のライトと共に浮かび上がる非日常の様な嬉しい光景に、あっぷるのみんなも感激した様子でした。

 こうした機会を頂く事によって、また一人の道行く方ががこの場所を知って頂ける…街の中の喫茶店あっぷるの「意味」や「訳」を手に取り眺めて下さる…何より私たちにとって嬉しい出来事となって行きます。一生懸命頑張る「彼ら」の日常をが、こうした機会の中に一つ一つの「誇り」や「喜び」となっていく…彼らにとっても嬉しい出来事となって行きます。「ゴジカル」での放映予定日は3月10日の予定、番組の中で今日の様子が放映される事となります。
 今日のこうした機会を頂きました事、四国放送の皆様に心より感謝御礼申し上げます、本当にありがとうございました。

■2011年02月24日(木)  行政監査が間近に
P2244013.JPG 807×605 77K 気がつくとあっという間、本当に「二月は逃げる」の言葉通り、あと数日で3月となります。ここ数日は徳島も温かな日続き…このままでは決してないだろうけど確実に季節は春に向かってといった所です。

相変わらず忙しい街の中の喫茶店あっぷる、その多忙さの中にあって来週予定されている県担当行政課からの「指導監査」に向けた書類の整理等をスタッフが連日行っています。社会福祉法人・社会福祉施設としての街の中の喫茶店あっぷる、担当行政である県健康増進課からの指導監査は定期的に行われゆく事、施設運営・法人運営、そして施設運営費や授産会計等の適切な会計処理や運営執行等、きちんと指導を頂く事で、より良い社会福祉施設としての運営を行って行っていく事は、社会福祉施設として当然果たすべく「義務」でもあります。より良い施設運営に向けての「指導監査」にきちんと備えたいと思っている次第です。

 明日は午後に愛媛県の方々が多数喫茶店の見学に…今日から開催されている「家族会・四国ブロック大会」に参加された愛媛のスタッフの方から「ぜひあっぷるを見学させて下さい」との連絡が入りました。そして明日は四国放送「ゴジカル」の撮影取材も13:30から予定されています。日替わりランチやRoll Cake あっぷるを取材撮影して下さり、後日「ゴジカル」の番組に於いて放送して下さる事となっています。ぜひお時間のある方、午後街の中の喫茶店あっぷるにお越し下さい。

今日の画像は「Humberger」美味しそうでしょう…Popチラシ作成の為の撮影を兼ねて試食…久しぶりに食べたHumberger…自画自賛ですが本当に美味しいですよ、全てソースもパティも手作り、ぜひ一度食べて見て下さい。Roll Cakeに負けず劣らずの美味しいHumbergerです。¥350 ドリンクとのセットは¥550 学割もありますよ¥50 Off

■2011年02月23日(水)  真野元四郎先生との再会
P2233977.JPG 807×605 105K 突然の電話が鳴ったのは夕暮れ間近の頃、携帯電話の向こう側からは線路を走る列車の鼓動が…真野元四郎先生からの電話でした。「少し用事が早く終わって徳島に着くので貴方の所に行こうと思って…今どこにいる」そんな短いやりとりを交わした後間もなく、先生が街の中の喫茶店に立ち寄って下さいました。今日の来徳は明日から徳島市で開催予定の「家族会・四国ブロック大会」その講演講師としての事…懐かしい先生との再会の時となりました。
 
 大阪で長きに渡り保健所の精神保健相談員(PSW)として従事、全国に知らない人はいない真野先生、徳島との結びつきはあれこれと深く、近い所では精神領域のケアーマネージメントのレクチャーを徳島県下に施したのも真野先生でした。先生との出会いは遠い遠い昔、精神科医療機関で勤務していた折りからの「憧れ」の存在でした。精神保健福祉士の国家資格化に伴い設立された川崎医療福祉大学は、精神保健福祉士を養成するパイロット機関としての大学であり、その教授として着任されたのが真野先生でした。何度か大学の寮がある倉敷にもお邪魔し、得意の手料理をご馳走になった事も幾度となくありました。Heartland設立当初も色々と事あるたびにお会いする機会があり、そんな当時から今日まで変わらないお付き合いをさせて頂いています。

 川崎医療福祉大学を退職されて次に赴任されたところは福井県立大学、そこも今年定年という事で今は悠々自適? 先生がフィールドとして福井で設立されてた地域生活支援センターと過ごしゆく日々にあります。「もう少ししたら福井を離れようと思っている、兵庫に帰って癒しの里を作ろうかと思って…土地も借金で購入したしそこで野菜を栽培して料理を出すのが夢…」子供の様な笑顔で話して下さいました。それからもう顔馴染みとなったあっぷるのスタッフへのレクチャーあれこれ…「何時だって僕は反対される事ばかりに囲まれながらそれと闘ってきた」「あっぷるのスタッフとしてどうあればいいですか…」「好きな事を好きなようにやったらいい…それだけ」シンプルな先生の言葉は、長い道程を歩んできた人生の重みそのもののように響きゆきます。「また福井に遊びにおいで」変わらない人は変わらない大きさのまま、目の前に変わらない「生き方」を示し続けてるかの様で、素敵な先生との再会の一日となりました。

■2011年02月22日(火)  お店のミカタ 街の中の喫茶店あっぷる WEB
P2223972.JPG 807×605 89K リクルートが運営するサイト「お店のミカタ」に今日新しくHeartland・街の中の喫茶店あっぷるのHome Pageを立ち上げました。今見て下さっている従来のHome PageやTwitter同様のコンテンツや記事となりますが、新しい形での広報活動を進めて行ければと考えています。福祉サービス事業所という事で、通所するメンバー一人一人にどう関わり、それぞれのメンバーの「未来」への共同作業を行いゆく事は言うまでも無い事ですが、一人でも多くの方々に街の中の喫茶店の日常や頑張り続ける「彼ら」の日常を伝えてゆきたい…同じ質量の「想い」は常に溢れゆきます。
 
 私たちは障害やハンディーを抱え持った彼らの側にあって、常にそうした人たちの存在や社会福祉の今日的状況を知り得てはいますが、道行く人全てが決してそうではないと言うことも知り得ているつもりです。同じように朝が始まり、同じように夕暮れに包まれる一日の時間の流れ、同じ街に暮らす互いであっても「決して同じではない」彼らの状況がきちんと隣接しています。お弁当販売や街の中の喫茶店の活動を通じて、色々な広報機会を通じてそうした一つ一つを提示して行ければと思っています。

 「お店のミカタ」新しいHome PageもこのWeb同様にのぞいて頂ければ幸いです。ホットペッパーとの連携という事でもあり、これをきっかけに「クーポン」も少し準備して行ければとも考えています。日々新しい情報を発信して行きますのでどうぞどうぞ宜しくお願いします。

 「お店のミカタ」街の中の喫茶店あっぷる http://heartland-apple.on.omisenomikata.jp/

■2011年02月21日(月)  広島 NPO法人 ウイングかべとの交流機会
P2213964.JPG 605×807 133K 先月講演のために出向いた「広島県精神保健福祉士協会」の研修会、その場で一緒に鼎談を行った「ウイングかべ」の佐々木先生、その後も色々と連絡を取り合う形が今日まで続いています。佐々木先生のお人柄も含めて、素敵な活動をなされている様子は一瞬にして解りました。「ぜひ近々…」と同じように言葉を交わしたのがその時の事でした。早々に連絡が入り3月には佐々木先生やウイングかべのスタッフの方々が街の中の喫茶店あっぷるに来て下さりそうな様子です。ここはせっかくの機会でもあるので「街角の精神保健福祉を考える集い」として佐々木先生に講演をお願いする形でお迎えが出来ればと考えているところです。ご多忙な様子であり、3月の講演会は先生の来徳の日程が決まり次第、お知らせ出来ればと思っています。

 新年度に入った5月、あっぷるのみんなと一緒に広島に出掛ける予定も計画が進みつつあります。金比羅パスを貸し切っての一泊旅行、ウイングかべの可笑屋の施設見学、そして野球観戦も含めた広島観光、みんなで出掛ける一泊の楽しい時間を準備して行きたいと思っています。「地域おこし」をキーワードにした素敵な活動の数々、ホームページからもその様子は伺い知れます。5月の施設見学をみんなと共に楽しみにしたいと思っています。
 
 NPO法人ウイングかべ http://wing.kabe.rgn.jp/blognplus/index.php?c=14-

 あっぷるは2月最後の一週間に突入、相変わらず忙しい昼時に加えて、ロールケーキもたくさんの方々がお買い上げ下さっています。Twitterにも嬉しい書き込みが…いちご大福も温かくなる春を目前に、あと少しの期間での販売かなといったところです。1週間前の大雪から一転、温かなここ数日が続いている中、変わらずに頑張るメンバーみんなの姿が今日もあちこちにありました。まだまだでしょうが、季節は春に向かってといった今日この頃です。

■2011年02月20日(日)  のんびりまったりの日曜日
P2193944.JPG 605×807 89K 昨日深夜遅くまで開かれたあみ徳島大会の現地実行委員会、その翌日の日曜日となった今日は、本当に久しぶりに全てを放り投げてゆっくりのんびりとあえて時間を過ごしました。見える形で見えない形で絶えず行われ続けていく「思考」、時には息抜きの意味で「何も考えない時間」をSETしていく事も必要かなと…そんなこんなで今日は一日のんびりと過ごしゆく日曜日と朝から決めて過ごしました。忙しい毎日をくぐり抜けるように過ごしゆくあっぷるのメンバーも同様、休日の日曜日はゆっくりとそれぞれが家族の一員としての時間を過ごしている事と思います。

 昨年9月頃から始めたTwiiter…色々な形で大きな意味を成し始めています。新しい人との出会い、新しいお客さんとの出会い、こちら側が想像しているより遙かに多数の方々が街の中の喫茶店あっぷるのTwitterを見て下さっています。日常の活動の一コマ一コマを出来るだけ呟き続けて行ければと思っています。

 Twitterに併せる形でこれまた今話題の「Facebook」のアカウントも立ち上げました。こちらは実名という事でのネットワーキング…Heartlandの事柄を織り交ぜながら一つのコミュニケーションツールとして有効に活用出来ればと考えています。今日は本屋に出向いて「Facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ」を購入、ページをめくりながらFacebookの使い方を学び取り、より良い形での活用につなげたいと思っています。もう少し整えばTwiiterとリンクさせながら一つの「広報ツール」として継続して行ければなと思っています。
 
 明日からまた新しい1週間、この前始まったばかりと思っていた2月も最終週、本当に「逃げる」の言葉通り早いものです。25日には四国放送「ゴジカル」が取材撮影に…日替わりランチやRoll Cakeを番組で取り上げて下さる予定となっています。週末金曜日からはあみの理事会で大阪に…3月を迎えればすぐに「行政監査」と年度末の3月末に向かって忙しい日々は連続されています。

■2011年02月19日(土)  あみ 徳島大会 第1回 現地実行委員会
P2193959.JPG 807×605 87K 今夜18:30から街の中の喫茶店あっぷるで、来る7月開催のあみ全国大会・徳島大会に向けての第1回現地実行委員会を開催しました。全国大会開催に向けて四国4県からの実行委員の方々との会議は2ヶ月に1度開催し、今までに既に2回会議を開きゆきました。来月5日にはその会議の3回目が徳島市千秋閣にて予定されています。その会議とは別に徳島の実行委員のみが集まっての会議を今日、初めて行う形となりました。7月ま大会開催と言ってもスケジュール的には押し迫ってきた観があります。2日間の大会プログラム・大会テーマそして色々な大会企画や色合いなど、急ぎ「決めなければならない事柄」も山積されており、現地徳島の実行委員で細かい協議を行う必要性が生じて来た状況と言うことです。

 それぞれが仕事を終えて集まった喫茶店、大会プログラム案についての協議やテーマの決定等についてあれこれあれこれ…本当に尽きることない程の長い時間の会議となりました。障害を抱え持った人たちが地域で暮らすということ…四国や地方の現状に鑑みての一つ一つ…激動の福祉状況にあって「今」何を見つめ考えるべきか…何より全国から集まって下さる多数の参加者の方々に、明日につながる活力として再生されるような時間の用意などなど…実行委員の皆さんからたくさんの「想い」を聞かせてもらう事となりました。この形での会議は四国4県からの実行委員会と平行する形で毎月開催する事としました。7月の大会に向けて、現地徳島で「想い」ある方々の参画も含めながら会議を重ねて行きたいと考えています。

 長い議論の末に大会テーマも決定、2日間のプログラムもほぼ決まりました。細かい色合いへの確認を進めながら一枚の大会パンフレット作成に向けた作業を急ぎ進めていきたいと思っています。お集まり頂いた実行委員の皆さん、本当に遅くまでお疲れさまでした。

■2011年02月18日(金)  あっぷる特製 日替わりランチ 
P2183938.JPG 807×605 100K 毎日毎日みんなが作り上げるお弁当、店頭で販売されるお弁当には毎朝メンバーのみんなが交代で「メッセージ」を書き記し、その紙をお弁当の帯として包装して行きます。日々みんなが想っている事やあっぷるからのお知らせ…季節季節の色々な常套句も織り交ぜながら、一人一人が個性のある文字を書き綴っています。お弁当が完成し店頭で販売がスタートするのが概ね11時、その前後して店内用の「日替わりランチ」の準備が平行して行われていきます。「日替わりランチ」とその日のお弁当は基本的に同じメニューなのですが、店内用はお膳がお盆に乗った形で準備を進めていきます。一品多いサラダも一緒に…出来るだけオーダーが入ってから「熱々の」という事で、レンジでおかずを温めたり、揚げ物などはその場で揚げの調理が行われていきます。味噌汁も併せて注文下さるお客様も多数、卵入り・卵なしとそれぞれのオーダーに応えて調理や準備がバタバタとなされゆきます。

 日替わりランチは¥450 日々常連のお客様が同じ時間に同じ場所に座り、12時を回る昼時は「満席」状態となって行きます。値段が安いということ…全て手作りということ…そして何より一生懸命に頑張る「みんなの姿」が付加価値となり、たくさんのお客様が毎日あっぷるに立ち寄って下さっています。

 間もなく発売されるタウン誌「タウとく」3月号にはあっぷるの日替わりランチが掲載される事になっています。先日「CU」に掲載されたRoll Cakeなどあれこれ…タウン誌に取り上げて下さる機会は後を絶ちません。間もなくコンビニや書店で販売される「タウとく」ぜひ手にとってご覧頂ければ幸いです。そして今日は四国放送から取材の連絡が…午後5時から毎日放映されている有名番組「ゴジカル」であっぷるの事を取り上げて下さるとの事、本当に嬉しい限りの事です。今月末の予定となった取材、放映も含めてまた詳細が決まり次第、みなさまにお知らせ出来ればと想っています。「ゴ゛ジカルすごいなぁ、すごいすごい」メンバー全員が喜んだ事は言うまでもありません。こうした一つ一つがまた明日からのエネルギーとなり、彼らの背中を押し続けてゆく事となります。

■2011年02月17日(木)  障害者基本法改正 あれこれ
P2143870.JPG 807×605 95K 障害者基本法の改正案が今国会に提出されます。障害者施策のあり方について議論してきた「障がい者制度改革推進会議」に法案要綱が示される事となりました。内閣府は14日「障害者基本法改正案」を提示、法改正案では「障害者」の定義を身体・知的・精神等の障害があり、社会的障壁によって日常や社会生活に「相当な制限を受ける状態にある」人としています。「障壁」とは社会における事物・制度・慣行・観念その他一切とし「障害」が個人の責務ではない旨を明記する定義となっています。
 
 そもそも障害者基本法の改正が求められているのは、2006年の国連総会で採択され、08年に発効した障害者権利条約批准のためです。「21世紀最初の人権条約」といわれる障害者権利条約は、すべての人に保障されるべき普遍的な人権と基本的自由を、障害のある人に差別なく完全に保障することを締約国に求めています。日本は07年に署名しましたが、批准はまだです。自公政権時代の09年、政府は一部の法の手直しで批准を狙いましたが、障害者団体は猛反発。障害者自立支援法の廃止を含め、条約批准にふさわしい国内法整備を求めました。障害者施策の基本となる理念や障害の定義などの基本事項を定めているのが障害者基本法です。権利条約の精神を基本法に反映させることは、条約を批准し、日本の障害者施策を国際水準に引き上げるために欠かせない事でもあります。

 障害者施策見直しの議論は、政府内に置かれた「障がい者制度改革推進会議」で昨年1月からすすめられてきました。委員24人のうち14人が障害者や家族です。こうした委員構成は障害者らの運動の反映です。障害者らは障害者自立支援法の反対運動をすすめ、同法は憲法違反だとする訴訟を全国で展開。その結果、政府は昨年1月、自立支援法違憲訴訟団と基本合意を結んだ…そんな経緯を経ての事です。

 推進会議の「第2次意見」は「障害の有無にかかわらず地域社会で共に自立した生活を営むことが確保された」社会実現のために障害者基本法の見直しが行われるべきだとしています。また、すべての障害者が「基本的人権の享有主体」であり、その権利を実現するために「自立と社会参加を保障するための支援が必要」だとしています。何が障害かは社会環境によって決まるという視点を明らかにし、制度的支援を必要としながら対象外とされる障害者を出さないように、障害の定義の見直しと支援対象者の拡大などを求めています。

 法として…暮らしゆく人の権利保障としていかに在るべきか…慌ただしい街の中の喫茶店の日常を踏まえながらしばしきちんと考えてみたいと思っています。

■2011年02月15日(火)  大雪の翌日 いつもの街の中の喫茶店あっぷる
P2143888.JPG 807×605 119K 昨日に降り積もった雪も今朝までは長引かず、少し温かな朝となりました。降り積もった雪が凍り路面が凍結したままの朝だと、今日の喫茶店営業もどうしたものか思案の一日だったのですが大事に至らずに良かったです。あっぷるのメンバーもいつもの時間にいつもの様に通所、昨日と同じ一日の始まりとなりました。それにしても数年ぶりの大雪とか…めったに雪の降らない徳島では特別な昨日となりました。あっぷるは今日も忙しい店内、いちご大福の製造やロールケーキ製造もフル回転、店内も満席の昼時…もう見慣れてしまった昼時の忙しさとなりました。昨日とは違って温かな一日、店頭でのお弁当販売もみんなが頑張って行っていました。

 今週末の土曜日にあみ全国大会IN徳島の実行委員会を開く事になっています。今回の会議で大会2日間のプログラム案を提示、あれこれとみんなで議論を重ねながら3月5日の実行委員会にて決定としたいと考えています。今日は大会実行委員長の阿部が城西病院の井上院長先生(徳島県精神病院協会長)を訪ねて、徳島大会の進捗状況の報告をさせて頂きました。遙か遠い先の事と眺めていた7月開催の全国大会も、気がつくともう後5ヶ月足らず、プログラム確定→関係機関行政への後援依頼→大会パンフレット作成印刷→全国発送とタイムスケジュールは随分と差し迫って来た観さえ覚えゆきます。四国4県という事、徳島らしい大会…色々なコンセプトを吟味しながらより良い大会の構築をみんなで行っていきたいと思います。

 いつもお世話になっている西山きんこさん、あみ全国大会IN徳島のイラストやポロシャツデザイン、その他あれこれのプロデュースをお願いする事としています。きんこさんの素敵な絵が散りばめられたそんな徳島大会になればとも思っています。写真の昨日のバレンタインデー…一人一人のメンバーに、スタッフが愛情たっぷりのメッセージをデコレーションしてプレゼント…その時の風景です。

■2011年02月14日(月)  White Valentine
今日はバレンタインデー…朝から集まってきたみんなも何かソワソワわくわくといった様子、ひっそりこっそりとそれぞれが用意したチョコレート、朝の会時に一人一人心を込めたチョコレートのプレゼントが行われていました。スタッフもメンバーにと手書きのメッセージをデコレーションしたチョコをプレゼント…みんなの笑顔が弾けたバレンタインデー朝の光景となりました。去年もメンバーに大好評であったメッセージ入りのチョコ、今年も昨年同様メンバー一人一人にスタッフが「想い一杯の心」を込めたメッセージ入りチョコをプレゼントしました。店頭でお弁当を買って下さるお客さんや喫茶店に来て下さったお客さんにもバレンタインチョコのプレゼントが…可愛い袋にラベルを貼って素敵な手作りチョコが一人一人に…「今日はバレンタインデーなのであっぷるからのプレゼントです」メンバーが笑顔と一緒にテープルを廻りゆきます。渡されたお客さんもサプライズに微笑み返し…心温まる街の中の喫茶店あっぷるとなりました。

 今日は遠く高知市からお客さんが二名来店、昨年末の忘年会に初め喫茶店に遊びに来て下さった高知市「さんかく広場」に通所するSさんとそのお友達、高速バスを利用して遠路はるばるの今日となりました。お昼ご飯を食べながらあれこれと雑談、ロールケーキの焼き上がりを待って高知に帰る予定だったのですが、午後から降り出した雪に予定変更…高速道路が雪のため閉鎖、慌てて時間を切り上げながらJRで高知への帰路に着かれました。またゆっくりとお会い出来ればと思います、遠い所からこんな寒い日に、ありがとうございました。

 昼過ぎから降り出した「雪」は見る見るうちに辺り一面を真っ白に染め上げていました。徳島では何年かぶりの「大雪」早々に喫茶店も閉めメンバーも急いで帰路に着きました。降り積もってゆく雪と寒さの増す夕暮れ、明日の朝がかなり心配ではあるのですが温かくそして寒さ厳しい…そんな二つが同席するバレンタインデーとなりました。
grp0215175754.jpg 1280×191 164K

■2011年02月13日(日)  1日ゆったりの休息日
P2123866.JPG 605×807 122K 今日の日曜日は終日「ゆっくり・まったり」とあえて何もせず何も考えずに過ごしゆきました。なかなか歳を取ると「疲れ」が抜けきれない身体となってゆく事を、悲しいかな痛いほどに実感する今日この頃、あえてあえて全部放り投げて「ゆっくり」と過ごして見ました。普段特別な事を常にしている訳でも無いのですが、思考する作業は常に…考え事がラインを超えゆくような時間が重なりゆくと、知らない間に「疲れて」ゆくのかも知れません。メンバーも今日はまったりゆっくりの休日のはず、明日の月曜日に備えてそれぞれに時間を過ごしている事と思います。

 明日月曜日はバレンタインデー、昨年スタッフが心を込めて用意した手書きのメッセージがデコレーションされた一枚一枚のチョコ、メンバーのみんな心から喜んでいた光景が思い出されます。さてさて明日はどんな一日になるのか、喫茶店やお弁当をお買い上げ下さったお客様にも特別なプレゼントが…ぜひぜひお楽しみにしていて下さい、きっと明日は「ちよっと嬉しいバレンタインデー」が用意されている事と思います。ぜひ街の中の喫茶店にお越し下さい。
 時間の経つのは本当に早いもので明日で2月もちょうど半ばに差し掛かりゆきます。3月に予定されている行政監査、徳島大会のプログラム決定、広島「ウイングかべ」佐々木先生の講演会企画、そして来週末は大阪であみの全国理事会に住まいと暮らしの研修会、大学での講義はひとまず春休みと言えどもたくさんの行事や予定が待ち構えています。年度末の3月も今年度の総括や決算、そして新年度に向けてのあれこれ…あっという間に新しい年度と春を迎えそうな気配、一つ一つの事柄をきちんとさばいて行きたいと思っています。

■2011年02月12日(土)  お弁当にいちご大福にRoll Cake…
P2123864.JPG 605×807 126K 先日のダイアリーに書き記した様に徳島のタウン誌CUに掲載された事もあってか、注文が後を絶ちません。店内でのお抹茶セットも含めてたくさんの方に好評を得ています。今日のあっぷるは風邪や体調を崩したメンバーが多数あって、いつもの人数に比べて少人数、その上に太陽と緑の会リサイクルからお弁当の特別注文もあって、朝から厨房は大忙しの様相を呈していました。福祉施設としての色合いは多少封印しながら、みんながそれぞれに任された役割ややるべき仕事をどたばたとこなして行きます。朝8:30からお弁当製造がスタート…9:00オープンの喫茶店の準備平行しながらのお弁当作りが11:0完成を目指して進みゆきます。今日はRoll Cakeの注文もたくさん…狭い厨房の中あっちへこっちへみんなが動き回りながらそれぞれの完成を目指しながら時計が進みゆきます。美味しいいちご大福も本当に今が旬、昨年と同様に今月いっぱい、何とかもって3月初旬といった所、ぜひお早めにご賞味下さい。

 昼時の忙しさが過ぎた頃、四国学院大学の学生中西さんが彼氏と一緒に喫茶店に来てくれました。今年1年講義を聞いてくれた学生、将来は「精神」の領域に就職したいそんな意向をきちんと持ち合わせた学生、街の中の喫茶店は今日が2度目となりました。お土産にとRoll Cakeを3本買って帰ってくれました。これから4月まで長い長い春休み、また時間があればみんなと一緒に過ごす形で喫茶店に来てくれればと思います。彼氏も含めて遠い所からどうもありがとう。

 来週19日はあみ(全国精神障害者地域生活支援協議会)徳島大会の会議を喫茶店で夜に開く事としています。今回は概ね徳島実行委員の方々に集まってもらっての時間、逆算したタイムスケジュールは大会2日間のプログラム内容を決定する時期にと差し迫ってきました。徳島四国という地方での大会、移りゆく福祉状況、今を読み解くために何を用意すれば良いのか、きちんとした議論を踏まえながら徳島大会の2日間を準備したいと思っています。四国4県の実行委員の方々に集まって頂く従来の実行委員会は3月5日が開催予定、いよいよ一つの山場へと差し掛かってきた…そんな状況への共有を思っています。
 昨日辺りから雪が交じり寒さの増した毎日、明日の日曜日はメンバー・スタッフもまったりゆったり「休息」の時として欲しいものです。

■2011年02月10日(木)  月刊タウン情報 CU 3月号 いちごスイーツ
1103CU.jpg 600×847 137K 今日コンビニや書店で発売ほやほやの「CU」3月号にあっぷるのいちご大福やRoll Cakeが大きく掲載されています。徳島ノ女性誌「CU」3月号の特集は「いちごスイーツ」その一つの記事としてあっぷるのいちご大福が紙面を飾っています。「売り切れごめん ファン待望のヒット商品」と大きなコピーの文字と共に、店内いちご大福ののぼりを前にしたメンバー・スタッフの写真がカラーで大きく掲載されています。「CU」編集部からはお弁当やRoll Cakeの注文もたくさん…「美味しい」といちご大福同様にRoll Cakeやお弁当も嬉しい程に絶賛して下さっています。

 しばらくお会い出来ていないのですが、編集部に在籍されている中野渡さん(四国放送ゴジカルに出演)遠い遠い昔、北島田であっぷるがお弁当を製造販売し始めた頃、確か同時期に創刊された新聞折り込み「SALALA」の取材という形で、中野渡さんが北島田あっぷるに訪ねて来て下さった…僕の記憶が定かであればそうであった様に覚えています。これまた間もなく販売される「タウン情報誌とくしま」今月号には街の中の喫茶店あっぷるの日替わりランチが掲載される事となっています。徳島の誰もが知るタウン誌…その誌面にあっぷるの事が掲載されるのはもう度々の事ですが、本当に嬉しい限りの事、メンバーも全く同様の想いであるはずです。

 京都の日々を置いて辿り着いた徳島の街、精神保健福祉の業務に従事する日々は20年を過ぎました。精神の障害を持つ方々や色々なハンディー障害を抱え持つ人たちとの日々にあって「啓蒙啓発」という事が常に言われ続けています。言葉を伝えゆく事…啓蒙啓発のための講演会や様々な取り組み…伝えゆく言葉は常に大切であっても、伝えゆく言葉には一つの限界みたいなものがあるように思えてなりません。言葉では無く「姿を見せること」「彼らと協働してゆく日々」がメッセージとなる事…姿在る光景が大きな説得力としてリアリティーを有していくこと…対局としてそんな事も想いゆくのです。

 「般化」「特化」という座標軸も同様…私たちはそうした「彼らの」側にあって、福祉状況であったり精神障害者福祉の現実を知り得ていますが、徳島の道行く市民の方々が全て「知っているか」と言えば決してそうでは無いという事…良い悪いという事ではなくどれもこれもが「一つの事実」である訳です。専門的なアプローチや専門的な言葉は「問題」や「一つ一つの事柄」を鮮明なまでに特化させて行きます。私たちが暮らしゆくこの徳島の街や日常に、障害を抱え持った人たちがたくさん「暮らしている」という事…「般化」させていくベクトルがもう片方の大切な事柄として必要となって行きます。

 特別な事では無いという風景…掲載された「CU」の誌面には「障害者」「福祉」といった言葉は見あたりません。タウン誌の誌面、他の素敵なお店や素敵なスイーツの写真と同席する形で、あっぷるのいちご大福やみんなの顔が並んでいます。あっぷるを利用している「彼ら」にきちんとした福祉サービスを提供する…言うまでもなくそれは私たちが為すべき命題や役割の一つである事は充分自覚しているつもりです。タウン誌に掲載されたあっぷるは、徳島の街の中にある一つの喫茶店…みんなが作りあげる美味しいいちご大福やRoll Cakeのあるお店…その色合いが限りなく嬉しいと思うのです。取材掲載いただきました「CU」編集部の皆様、本当にありがとうございました。

徳島ノ女性誌 Cu http://medicomm.jp/

■2011年02月09日(水)  徳島市消防署に出向いて 防火防災訓練
P2103852.JPG 807×605 89K 水曜日という事で今日は街の中の喫茶店あっぷるは「定休日」メンバーのみんなはいつもの時間に出勤して、毎月恒例となっている「給料ミーティング」を全員で行いました。メンバーのみんなへの連絡事項や今後の行事予定等をお知らせ…すぐ目の前の行事や取り組みの確認、少し先5月頃にみんなで出掛ける予定となった一泊旅行(広島 施設見学・野球観戦・広島観光等)についてわーわーと大はしゃぎの中でのミーティング…一通りの議題や連絡事項を済ませた後、給料ミーティングとなりました。
 
 お昼ご飯をはさんで午後は徳島市消防局に出向いて、防火防災に関する講話やご指導を頂く時間となりました。実際に消化器を使用して初期消火の訓練もみんなで行いました。喫茶店の厨房、火を使わない日は無い日常にあって、あらためてみんなで防火防災への意識を徹底したいと思っています。備えるべき事は備え、指導頂いた事柄に関しては周知徹底しながら「防火火災」への備えを怠る事無きように努めたいと思います。ご多忙な折り、親切丁寧にご指導頂きました徳島市消防局の皆様に感謝申し上げます。

 先日購入したPohtoFlameが喫茶店の柱に飾られています。最新の優れものは充電可能なコードレス仕様、電源コードも無くすっきりと壁に飾られています。あっぷるの様々な行事や日常を映し出したPhoto、Movie Makerで制作されたMovieにはコメントの文字がテロップとなり一つ一つの画像を説明してゆきます。動画も可能、街の中の喫茶店からのお知らせ等も含めて、有効な広報ツールとして活用して行きたいと思っています。時には「言葉」を超えて意味を伝える「画像」色々な広報や啓蒙啓発の一助になればと思っています。

■2011年02月08日(火)  今年も本当に好評な「いちご大福」
dc020201.JPG 807×605 96K 手前味噌な話の列挙になりますが、本当に今年もたくさんの方から「美味しいいちご大福ね」と好評を頂いている「いちご大福」2月も早くも今日で8日、このまま温かくなる事は決して無いのでしょうがここ数日ポカポカと春の陽気となりつつある今日この頃、いちごが美味しい旬な季節も残り僅かとなって来ました。今月発売予定のタウン誌にも掲載される「いちご大福」雑誌が発売される頃には販売終了間近と言った、少しタイミングの悪い事になりかねないかも知れません。火曜日に木曜日、そして土曜日と今年は販売曜日を限定しての製造、頑張って作ってもなかなか製造が追いつかない…そんな嬉しい悲鳴も連続している状態です。まだご賞味頂いていない方、お電話での予約も大丈夫ですので一度ご賞味下さい。

 あちこちにクール宅急便で送られていくRoll Cake あちこちに呼ばれて出向いていく講演会をきっかけに注文を下さった県外の方々から「美味しい」とこれまたたくさんの評判を頂く事が連続されています。今日は広島三原市から「ぜひ作り方を教えて欲しい、あっぷるにお邪魔したいんですか…」そんな問い合わせも、遠く奈良からは「3月にメンバー・スタッフでぜひ見学に寄らせて欲しい」そんな電話も舞い込んで来ました。WebやTwitterを見て、実際にRoll Cakeを食べて見て…経路やきっかけは実に様々ですが、遠い人からのこうした便りは嬉しい限りの事です。そうした一つ一つをメンバーに即座に「報告」自分達が頑張る日常が、未だ見ぬ遠い人たちから「評価」を得ている事はメンバーにとってもやはり嬉しい事に成り行きます。バタバタとわーわーと…行ったり来たり行ったり来たり、にぎやかな街の中の喫茶店あっぷるの風景です。

■2011年02月07日(月)  新鮮な牡蠣の贈り物 広島から
P2083833.JPG 807×605 78K 先日街の中の喫茶店にご夫婦(新婚旅行)でひよっこりと来て下さった宮地さんご夫妻から、広島名物の生牡蠣が贈られてきました。「御礼に…」とのお心遣いで頂いた牡蠣は新鮮そのもの…たくさんたくさん50個を超える生牡蠣、海の潮の香りさえほのかに漂う程の新鮮さ、さっそく殻をよいしょっと割って「牡蠣フライ」にして頂く事としました。メンバー・スタッフ全員で試食…もうそれはそれは美味しいとしか言いようのない味、本当にありがとうございました。またこちらにお越しの際にはぜひぜひ元気にみんなが頑張る喫茶店にお立ち寄り下さい、お待ちしています。温かなお心遣いに感謝御礼申し上げます。

 ずっと月曜日に通い続けた今年度の四国学院大学での講義も今日で一端終了となりました。後期試験を経て長い春休みに学生達は入って行きます。約1年毎週毎週行い続けてきた精神保健学と精神保健福祉援助演習の講義、それなりに一生懸命に伝えた言葉の数々…その一つでも心に引っ掛かり、何かのきっかけとして学生達に届き残りゆけば幸いです。課題レポートの採点・成績登録を終えると4月まで大学に出向く月曜日は春休みとなります。

 先日立ち会いの下に行われた消防署の防火指導を経て、今週の水曜日にあっぷるメンバー・スタッフ全員参加の下で「防火防災避難訓練」が実施される予定となっています。福祉施設の火災が後を絶たない状況、出来うる限りの「備え」と日常的な防火防災への意識をきちんと持ち続けていたいと思っています。喫茶店として社会福祉施設として、そして商店街の1員として防災への備えや意識を怠ること無きように努めたいと思っています。先日取材を頂いた「タウン情報とくしま」や「Cu」が今月中旬に発行の予定、いちご大福・Roll Cake そして日替わりランチなどあっぷる一押しのメニューをたくさんたくさんタウン誌に掲載して下さっています。発売は間もなく、ぜひコンビニにてお買い求め手にして眺めてみて頂ければと思います。(発売は2月15日)

■2011年02月06日(日)  松山にて 徳永さんと
P2063821.JPG 807×605 81K 昨日の「愛媛県精神障害者地域生活支援協議会研修会」夕刻までのプログラムを終えて、総勢20名を超える人たちと一緒になだれ込んだ「懇親会」親しく懐かしい人たちとの再会は日付が変わる程までに…あれこれ話をしなくとも心通い合う方々との時間は本当に素敵なものでした。今朝は早々にホテルを出て一路重信へ、宿泊したホテル周辺が今日開催される「愛媛マラソン」のコース、早い時間から周辺道路が交通規制に入るとの事で、早い時間にホテルを後にしました。事前に約束を交わしていたハートピアみなみ徳永さんとの再会の日曜日としました。

 今から10年以上前のあみの全国大会は、当時徳永さんを中心として描かれたもの…今準備を進めている徳島大会のあれこれを一緒に話し合う事も含めての再会となりました。重信近くの喫茶店でお昼まであれこれあれこれ…大きな人からこぼれゆく言葉を聞き漏らすまいとして向き合う時間ともなりました。
 「4月にグループホームが完成する、5月に内覧会を開いてシンポジュームを行う」「従たる事業所の開設ももうすぐ、賃貸契約も済ませてマンションを借り切った。働くのがしんどい人、働きにくい人、高齢の人たちがちよっとのんびり出来てちよっと働けて…そんな場所なんよ」ご自身周辺の出来事を細かく話し続けてくれました。「そろそろ自分自身の総括よ…働く場所じゃろ、そして住まいじゃろ、そして相談出来る場所じゃろ…」長きに渡って精神保健福祉領域の先頭に立ち続けた徳永さん、家族の方々の思いを束ね続けた家族会活動への支援、実直なまでに利用者さんの想いに立った寄り添い方…「わしはハートピアのスタッフに言うんよ、何の為に給料もろとんかよう考えよ、きちんとした福祉サービスを提供するのがわしらの仕事ぞ…それが出来んようだったら弁当や止めてええんぞ、おまんも仕事止めて何処でも行ってええけんな」歳と共に少しばかり柔和になった徳永さんの表情は一瞬にして「凛とした」激しさを呈していきます。

 喫茶店での長い長い会話…徳島大会の事については互いにほとんど触れず、徳永さん自信の人生観についてあらためて「感じゆく」時間となりました。「自分自身の総括やけんな…」僕とかれこれ一回り離れた年齢の徳永さん、大きすぎる人に追いつこうとして歩んだ日々…まだまだ届かない大きすぎる徳永さんとの再会の時でした。

■2011年02月05日(土)  愛媛県精神障害者地域生活支援協議会 講演会
P2053733.JPG 807×605 84K 今日土曜日から明日の日曜日にかけて松山市に講演で出向く業務となりました。「愛媛県精神障害者地域生活支援協議会」の講演研修会に呼ばれてのもの、松山市内にあるハーモニープラザを会場として、かれこれ70名程のスタッフの方々が参加されての研修会でした。与えられたテーマは「作業所指導員に求められることは」と題されたもの、愛媛県下の地域活動センターや障害者自立支援法下の福祉サービス事業所のスタッフの方々が多数集まっての講演会、そしてグループ討議も含めて午後からびっしりのプログラムとなっていました。

 あみの四国理事・徳島大会の実行委員もお願いしている樋田さん、ハートピアみなみのこれまた実行委員をお願いしている木下さん、以前からお付き合いのあるマルクの河野さんや村田さん、懐かしい人たちとの再会も含めての時間となりました。
 
 政局がらみとは言え障害者自立支援法に変わる新法「障害者総合福祉法」への期待や課題、新事業体系への移行をどう考えるのか…そして何より原点として地域にあるそれぞれの事業所が利用者さん(障害を持つ方々)にとって、どの様な形で在るべきか…福祉サービスの質や向上も含めて課題は山積みされています。講演の後のグループ討議も実に白熱した様子で、それぞれのグループで様々な話し合いが為されていました。何かと昔から行き来の多くある愛媛県の方々、既に顔見知った互いの中、あらためて共に考える時間ともなりました。昼間のプログラム終了後の懇親会も二次会まで大盛り上がり、宴席での色々な出会いや意見交換等、たくさんの素敵な時間を頂きました。樋田さんをはじめとする愛媛県の多くの皆さんに感謝御礼申し上げます。

■2011年02月03日(木)  デジタルフォトフレーム
P2033717.JPG 807×605 56K 今日2月3日は節分、そして明日は立春…暦の上ではもう季節は春となりゆきます。昨日辺りから少しばかり寒さも和らいで穏やかな連日となりました。このままという訳では決して無いのでしょうが、少しばかり温かくゆるみゆくと嬉しいものです。寒さ厳しい時は店頭でのお弁当販売も凍えながら…「今日は温かいですね」メンバーが緩やかに微笑みながら頑張ってお弁当販売を行う午後となりました。

 Heartlandでは今日備品として「デジタルフォトフレーム」を購入しました。SDカードに画像や動画を入れてのデジタルフォトフレーム、喫茶店の壁に飾り置き色々なプレゼンテーションの意味合いで有効活用出来たらと思っての購入でした。普段持ち歩き大活躍しているI Padも写真のスライドショーは音楽付きで十分可能なのですが、いかんせん少しばかり重たくもあって、壁に飾っての形は少し無理があるかなといった感じ、そんなこんなでフォトフレームを購入しました。街の中の喫茶店の日常活動を写し取った写真や動画、インフォメーションも含めたプレゼンツールとしてかなり活躍してくれそうなフォトフレーム、メンバーのみんなと相談しながらより良い活用方法を考えていきたいと思っています。

 明日は大学での補講、土日は愛媛県松山市に出向いて「愛媛県精神障害者地域生活支援協議会」での講演会、日曜日を挟んでの月曜日はまたまた大学、しばしあっぷるみんなと会えない寂しい日が続きますが仕方なきこと、与えられている「役割」を一つ一つこなして行こうと思います。

■2011年02月02日(水)  忙しい水曜日 あれこれあれこれ
P2033711.JPG 807×605 108K 喫茶店は定休日という事で今日水曜日は少しはのんびりムード、メンバーもそれぞれの自宅でのんびりまったりと緩やかな時間を過ごしている事と思います。スタッフはそれとは別に定時の時刻に出勤、様々な事務処理やケース記録やその周辺の仕事をあれこれあれこれ…その上にたくさん注文を頂いているいちご大福やRoll Cake作りに従事して行きます。メンバーと共に過ごしゆく時間の中、共に在るべき事柄の一つ一つ、そしてメンバーがいない時間に為すべき事の一つ一つ…やるべき事柄は常に山積みされて行きます。大きな資本を有し大きな「富(ゆとり)」在る施設形態であれば別の話も、元々障害者地域共同作業所から出発したHeartlandにとっては、何から何まで全て一切合切の事柄を、少人数のスタッフで賄わなければならない…そんな現実がきちんと横たわっています。お弁当を作り喫茶店の日々を営む、インテーク・アセスメントに始まる一人一人のメンバーへの関わり、会計処理そして「収益」を生み出す事への創意工夫…書き出せば暇無い程の「事柄」をさばきながらこの場所の一日が暮れていきます。自由とは時に不自由な事であって「好き勝手自由気まま」に時に見える日々も、そうした内実を抱え持っての日々である訳です。

 いちご大福は今年も本当に好評…たくさんの方々から注文を頂いています。朝からスタートするいちご大福製造、出来上がったと同時に店内店頭での販売がスタート…出来たてのいちご大福はとりたて美味しく、あっという間に「完売」といった連日の様子です。「全国津々浦々美味いものコンテスト」でグランプリとなったRoll Cakeも同様、毎日同じネタばかりなのですが本当に好評を頂いています。本来はゆっくりの、されとバタバタあれこれの水曜日、朝元気に通所してくるみんなを元気にそして穏やかに迎える為の「あれこれ」をさばきゆく舞台裏、こうした日々の連続です。

■2011年02月01日(火)  今日から新しい月 2月がスタート
grp0202170549.JPG 807×605 75K 今日から新しい月の2月がスタートしました。ついこの間新年を迎えたばかりの感じがするのにもう1ヶ月が経過、流れる日々と歳月の速さに驚くばかりです。2月から3月にかけては年度末という事で色々と成すべき事や行事も立て込んでいます。あっという間に春という事にならないように、きちんと暦を見つめながら過ごして行きたいと思っています。今週末の土日にかけては松山市へ…愛媛県精神障害者作業所研修会での講演が予定されています。年度内は松山を終えると大阪でのあみ(全国精神障害者地域生活支援協議会)の全国理事会が2月中旬に予定されています。あみの全国大会IN徳島のプログラム作成も急いでといったところ…あれこれあれこれと成すべき事はいつだって山積みされています。

 今年3回目の製造販売となった「いちご大福」は今年も好評、たくさんの注文を頂いています。お弁当製造やRoll Cake製造の片隅を縫うような狭い場所でのいちご大福作り…スタッフもメンバーも上に下にあっちにこっちに…狭く限られた厨房の中駆け回るように製造を続けています。今が旬の美味しいいちごを使ってのいちご大福、予約注文も出来ますのでぜひ一度ご賞味下さい。

 あっぷるでは昨年末から休んでいた女性メンバーが久しぶりに登場…「また一緒に頑張ろうね」温かなメンバーの声掛けを遮るようにスタッフが渇を入れます。「自分が来たい時に来て来たくない時には休んで、そんなんではあかんやろ。みんなは優しいからそんな風に言ってくれるけど、貴方が休んでいる間、ずっとみんな頑張っていたんよ…」穏やかなその場の空気は一転して行きます。あっぷると言えども「小さな一つの社会」そこにはルールがあり制限も時にはあって…何から何まで自分を中心に社会や人は動きゆくはずも無く…権利を語るならその人なりに果たしうる事の出来る「責務」を果たしてのもの…お弁当作りやにぎやかな喫茶店の舞台裏でこうしたやりとりが時に行われゆきます。障害や病を抱えながら「人の中に社会の中に生きていく」という事への問いかけ…色々な場面を伴いながらのあっぷるの毎日です。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記