[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2011年11月30日(水)  新潟からのメール続編 
PB250404.JPG 800×600 242K新潟講演の余韻が覚めやらぬ中、ずっと今回の講演をお世話下さった岡部さんよりメールを頂きました。。「闘う香り」のする素敵な方、初めての出会いであっても一瞬で時空を超え行きます。細やかな講演会当日までのご配慮に心よりあらためて感謝申し上げます、ありがとうございました。

先週末は大変お世話になりました。無事にお着きになられたこと安心しております。新潟では十分なおもてなしができず失礼しました。研修後のアンケートの結果がまとまりましたら報告させて頂きたいと思いますが、「利用者の皆さん夢に耳を傾けること」や「改めて自立を再考してみること」など多くのキーワードが伝わりました。

山下理事長から「同じ匂いがする」と言って頂き恐縮していますが、恐らく理事長はどのような講演・シンポでも満足されることがないのでしょうね。少なくとも私がそうです。理事長の講義は心に訴えかけるお話しで講義をお願いして本当に良かったと思っております。私や今井は昼・夜と特別講義を聴かせて頂けたので更にいろいろなことを吸収させて頂きました。人+為=偽が印象に残っています。

将来的には就労系サービスを運営したいと思っていますので何かとご教示頂くことも多いと思います。今後ともよろしくお願いします。返信が遅くなり大変申し訳ありませんでした。新潟の様子、拝見させて頂きました。

 茨内支援センター http://www.tatikawa.or.jp/mental-ibaranai/index.html

■2011年11月29日(火)  Roll Cake 新しい活動場所への取り組み
PB100248.jpg 800×600 265K 街の中の喫茶店あっぷるで好評であったRoll Cake その製造販売を新たに行う新しい場所への取り組みが加速度的に進みゆきます。1年半程前から製造販売を始めたあっぷるのRoll Cakeは喫茶店内に留まらず全国各地から注文が入るようになって来ました。来る日も来る日も製造し続けたRoll Cake 限られた今の厨房スペースではおのずと限界があり「新しい活動場所」を模索しゆく事はごくごく自然な流れでもありました。忙しい日常にあって狭い空間での作業であれば尚更の事、そのバタバタ感や手狭感を否応無しに感じずにはいられませんでした。

 今活動を行っている街の中の喫茶店あっぷるから徒歩圏内…中心市街地の空き店舗を活用して新規活動場所に…あっぷるのみんなと共にそして法人理事会や評議員会での議論の下、新しい賃貸物件を探し行く事を決めた秋の始まり…それから加速度的に状況が進みゆきました。ちょうど3年前にこの場所の改修工事の際に活用させて頂いた「障害者基盤整備事業・備品整備事業」県担当課との協議ご指導により、今回の新規活動場所となる新しい取り組みに、再度その助成金活用を県担当課からご連絡頂く事となりました。その助成金申請に係る書類作成に早急に取り組み、近日中に県担当課に提出させて頂く事としています。

 あっぷるのみんなにとっての「新しい夢舞台」その周辺で色々な方々がたくさんのご理解とご協力を私たちに届けて下さいます。素敵な物件そして素敵な家主さんとの出会いも…賃貸契約の準備も整いいよいよ「新しい活動場所」の絵を描き行く時が近くの事となって来ました。。街は間もなく師走、慌ただしい歳末の季節…新しく空にかざす「みんなの夢」に向けての日々がこれから幸せに始まっていく事となります。

■2011年11月28日(月)  かわら版 11月号より
PB190332.JPG 800×600 269Kもうすぐ師走、先日久しぶりに発行となった「かわら版」メンバーの文字です。

 最近あっぷるは行事がたくさんあり忙しい日々を送り続けています。その中で皆の笑いがあって本当に家族のようにお父さんがいたりお母さんがいたり…私が来て1年が経ち幸せを感じる程がんばっています。1日1日が終わっていくのも早く、今年もあっという間に餅つき大会、忘年会食べて飲んで楽しい事だらけです。京都旅行は想い出になるくらい素敵な場所で、ホテルもきれいかったです。琵琶湖クルージング、ゲストライブも最高でした。もう一度乗ってみたいと思いました。 From まいちゃん  

 お久しぶりのかわら版です。今年も色々ありました。7月と8月、体調不良であっぷるをお休みしていたのですが、あっぷるに行きたくて仕方ありませんでした。9月から復帰して今に至るのですが、やっぱり自分の居場所があるのは良いものです。これからもこの素敵な場所でみんなと一緒に頑張って行こうと思っています。 From きのちゃん  

 11月11日12日の2日間200食のお弁当を作りました。旅行から帰ってきてみんな疲れていた2日間、早い時間から一生懸命お弁当を作りました。話が変わりますが10月から焼きカレーが新メニューに加わり約1ヶ月半になりました。焼きカレーはお客さんにとても好評で、たくさん出ています。今の季節にちょうどいいので、一度食べに来て下さい。12月22日あっぷるで忘年会をしますので来て下さい。飲まない人700円 飲む人1000円です。 From ゆみちゃん  

 私はこの前の京都旅行にみんなで行きました。それと先週金曜日と土曜日204食のお弁当をみんなで作りました。これからもお弁当作りや喫茶の仕事頑張りたいです。   From ようこちゃん  

 最近のあっぷるは弁当・ランチその他ナポリタン・新メニューの焼きカレーなどが毎日完売になるほど売れています。これからもお客様に愛されるようなあっぷるにして行きたいし、2号店が来年1月に新町橋ボードウォークに開業Openします。ぜひお立ち寄り下さい。  From たけちゃん  

■2011年11月27日(日)  新潟からの温かなメール
PB250381.JPG 800×600 225K 今回の新潟講演会で初めてお会いする事となった新潟県精神障害者社会復帰施設連絡協議会副会長の後藤さん(うらら長岡施設長)…心温かなメールが届きました。初めての出会いであつても「何か香り立つ」本当に素敵な印象の方でした。お会い出来ました事、繰り返しになのますが心より感謝申し上げます。 
 
 こちらからお礼を申し上げねばならないところ、早々にお便りをいただきありがとうございます。無事に徳島にお帰りになられたようで安心しました。きっと、日常が一気に押し寄せている頃ではないかと思います。新潟は、山下さんがお帰りになった後の日曜日、小春日和のような快晴になりました。山下さんの新潟の空は、きっと鉛色なのでしょうが、新潟にも青空は一応あるのです。お見せしたかったです…。


金曜日の研修は実に刺激的なものでした。最近、自分の頭の中に浮かんでは悩んでいた事柄に対し、「おまえそれでいいんだ」と言われ励まされた気持ちになれました。目の前の利用者さんが、誇りや自尊心といった自分自身の価値感を取り戻し、ふたたび社会の中での自分らしい暮らしを見つけるために。様々なことがせめぎ合う状況にはありますが、「軸」の置き場を確認でき、同じ方向を見ながら日々頑張っている人たちがいるんだと実感できた貴重な時間でした。フォトムービーで拝見した、あっぷるの皆さんの「誇らしい笑顔」が頭に焼き付いています。自分が目指すものはあれなんだと思います。あの笑顔の可能性がみんなにもあるんだということを教えていただきました。

徳島と新潟、もっと近くならいいのになぁと思います。でも、人は求めていればこうやって出会えるんだということもこの機会に教えてもらいました。いつかまた、きっとお会いできると信じています。お会いできるチャンスがまたくるように、日々がんばっていきたいと思います!ロールケーキの通信販売再開、楽しみにお待ちしております。再開されたら注文させていただき、先日の懇親会メンバーで食べてみたいです。

この度はありがとうございました。メールではありますが、心からの感謝を申し上げます。山下さんのご健康と、あっぷるのみなさんのご活躍、(おまけに徳島ヴォルティスのJ1昇格)をお祈りしています。

 うらら長岡 http://www.sutokukai.or.jp/cssc/jigyo-kheim.html

■2011年11月26日(土)  新潟から徳島に帰り着いて
PB250401.JPG 800×600 262K 3泊4日間となる新潟への講演の旅から今日徳島に帰り着きました。新潟を後にしての東京、夏のお盆時以来となる長男とも久しぶりに再会、きっと親子で初めての居酒屋での東京の夜となりました。昨年春に大学を卒業、勤務に就いた場所は調布市にあるる児童養護施設、調布駅前で待ち合わせをして居酒屋へ…近況報告をたくさん聞きながらの長男との再会の時間となりました。

 久しぶりに本当に遠くまで出向いた今回の新潟、講演会が終わった瞬間から「見あうべき話が出来たかどうか…」そんな気掛かりに包まれるばかりでもありました。場所が変われども向かい合うものは同じ、きっと変わる事のない普遍的な事柄の一つや二つはあって…そう念じながら一生懸命伝えたつもりではあるるのですが、頂いた役割をきちんと果たせたものかどうか…あれこれと繰り返し考えながらの帰徳の徒となりました。いずれにしても遠くお招きを頂いた新潟県精神障害者社会復帰施設協議会の方々への感謝の想いは変わる事はありません。また何処かで…感謝の意味合いを込めてそんな風にただ思いゆきます。

 あっぷるでは籠屋町のブログに書き記している様に素敵な出来事が…中央公民館からの寄付金、活動へのご支援やご理解を賜りました徳島中央公民館の皆さまに心より感謝御礼申し上げます。頂きました寄付金は新しい活動場所への一助として大切に使わせて頂きたいと思います。明日は久しぶりにみんなとの再会、忙しい師走はもう目前に…また日常に還っての日々となります。

■2011年11月25日(金)  新潟県講演会 支援の極み
2011-11-271.jpg 800×566 139K いよいよ講演会当日、新潟で迎える初めての朝は本当に寒い寒風の中に在りました。講演会は新潟県精神障害者社会復帰施設協議会主催の研修、平成23年度共通研修支援の〜極み〜と題されたものでした。研修会場は新潟県自治会館コンベンションホール「ゆきつばき」宿泊ホテルからすぐ近くの距離にある会場は新潟県庁のすぐ側の高い建物でした。9階に用意された会場は大きな窓越しに日本海がそして佐渡島がうっすらと見える抜群の景色の中にありました。新潟県下の福祉サービス事業所のスタッフの方々が多数参加、講演と参加された方々によるグループワークを織りなしての一日研修となっていました。

 午前中の講演は総論と題されてのもの「障害者福祉の仕事をするための心得」そして午後からの講演は各論として「私の障害者支援の実際と常に押さえておくべきこと」その二つの講演の間を縫うように参加された皆さんとのグループワークを行いました。限られた時間の中「精一杯の思いで伝えよう…」それだけを念じながらの一日、たくさんたくさん用意した言葉をありったけの想いで語り続けました。

 今回の講演会の窓口となって下さり色々とご配慮を頂いた茨内地域生活支援センター施設長の岡部さん、そして新潟県精神障害者社会復帰施設協議会副会長の後藤さん、本当にお二方とも素敵な方でした。お二人にお会いするのは今日が初めて、にも関わらずきっと何処かで遠い昔からお会いしていたかの様なデジャブ…それぞれに向かい合う日常は違っても「考え想いゆくこと」は共通である事の感覚が距離や時間を超えての共通認識として隙間を埋めていきます。夜の懇親会の時間も含めて本当に素敵な新潟のリーダーお二人…お会い出来た事に心より感謝申し上げたい次第です。

 人は人を想う…きっとそんなお二人の思いが遙か遠く徳島からの講演会を形どって下さったはず…繰り返し心より感謝御礼申し上げます。スタッフとして色々とご配慮下さった新潟の皆さん、重ねて心より感謝申し上げます。

■2011年11月24日(木)  新潟への講演の旅に出発
PB240359.JPG 800×600 270K 新潟県での講演会に今日から出向いての数日となりました。一本の連絡が携帯電話になったのは初夏の頃、茨内生活支援センター所長の岡部さん、日本精神保健福祉士協会で理事を務められる岡部さん、協会の常務理事である田村さんからの紹介を受けての講演会オファー…随分と遠い先の事と幾度となく「お断り」を続けた経緯を飛び越えて、今日新潟への旅立ちの朝となりました。

 しっかり準備した出発の朝のはずが一転、講演会で使用するフォトムービーのDVDが無い事に気づきバタバタの中に目指した徳島空港、あふっぷるスタッフが急ぎDVDを持参してくれ事なきを得た…そんな出発となってしまいました。徳島空港から一路羽田へそして東京駅から上越新幹線に乗っての新潟入りとなりました。以前精神科医療機関で勤務していた折りに訪ねた長岡市(日本PSW協会全国大会・当時)以来の新潟となりました。

 「トンネルの長い国境を越えるとそこは雪国だった…」川端康成の雪国の文章通り、越後湯沢の長いトンネルを抜けた辺りから景色も気温も変わりゆきました。晴天の東京では邪魔と思えたダウンジャケットもジャストフィット、鉛色の空からは雨とも雪ともつかない滴が車窓を濡らしていきます。新潟に到着した頃は日暮れ前、降り立った初めての街は冬の風と凍てつくような寒さの中にありました。

 「見合うべき話が出来るかどうか…甚だ怪しいのでどうぞ別の人を…」そう断り続けた時間がもう目の前の明日となっていました。

■2011年11月23日(水)  新潟へ
DSC00148.JPG 800×600 261K 寒さが随分と増してきました。今日は祝日の一日、あっぷるのみんなも忙しい師走の日々を前にしてのんびりと過ごしている事と思います。今日の休みが明けた明日からもあっぷるは色々と大忙し、25日には岡山市にある慈圭病院からの見学者が多数あっぷるに…12月1日には牟岐町役場・美波町周辺の精神保健福祉関係者の方々が、そして翌日2日は勝浦にある徳島医療福祉専門学校からたくさんの学生さんや先生があっぷるの見学に訪れる予定となっています。あっという間の師走、慌ただしく駆け抜ける様に過ぎるであろう師走…相も変わらずバタバタの日々の中にあっぷるの日常は進んで行きそうな予感です。

 明日はいよいよ新潟に向けての旅立ち、朝の飛行機で徳島から羽田へ、上越新幹線に乗り一路新潟を目指しての旅となります。新潟県精神障害者社会復帰施設協議会での講演会、遠くからの講演依頼に叶うように「想いの丈」だけは精一杯話せたら…そんな事だけを思います。初雪が舞ったとの事、明日の夜は見知らぬ街に包まれての時間となります。今日まで色々と講演会のお世話を頂いた茨内支援センター施設長の岡部さん(日本精神保健福祉士協会全国理事)に心より感謝申し上げます。途方もない程の距離を超えての講演会、変わらない事柄の一つ一つを心のままに伝える事に誠実でありたいと思っています。

 徳島県社会福祉協議会日下様の計らいもあって今回授与する事となった徳島中央公民館からの寄付金贈呈は今月27日の日曜日、生憎新潟の旅の途中という事でスタッフの阿部に授与式参加をお願いしています。街の中の喫茶店あっぷるの日常活動、並びにHeartlandの活動への寄付金進呈、心より感謝御礼申し上げます。

■2011年11月22日(火)  かわら版 11月号が発行されました
PB070048.JPG 800×600 339K 本当に文字をしたためての「かわら版」は久しぶりの発行、あっぷるメンバーそしてスタッフ…素敵な文字が誌面を飾り行きます。

本当に久しぶりのかわら版です。北島田のあっぷるを閉めて3年、商店街に喫茶店をオープンして8年、あの日とおんなじ、店頭で元気に弁当を売るメンバーの姿があります。毎日のお弁当に掛かっている「お弁当の帯」、これをしたためているのはもちろんあっぷるのメンバー、皆さまにはすっかりおなじみの文字かもしれません。毎朝早くからの弁当作り、ランチタイムは客様とのひとときタイム、忙しい中でも「おいしかった」の一言が何より嬉しくて「あしたも頑張ろう」そう思えることが何より幸せだと知っています。新しいスタッフも加わって、新しい息吹がまた新しい風を運んでくるようです。素敵なかわら版ができました。どこから読んで頂いてもみんなの想い満載、お客様より店員の数の方が多いなんてこともある「街の中の喫茶店あっぷる」。どうぞお近くにいらしたらぜひお声をかけてください。元気なみんながお待ちしています。                                            スタッフ 阿部千恵    

 あっぷるでお弁当作りに参加させて頂くようになり半年が過ぎようとしています。あっという間の半年でしたが自分の中の何かが変化、激変それとも‥私本来の姿に戻っているのかしら‥ 確かに私の中でリトマス試験紙が青(静)から赤(動)しつつあるのです。 街の中の喫茶店あっぷるとは‥     

・ありのままの自分を受け入れてくれる場所   
・ありのままの自分も自分自身が受け止めていける時間を与えてくれる場所   
・障害のある人もない人もお互い受け止めて支え合い助け合いみんなが元気を取り 戻していける場所  

 山下理事長が事ある度に「翔ぶんだよ」と言われます。私は今はまだ羽をバタバタする程度ですが、いつか青い空にメンバーを連れて飛べるスタッフになりたいです。あっぷるのみんなと自由に空を飛びたいです。頑張り過ぎて考え過ぎて心が疲れてしまった方、傷ついた羽(心)をあっぷるで休め(癒し)私達と一緒に青い空に羽ばたいてみませんか、きっと気持ちいいですよ。                                        スタッフ 伊藤理子  


 私は、今年10月から「あっぷる」のスタッフに加えて頂いた、入ってまだ二月足らずの新米です。ご縁の付いたきっかけは趣味でやっていたバンド活動で山下さんと出会ったことです。頂いた名刺から社会福祉法人の理事長さんであることと「街の中の喫茶店あっぷる」という文字が目に入り早速、籠屋町のお店にコーヒー飲みに伺いました。  店内の雰囲気とメンバーさんの笑顔の応対に文字では表現出来ませんが不思議な暖かさと優しさを感じ以降何度も足を運び、居心地のいい店内で山下さんのお話を伺ううち自分もここで働いてみたいと思うようになりました。気持ちをお話しすると快く受けて頂き、あまり深く考えたわけでもないのに以前の職場からのスピード転職で、自分でも思いもよらぬ展開に驚く程でした。説明するのは難しいですが山下さんに聞かせて頂いたHEARTLANDに流れている、今まで体験したことのないような価値観と思いが自分を引き寄せたという感じでしょうか。

 いろんな障害や重い事情を抱えながらもお弁当作りやお店で、目の回るような日々の忙しさの中でも明るさと笑いがあり、メンバーのみんながお互いを気遣い、フォローし合い、絶妙のチームワークで乗り切ってゆく姿は本当に目頭が熱くなるような光景でした。そこには世間の職場にありがちな打算や不順な感情は感じず、チーム一丸となってゴールを目指すスポーツにも似た爽快感すら感じました。この人たちは素晴らしい!まだまだ解らないことだらけですが、これからここでみんなのためにいったい自分に何が出来るのか先輩方に教えて頂きながら模索していこうと思います。  ともあれ皆さん!本当の手作りで、真心のこもった「あっぷる」のメニューはどれもこれも美味しいですよ。そして何よりメンバーみんなのきれいな想いが伝わります。これからの寒い季節、きっとおなかも心も暖まるでしょう。ぜひ「あっぷる」へお越しくださいね。       スタッフ 吉崎氏登 

■2011年11月21日(月)  四国学院大学での講義 黒下さんと
PB210349.JPG 800×600 258K 毎週月曜日は四国学院大学での講義の一日、今日はスペシャルゲストとして徳島県精神保健福祉士協会副会長の黒下さんと一緒に大学に出向いて来ました。大学卒業後に精神保健福祉士として徳島市内にある第一病院に勤務、現在は徳島県精神保健福祉士協会の若きリーダーとして活躍している人でもあります。夏におこなわれたあみ(全国精神障害者地域生活支援協議会)徳島大会の実行委員の一人として、あれこれと大活躍してくれたそんな黒下さんでもあります。あみ徳島大会の大会アピール文は彼が朗読し、あみ徳島大会を締めくくった事は記憶に鮮明な事でもありました。

 大学での特別講義依頼に快く了承をくれ、年休を取っての大学での時間となりました。精神保健学の講義では広く「心の健康」についての講義を、援助演習の講義では精神保健福祉士として勤務する一日の病院での業務やその心得等、実に解りやすい言葉で丁寧に学生達に講義を行ってくれました。自ら用意してくれたレジメに沿っての言葉の一つ一つは、日常の現場に於いて、きっちりと患者さんに向かい合っている様子が目に浮かぶようでありリアリティーに溢れた言葉や想いの数々は本当に素敵な講義となりました。来春には徳島文理大学での非常勤講師として教壇に立つ予定の黒下さん、きっと素敵な話を学生達に届け行く事と思います。

■2011年11月20日(日)  穴吹パティシエ福祉カレッジ 福祉実習
PB190336.JPG 800×600 286K 先月から2回に分けて街の中の喫茶店あっぷるで精神保健福祉士国家取得の為の「精神保健福祉実習」を行っていた穴吹パテシエ福祉カレッジの三島さん、今日が実習最終日となりました。社会人として通信課程に学びながらの今回の実習、あっぷるのみんなと共に過ごした2週間の時間、お弁当製造に始まりみんなと共に過ごした時間の中、様々な事を学び考え見つめた事と思います。

 10月に高松で行われた家族会・全国大会みんなネットにも一緒に参加…今日で実習が最終日を迎える事となりました。最終日がを終えようとする頃には、高松より実習指導として福島先生もあっぷるに来所下さり、スタッフを交えての総括・反省会でその時間を結び終えました。来年1月下旬に実施される国家試験、資格取得に向けてますます頑張って欲しいものと思います。2週間の実習、本当にご苦労様でした。

 「かわら版」の再発行に向けてみんなからそしてスタッフから原稿が集まり始めています。久しぶりの発行に向けての原稿という事でもあり、どれもこれも素敵な文字がたくさん並んでいます。新しい「かわら版」のレイアウトを考え校正作業…リニューアルした「かわら版」を早々に発行出来ればと思っています。みんなの「想い」に溢れた「かわら版」ぜひお楽しみにお待ち下さい。

■2011年11月19日(土)  あっぷるメンバーとのあれこれ
PB120308.JPG 600×800 237K お弁当製造販売や喫茶店での業務、その忙しさは言うまでも無い事としてその周辺に彼ら一人一人の色々な想いが佇んでいます。病院での生活や施設での生活とは違い、一人一人の生活が彼らの「暮らし」の中近くにあるという事…日々揺れ動き移りゆく日常の中、様々な彼らの想いや考え事に耳を傾ける時間が必要となって行きます。自分自身の体調の事、そして自分自身の未来の事、家族との事、そして「今」の事…忙しく流れゆくあっぷるの時間の中にあって、そうした一つ一つを見つめながらこの場所の日常は続いていきます。

 漠然とした未来を無理矢理に明瞭にしたい…そんな想いで頑張り続けようとする人、急ごうとする気持ちが眠れない夜や空回りしそうな程の緊張をたぐりよせて来ます。「ゆつくりゆつくり…あれこれと思う気持ちは解るけど今の自分自身を少しでも幸せと感じる事が出来ればいいと思うんだけど…」そん言葉でIさんと言葉を交わし行きます。障害の受容という程大袈裟な事ではないかも知れませんが、自分自身の「今」をそれなりに受け止める事の出来た人は、その人なりの歩幅で歩いて行った様な気がします。「あっぷるでなんかやってられへんわ…給料安いししんどいし…」隣の芝生は青くは見えるもの、されどそんな風にこの場所を飛び出して行った人やそうした家族の方は、やはりまた違う場所でも同じように収まり切らない言葉を繰り返し、ただただ漂い続ける…そんな光景も山ほど見てきました。

 仕事の事…経済的な事…彼女や彼氏の事…家族の事…メンバー一人一人のそんな想いと向かい合いながらのあっぷるの日々でもあります。

■2011年11月18日(金)  かわら版の再発行に向けて
PB170328.JPG 600×800 240K あっぷるでは本当に久しぶりの取り組みとして「かわら版」の復活再発行に向けての準備が進められています。久しぶりにみんなに手渡された「かわら版原稿」「何を書いてもいいよ…〆切りは土曜日」そんなスタッフの号令に満を持した様子で久しぶりの文字をみんながしただめています。Heartlandが活動を始めた当初から色々な形で活動を綴ってきた「かわら版」や「Heartland通信」時を経て今、あらためての発行への取り組みとなりました。。Twitterや毎日のWeb Diary等、日常を書き記していく作業は随分と様変わりしつつも日々継続して行っては来ました。とは言ってもネットやWEBの世界はある意味まだ限定された人のみが共有する世界、昔に戻ってA4紙面での「発信」を行って行けたらと考えています。

 徳島のタウン誌には最近「福祉施設」や「障害者」といった文字が掲載される事は無く、街の中にある美味しいそして安い喫茶店として紹介される事が多々となって来ました。。それはそれでかつて目指した一つの到達地点、この上なく嬉しい事ではあるのですが、やはりこの場所の「意味」障害や様々なハンディーを抱え持った人達の存在や営みを発信し続けて行く事も大切な事だと思うのです。その為に「文字」に書き記して伝え行く…大切な私たちからのメッセージとなりゆきます。

 久しぶりに書き綴ってくれたみんなからの「文字」はなかなか素敵なもの、毎月1回の「かわら版」発行をあらためて再スタートさせて行きたいと思っています。。

■2011年11月17日(木)  寒い冬に向かって
PB070020.JPG 640×480 169K 随分と寒さが増してきました。先日訪れた京都からかれこれ10日あまり…ここ数日は朝もしっかりと寒くみんなの装いも冬衣装といった感じになって来ました。師走の行事予定も既にWEBに掲載済み、年末の歳時記の一つ一つである忘年会やチャリティー餅つき大会等、あと1ヶ月少しで年の瀬といったこの頃、流れる日々の速度にはいつもの事なが驚かされるばかりです。

寒さの増す冬場はまだお弁当作りは楽なもの、夏の暑さの中で汗を流しながらの風景に比べると実は随分とましなものです。調理場のガスコンロに火が入りみんなの熱気と共に狭い厨房は暖在る場所へと変わりゆきます。とは言ってもしっかりと水は冷たいもの…いずれにしてもみんなのお弁当作りは春夏秋冬続いていきます。

 ちようど一週間先には新潟市に出向いての講演、主催は新潟県精神障害者社会復帰施設連絡協議会、講演のお世話を一切行って下さっている方からメールの文字には随分と寒さが増し10℃を下回った気温である事が書き記されていました。徳島から飛行機で羽田へ、東京から上越新幹線に2時間乗って訪ねゆく新潟、25日の講演会前日に新潟入り27日に帰徳の予定となっています。講演会のレジメや資料も再私有確認、しっかりと準備を整え見合うべき話を用意出来ればと思っています。

■2011年11月16日(水)  水曜日 みんなとのミーテイング
PB100276.JPG 800×600 226K 毎週水曜日は街の中の喫茶店あっぷるは定休日、今日はお弁当作りは無くみんなで朝からいつもの時間に集まりミーティングを行いました。Roll Cake製造販売を行う「新規活動場所」に関しての話し合いをあれこれ、みんな興味津々といった様子での話し合いがお昼まで続きました。手狭になっていた現在の厨房、たくさんの人から注文が後を絶たないRoll Cake もう少しみんながゆったりと過ごせる場所を…様々な想いが交差していく中、新しい活動場所の確保はここずっとの検討すべき問題でもありました。

 街の中の喫茶店あっぷる近くの賃貸物件を活用しての新しい活動場所、ロケーションや家賃、設備等色々と検討すべき事柄に見あう物件がようやく見つかりそうな様子となって来ました。諸条件は別としてもとにかくこういった活動への理解を示して下さる家主さんとの出会いがある意味必須条件…以前の北島田そして今活動を行っているあっぷるの家主さん共々、本当に活動へのご理解やご協力を惜しみなく下さる心優しい家主さんの下での日々でもあります。少し検討を進めている新規活動場所の家主さんもこれまた素敵なお人柄の方、数回お会いする中で言葉を交わしながらそんな想いを確かなものとしています。いずれにしてもみんなであれこれと話し合いながらの「新しい場所」に向けてのあれこれ、師走を目前に慌ただしいあっぷるの毎日の中、準備や話し合いそして開設に向けた取り組みをみんなと共に進めていきたいと願っています。

■2011年11月15日(火)  CU 12月号 あつあつランチ
PB160321.JPG 800×600 282K 徳島ノ女性誌 CU 12月号あつあつランチに街の中の喫茶店あっぷるの焼きカレーが大きく掲載されています。あつあつランチ特集という事であっちっちニュースとして街の新メニューコーナーで完成して間近な折りに取材を受けた焼きカレー、素敵な写真と共に大きく誌面を割いて記事が掲載さています。販売をスタートしてからかこ1ヶ月、店内のお客様にもなかなか好評な焼きカー…寒さが厳しくなるこれからの冬に向けて本当に良いメニューが出来たものだと自画自賛しています。今日も常連の毎日新聞社ヘッドの井上さんが来店「この焼きカレーは美味しい…他の店でやってないもんね」そんな嬉しい言葉も話してくれました。シェフ担当のIさんもその言葉に嬉しそうに微笑み返して行きます。

 今回のCUに限らず徳島のタウン誌に取り上げられる事は度々あるのですが、本当にここ最近では「障害者」「福祉」といった言葉が全く見あたらない…そんな紹介記事として掲載されています。街の中にある一つの喫茶店…街の中にある美味しくて安い喫茶店…そんな色合いで街の中の喫茶店あっぷるが紹介されています。遠い昔に願った一つの事、それが今ごく普通の事としてこの場所を語り行く形となっている事はとても嬉しく感慨深いものです。「福祉だから」「施設だから」お涙頂戴的な物語ではなく、この街にある一つの場所としてそのラインを超えての記載は、大袈裟に言えば「革命的」そんな風にも想ってしまう程です。

 美味しい焼きカレーはいつでも街の中の喫茶店あっぷるでスタンバイオッケー、ぜひ一度ご賞味下さい。

■2011年11月14日(月)  金沢からのメール
PB100236.JPG 800×600 290K先週の金曜日と土曜日、街の中の喫茶店あっぷるを臨時休業としてみんなで取り組んだお弁当製造の大量注文、納品先であった「第52回日本児童青年医学会総会」その学会に参加されあっぷるのお弁当を両日食べて下さっていた金沢こども医療福祉センター小児科の井幕先生より嬉しいメールを頂きました。

あっぷる様
 11月11日 12日 あわぎんホールの学会でお弁当をいただきました。2日間ともとても美味しくて幸せな気分になりました。旅行帰りで疲れているなか、朝早くから皆さんががんばってくれたのですね。これからも美味しいお弁当でみんなを幸せにしてあげて下さい。ありがとうございました。

嬉しい先生からのメールはさっそくあっぷるのみんなに披露、本当に労われる嬉しい文字、遠く金沢からのお心遣いに感謝申し上げます。

 Roll Cake製造販売を行う「新しい場所」の確保に向けた取り組みのあれこれが進んで行きます。メンバーとも度重なる話し合い、法人として理事会・評議員会に於いての協議、県担当課との相談や助言等、今活動を行っている場所とは別の場所に、新しい活動拠点を創り出す…そんな時間が連続されて行きます。たくさんの方々から好評を得る中にずっと製造販売を行って来たあっぷるのRoll Cake 新しい場所での新しい活動の拡がりに向けた取り組みを急ぎながら勧めていきたいと思っています。年内の準備あれこれ、そして新しい年が明けた1月頃にはスタートとなれる様、みんなと共に「新しい場所」に向けた時間を継続させて行きたいと思っています。

■2011年11月13日(日)  1日ゆったりの休息日
DSC00183.JPG 800×600 254K 街の中の喫茶店あっぷるは京都旅行に始まりお弁当の特別注文等、表向きは殆ど喫茶店は休業状態ではあったのですが、みんなにとっては本当にあれこれと忙しい日々の連続であった一週間がようやく幕を閉じました。京都旅行の余韻にひたる間もなく始まった特別注文の200食弁当「疲れた」といいながらの連日も何とかみんなで切り抜ける事ができようやく「休息」の日曜日となりました。みんなに手をした京都旅行のフォトDVDでも見ながらゆつくりと過ごして欲しいものです。明日月曜日は一週間お休みしていた大学での講義の一日、みんなは日常に戻って街の中の喫茶店あっぷるでの仕事となります。

 11月も半ばに差し掛かり今年もあと少し…といった言葉が妙にリアリテイーを持つそんな暦となって来ました。12月師走の行事予定もあれこれと用意されつつあります。今年もにぎやかに予定されている忘年会のチラシや歳末恒例となった徳島北ロータリークラブ主催の「チャリテイー餅つき大会」そして12月半ばに予定されている行政からの監査指導、そして年の瀬とあっという間に今年も終わってしまいそうな予感が膨らむばかりです。

新しい活動場所に関するあれこれも加速度的に進みつつあります。遠いと思っていた新潟での講演会もあと10日余り…忙しい日常が途切れる事なく続いていくあっぷるの日々です。

■2011年11月12日(土)  お弁当製造 特別注文200食 2日目
PB110300.JPG 600×800 238K 昨日に引き続いて今日も街の中の喫茶店あっぷるは表向きは臨時休業、中では朝早い7時からみんなで特別注文のお弁当製造に取り組みました。前日同様に今日も200食を超えての製造、京都旅行や前日の疲れが少しばかり残る中、それでも今日をきちんと終えようと頑張るみんなの姿が朝早くからありました。「昨日は家に帰ったらバタンぎゅーでした」そう呟きながらも200食のお弁当作りにみんなが向かい合います。前日から下準備を行うとは言え、200食の製造はなかなか「大変なこと」手際よくしかも少しばかり速いスピードで完成を目指し行きます。手狭な喫茶店の厨房、もう少し広い環境やゆとりある動線であれば疲れ方も違うのでしょうが、幾度呟いてもそれは無い物ねだり…バタバタとあっちにこっちにみんなが動き回りながらのお弁当作りの風景となっていきます。

 10時30分過ぎには今日も無事完成、2台のスタッフの車に積み込まれたお弁当は学会会場の阿波銀ホールへと無事に搬送されて行きました。喫茶店の片付けや整理を行い月曜日からの通常営業への準備、一息ついたお昼はみんなと一緒の昼食タイムとなりました。2日間の大きな仕事をし終えたみんなの表情は安堵感と達成感に包まれた心地よい疲労、ホッとしたみんなの笑顔がこの2日間を物語っている様でした。

 京都旅行に始まり水曜日の定休日、そして金土と臨時休業、殆ど「営業」とならなかった今週の街の中の喫茶店あっぷる、たくさんのご迷惑をおかけしました。来週月曜日からは通常の営業を日々行う事となります。色々な意味で忙しく過ぎたみんなの一週間が今日無事に終わりました。

■2011年11月11日(金)  徳島大学精神科 大森先生からのお弁当特別注文
PB110293.jpg 600×800 302K 今日は普段なら営業の街の中の喫茶店あっぷるを臨時休業として200食を超える特別注文のお弁当製造に朝早くからみんなで取り組みました。200食を超えての注文という事で、本来なら喫茶店もオープンすべきところ…なかなか追いつかない状況もあってお店を閉める形の中で特別注文のお弁当製造に取り組みました。

 徳島大学精神科の大森先生からのご注文…先生主催の学会が今日明日と阿波銀ホールで開催され、その学会に参加される方々の昼食弁当として今回の注文を頂く事となりました。前日から出来る範囲の下準備を行い迎えた今日、みんなが喫茶店に集合したのはまだ外が薄暗い6時30分、喫茶店の2階だけでは収まりきらないお弁当箱が一回の部分にも所狭しと並べられていきました。炊きあげるご飯の量も通常の3倍近く、狭い厨房も喫茶店の上下も駆け回る様な忙しさに包まれてのお弁当製造となりました。京都旅行から帰り、一日の休息をはさんで迎えた今日、普段の様にあっちにこっちに走り回りながらも「美味しいお弁当を…」と頑張るみんなの姿が見受けられました。10時30分には無事完成、2台の車に積み込まれたお弁当はメンバー・スタッフと一緒に学会会場の阿波銀ホールへと運ばれて行きました。

 一息ついた昼食は京都旅行のフォトムービーやDVDを眺めながらのリラックスタイム、大きな一日を終えた安堵感に包まれたみんなの笑顔がそこにありました。明日も今日と同じ様な一日が待っています。明日も街の中の喫茶店あっぷるを臨時休業としてのお弁当製造、もう一日みんなと共に頑張って行きたいと思います。

■2011年11月10日(木)  京都旅行から帰って
PB100231.JPG 800×600 291K 本当に心から楽しかったあっぷるみんなとの京都旅行、月曜日から一泊の旅は昨日の水曜日(定休日)を経て今日からいよいよ活動再開となりました。多くのお客さんにはいつもこちらの都合でお店を閉める事が多々、にも関わらず今日も店内は多くのお客さんで溢れていました。いつもの時間に元気にみんなが集合、京都の旅の想いでをあれこれと語りながら一日がスタートして行きました。店頭のお弁当販売もあっという間に完売状態、にぎやかな日常が還ってきました。

 明日から明後日にかけてまたまた特別休業、と言ってもその訳は大量のお弁当注文を頂いての事、街の中の喫茶店あっぷるはお休みとなりますが、朝6時30分から全員集合して200食を超えるお弁当製造に取り組む2日間となっています。徳島大学精神科の大森教授からのお弁当注文、阿波銀ホールで明日から開催される大森先生主催の学会に参加される方々へのお弁当注文という事になっています。色々とHeartlandの活動にご支援やご理解を下さる大森先生、明日明後日の特別注文は夏前からの依頼でもありました。当初は「600食のお弁当をHeartlandでお願いしたいのですけど…」そんなお言葉でした。今まで製造した最高数が330個、とてもとても賄いがきかない旨をお伝えし200食という事と相成りました。温かなお心遣いと活動へのご支援に感謝申し上げます。明日は早朝からみんなが参集、美味しいあっぷるのお弁当作りに頑張る事と思います。

 また今日は以前徳島市障害福祉課課長であった日下様と共に徳島中央公民館へ出向いて来ました。日下様のご配慮で申請を上げて下さっていた徳島中央公民館からのチャリティー募金を賜る事となり、館長さん並びに担当の方に御礼のご挨拶に伺って来ました。心より感謝御礼申し上げます。

■2011年11月08日(火)  2011年 Heartland 秋の京都旅行
 京都旅行一日目のにぎやかな居酒屋での乾杯…その余韻も覚めやらぬ朝からみんなに押されるようにしてスタートした京都旅行の2日目、元気なみんなの笑顔が朝早くのバス車中に溢れていました。「清水寺は行った事がありません」そんなみんなの言葉に応えた2日目旅の始まりは京都観光スポット定番中の定番「清水寺」からのスタートとなりました。四条室町の宿泊ホテルからバスで15分、まだ朝早い清水寺への参詣となりました。清水坂のお土産屋さんも少しずつシャッターが開け始める時間帯、清水の舞台に立ち音羽の水を柄杓でくみながら笑顔の京都2日目が幕を開けていきました。清水寺を後にして向かった場所は平安神宮「空の青さがとても印象的であっぷるのみんなの心を写している様で…」そんな感想をスタッフが語っていました。
 
 岡崎を経て一路八瀬へとバスは走ります。叡山電鉄のケーブルカーとロープウェイを乗り継いでの比叡山山頂…旅は京都から滋賀へと進んで行きました。澄み渡る空と眼下に広がる琵琶湖の風景、デッキに腰をかけながらの昼食は比叡山ガーデンミュージアム…少しだけ冷たい秋の風が頬に気持ちいい昼食をみんなで取りました。山頂駐車場で待ち合わせた金比羅タクシーの嵯峨さんと合流、比叡山延暦寺へとバスは進みゆきました。国宝である比叡山延暦寺根本中堂を参詣…厳かな空気感の中延暦寺での時間が静かに流れゆきました。京都滋賀旅行、旅の終わりは浜大津から出港のミシガンクルーズ、約60分のクルージングは2日間の旅を象徴するかの様に清々しい空気に包まれての湖上となりました。名神大津西インターから一路徳島へ、午後8時予定通りに街の中の喫茶店あっぷる到着となりました。

 旅の終わりバスの車中ではいつもの光景が…一人一人が旅行の感想を話し行きます。メンバー・スタッフ全員が話し終わるとこれまたいつもの合い言葉「遊んだら仕事」またみんなで明日からの日常へと還っていく事となります。明日は街の中の喫茶店あっぷるは定休日、ゆつくりと旅の余韻にひたりながら木曜日を迎えたいと思います。
grp1109115129.jpg 2560×383 429K

■2011年11月07日(月)  2011年 Heartland 秋の京都旅行
 みんなが心待ちにしていた京都への旅行に出向いてきました。体調が悪かったり諸般の事情で参加出来ないメンバーも数名いた事は残念な事ですが、いつもいつも元気なあっぷるのみんな…共に過ごした旅の時間はにぎやかに華やぐ京都への旅の時間となりました。満を持して参加予定であった県家族会事務局の美馬さんもご家庭の事情で急遽不参加となった事はこれまた残念な事ではあったのですが、本当に無邪気にはしゃぐあっぷるのみんな…素敵な素敵な京都での時間となりました。

 貸し切りバスはいつもお世話になっている金比羅タクシー、運転手さんは今までも何度お世話になった事か…今回の度も同行ドライバーは素敵な優しい嵯峨さんとなりました。朝の6時半に街の中の喫茶店あっぷるに集合、淡路島を経て一路京都への旅のスタートとなりました。途中小雨模様や曇り空も京都に近づくに連れて晴天へと…銀閣寺を旅の始まりに哲学の道、そして詩仙堂を経て大原三千院へと旅は続きました。昼食は京都が本場の「餃子の王将」で…あっちを見てもこっちを見ても笑顔の中にあるみんな…今年もこんな風にみんなと一緒に来れた喜びを実感しながらの時間が進みゆきます。大原三千院の後はホテルを目指して市内中心地へ、途中烏丸御池沿いにあるマンガミュージアムに立ち寄り昔懐かしい「紙芝居」の実演も見ることが出来ました。

 ホテルに到着してしばし休憩…その後はみんなと乾杯の宴席へと京都の一日は続き行きます。河原町蛸薬師に面した居酒屋で乾杯、ネット予約の¥2980飲み放題食べ放題はしっかり元を取れる程のにぎやかさに包まれてのものでした。与えられたものではなく自分自身が用意した京都への旅、その意味の重さは見えないまでも大きなものがあります。日々頑張り続けるみんなが自分自身へのご褒美として迎えて京都旅行、にぎやかな中に一日目が暮れていきました。
grp1109113052.jpg 2560×383 530K

■2011年11月05日(土)  ホテルグランドパレス 評議員会
L3330180001169552.jpg 300×225 13K 今日の夕刻、徳島市内にあるホテルグランドパレスでの会議に出向いてきました。藍里病院の理事会・役員会議、懐かしい先生方やすっかり顔見知りとなった役員の方々とご一緒する時間ともなりました。思い起こせば今からちょうど20年前、初めてこの街に降り立ったのは11月の終わりの頃でした。確か僕自身の記憶では11月27日、数日を過ごした後の12月1日から藍里病院での勤務が始まりました。20年という歳月を経た「今」も、こうした会議の席やあれこれの時間の中、久保院長先生や多くの先生方と席を共に出来る事は嬉しく光栄な事です。見たことも足を踏み入れた事もなかった精神病院や精神科医療、偶然の様な出会いの中に徳島に導かれ行く日々の始まりがありました。

 今年ちょうど50歳、人生のほぼ半分をこの街で過ごしてきた事になりました。もう間もなくで京都で過ごした時間を上回る徳島での暮らし、人生は時に自分自身の想像を超えて拡がりゆくものとは知りつつも、いと可笑しといった想いです。

 街の中の喫茶店あっぷるは激しい雨の中の土曜日、普段の忙しさも程ほどにといった一日、月曜日からの京都旅行を目前にみんなが一日を終えました。「今日明日は雨、月曜日からの旅行の時は天気は大丈夫ですよ…」メンバーみんなの声も高揚した声色、楽しみにして来た旅行が本当に目前となって来ました。

■2011年11月04日(金)  新潟県精神障がい者社会復帰施設協議会
genkan.jpg 265×200 13K 新潟県精神障がい者社会復帰施設協議会主催の研修会が11月25日に行われる事となり、徳島から遠路新潟まで出向いて行く事となっています。徳島空港から羽田経由、上越新幹線を乗り継いでの新潟はさすがに遠く、研修会前日の新潟入りとなります。研修会担当の岡部さん(日本精神保健福祉士協会理事)とあれこれやりとり…新潟行きのスケジュールが確定となりました。前日24日に新潟に到着、25日研修会当日は夕刻の研修会終了後も滞在し参加される多くの方々との懇親会にも出席させて頂く事となりました。

 WEBより抜粋

 新潟県精神障がい者社会復帰施設協議会 
 http://www.sinseishakyo.org/index.html

 http://www.sinseishakyo.org/topics/20111008_2.pdf

 新潟県精神障がい者社会復帰施設協議会(新精社協)は、新潟県内の精神障がい者社会復帰施設の円滑な運営と福祉従事者の質向上及び地域精神保健福祉のより一層の充実を図ることを目的として、各種の福祉活動を展開しています。

 遠すぎる程の場所からのお誘い、それに見合うだけの話が用意出来るかどうか甚だ怪しい想いも無きにしもあらずですが、与えられた研修会テーマに沿って或いは街の中の喫茶店あっぷるの日常から見える景色や想いをたくさん伝えられればと準備を進めています。遠く離れた新潟であっても未だ見ぬ街であっても、向かい合う日々の中に「大切に考えたい」事は共通のものであるはずです。身の丈にあった話を踏まえながら精一杯与えられた役割を果たしたいと思っています。

■2011年11月03日(木)  来週の予定 営業は木曜日のみ
grp1104130158.jpg 960×720 108K 文化の日という事で今日は街の中の喫茶店あっぷるは定休日となっています。来週7日からの街の中の喫茶店あっぷるは、京都旅行や特別注文の大量弁当製造等、色々な行事や特別な取り組みも重なり、週の殆どをお休みとさせて頂く事となっています。毎日あっぷるに来て下さっているお客様には多大なご迷惑をおかけしますが何卒ご協力の程、よろしくお願い致します。

 11月7日(月)〜8日(火) 京都一泊旅行のために休業
 11月9日(水) 定休日
 11月10日(木) 営業
 11月11日(金)〜12日(土) 休業

2011年秋の旅行は京都・滋賀方面への一泊旅行となります。

■2011年11月02日(水)  給料ミーティング 
PB022465.JPG 800×600 243K 今日水曜日は毎月一度の「給料ミーティング」街の中の喫茶店は定休日という事でみんなとの話し合いの時間となりました。ロールケーキ製造は一時中止といった状況が継続されている今であっても今月もたくさんの「収益」をみんなで分け合う事となりました。毎日のお弁当や日替わりランチに加えて充実して来たサイドメニュー、そうした状況もあって日替わりランチが完売となった後も多くのお客さんをつなぎとめています。ハンバーガーに今旬の焼きカレー、そしてスパゲッテイーや焼きそば等、あっぷるオリジナルのメニューが随分と彩りを添える形で置かれています。必要経費を差し引いての収益を分け合ういつもの給料ミーティングとなりました。

 10月からHeartlandのスタッフとして勤務する事となった吉崎さん、今月が初めてのみんなとの給料ミーティングの時間となりました。一通りの会議を終え終了間近の頃にみんなに言葉を贈っていました。「私はずっと競争の社会の中で生きてきた、少しでも売れる染め物を作り販売する、収益はそれに見合う形で支給され競い合う…そんな社会に生きてきました。「けれどここはそうした社会とは全然違う価値観があって…みんなは素晴らしいと思います。助け合いながら誰が休めば誰かがそれを補う…チームワークというかとにかく素晴らしいみんなだと思います。」「素晴らしい…自信を持って欲しいと思います。集約すればそんな言葉であった様に思えます。世の常とは違う価値観が散りばめられたあっぷる…スタッフとしてみんなと共に過ごし始めた吉崎さんにとって、この場所の日常に遭遇する新しい価値観は感動と驚きを伴ってのもの…ナチュラルな言葉の響きはメンバー一人一人にしっかりと届いた事と思います。

 給料ミーティングを終えたみんなはいよいよ京都への旅行モード、7日の出発はもう間近の事となって来ました。最終旅行行程の確認とあと数日の頑張りを経てみんなと出掛ける京都となります。

■2011年11月01日(火)  新しい月 今日から11月
PA272399.JPG 800×600 253K 今日から新しい月11月のスタートとなりました。しっかりと季節は秋、備え行く冬の寒さは今年1年の終わりが間近である事を実感させて行きます。テレビでは年賀状発売のニュースが流れ歳末の歳時記にあれこれと彩られ始めています。あっぷるはみんなが楽しみにしている旅行が来秋にと迫って来ました。今年もいつもと同様に金比羅バスを借り切っての旅行、みんなのリクエストが一番多かった「京都」への一泊の旅となります。清水寺に銀閣寺、詩仙堂を経て大原三千院から鞍馬へ、翌日は比叡山から琵琶湖ミシガンクルーズと楽しい時間が予定されています。応援団の美馬さんも旅行にはしっかりと参加、にぎやかなメンバーと同行といったところです。あっぷるの旅行は自己負担金を伴ってのもの…「自分の楽しみは自らで…」そんな意味合いを含めるが故にその「はじけ方」は底抜けに明るいものに…いずれにしても今年も楽しい旅の時間をみんなと持てればと思っています。

 今日は午後からメンバーだけの会議が行われました。忙しい時間帯を抜けてみんなが二階に集結、あれこれと自分達の日常についての話し合いを行っていきました。お弁当作りの反省点や喫茶業務で改善すべき事、朝のお米洗いはどうするのかといった事まで、自分達の周辺を見渡しながらの話し合いはとても建設的なものとなります。継続してゆくメンバー会議…あっぷるの中心となる輪郭でもあります。

 明日は「給料ミーティング」水曜日の為の街の中の喫茶店あっぷるは定休日、朝からみんなが集い話ゆく時間となっています。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記