[ 社会福祉法人ハートランド HOME ]

■2012年02月29日(水)  障害者自立支援法改正 松山へ
DSC01606.JPG 800×600 285K今日は水曜日という事で街の中の喫茶店あっぷるもApple Sweets 工房も定休日、2月1日のオープンから駆け抜ける様にみんなで過ごした2月も今日で終わり、振り返る時間の無き程の早さの中、暦は明日から弥生3月を迎え行く事となります。今日のお休みはメンバーはゆつくりとそれぞれの時間の中、良い休息を取っているものと思います。

 今般障害者自立支援法が改正、報酬単価の改定などが盛りこまれた改訂がこの春に執り行われて行く事となっています。徳島県でも合同説明会が執り行われ、改正や新法に向けて「どう読み取る」のか様々な文字の中に囲まれる様に「今」が過ぎゆきます。金曜日からは松山へ…ハートピアみなみ徳永さん主催の研修会が開催される予定となっており、高知県さんかく広場の武田さんと共々、改正や新法に向けて私たちが「どう在るか」を議論する会議にて話を行う事となっています。金曜日の午後に徳島を発ち松山へ、懐かしい徳永さんとの再会も含めて、新しい世の動向を見つめ行き、私たちが「どう在るべきか」を考える、そんな週末となりそうです。

 明日は午後から徳島新聞社の取材も予定されています。Apple Sweets 工房オープンから1ヶ月…そんな取材続編といったところです。

■2012年02月28日(火)  徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会 学習会
DSC01627-1.JPG 800×600 221K 今週の土曜日は街の中の喫茶店あっぷるもApple Sweets 工房も「臨時休業」として徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会の定例学習会にスタッフ全員が参加、Apple Sweets 工房の「誕生」やHEARTLANDの活動に関してスタッフの阿部が発表を行う予定となっています。生憎僕は前日の金曜日から愛媛に出向き、ちょうど同じ土曜日の週日、障害者自立支援法の改正、新法に対してのシンポジュームに参加する予定、今回は残念ながら欠席という事になりますが、Apple Sweets 工房の近況も含めてしっかりと話をして来て欲しいものと思っています。

 Apple Sweets 工房のオープンで始まった2月も明日で終わり、まだまだ寒さ厳しい中に弥生3月を迎える事となります。この1ヶ月の「総括」を行いながら、2つとなった活動をどのように継続していくのか、メンバーの声や想いにも耳を傾けながらこれからの活動の「形」を今一度きちんと考えてみたいと思っています。

 今日は午後にきんこさんがApple Sweets 工房に来店、内職作業の一つとして「箸ふくろ」を考案して下さっています。きんこさんのイラストを載せての箸ふくろ、取り組みに向けての準備を一緒に進めていく事となります。忙しい日常にあってあれこれあれこれのきんこさん、本当に感謝感謝です。

■2012年02月27日(月)  とくしまマルシェ あれこれ
DSC01609.JPG 800×600 262K 岡山で行われた精神保健福祉士実習指導者研修会に参加していた事もあって、今回は不在であったとくしまマルシェ、スタッフからの報告を聞けば今回も「大盛況」だったとの様子、嬉しい限りの事です。用意していたロールケーキやお弁当もあっという間に完売、店内には溢れんばかりの「人」が立ち寄って下さった様子、何よりメンバーみんなにとっても嬉しい1日であった事と思います。

 FacebookWeb上ではApple Sweets 工房の記事があれこれと掲載されている様子、まだお会いした事も無い方々からの「声」は何か不思議な感覚さえ覚えゆきますが「確かなこと」としてどれもこれもが嬉しい私たちへのメッセージとなります。いつかお会いする事の出来た際にはぜひ声を掛けて頂ければと思います。

 障害者自立支援法の基盤整備・備品整備事業の補助金を頂いてオープンとなったApple Sweets 工房、今日県担当課の高田様がApple Sweets 工房に来て下さり、その事業完了の査察を行って下さいました。今般のご配慮が無ければ「生まれなかった場所」あらためての御礼を伝えさせていただきました。「人の中に・街の中に」その言葉がとても似合う素敵な場所がこうして生まれ拡がりゆく「今」を、とても幸せな事だと思います。誠実にこれからの日常や活動を進めていきたいと思うだけです。小雪舞い散る中、本当にありがとうごそざいました。

 Apple Sweets 工房オープンからかれこれ1ヶ月、私たちの想像を遙かに超えて「未来」は拡がって行きそうな予感、徳島新聞社から再度の取材依頼も…「オープン1ヶ月を経過して」そんな題目との事、近々取材となりそうです。

■2012年02月26日(日)  精神保健福祉士 実習指導者研修会 岡山
P2260621.JPG 600×800 226K 土曜日の早朝から日曜日の夕刻までまさに「びっしり」精神保健福祉士実習指導者研修会に出向いて来ました。精神保健福祉士の国家資格取得に係る「実習」そのカリキュラム変更に伴っての今回の指導者研修受講、2日間併せて厚生労働省所定の14時間半の講義と演習となりました。会場となったのは岡山オルガホール、参加されていた方々は総数120名を超えての受講者、顔見知って下さっていた方々も多数「いつも山下さんは話をする側なので今日明日はしんどいでしょう」と何ともおかしな心遣いも多数頂いての2日間、あらためて「学ぶ」そんな時間ともなりました。

 講師を勤めていた日本福祉大学の斉藤先生や広島友和病院の木村さん、そして岡山まきび病院の梶元さんなど久しぶりの再会も含めて「びっしり・ぎっしり」の岡山となりました。初日の研修会終了後には木村さんとも「一杯」新幹線で広島に帰宅という事もあって少しの時間ではあったのですが、ゆつくりと言葉を交わし合う時間も持てました。

 やはり「原点回帰」という事、大切な事柄の「本質」みたいな事…変わらない大きな人が何一つ変わらないままの光景は「すごさ」と共に「信頼感」を増幅させてくれます。まぁ何とかとりあえず終えた実習指導者研修、これからのHEARTLANDでの精神保健福祉実習に役立てていきたいと思います。

■2012年02月24日(金)  イコールグルメ WEB
P2240617.JPG 800×600 140K先日オープンしたばかりのApple Sweets 工房に取材に来て下さった、徳島新聞社・広告局地域資源発信事務局のイコールグルメサイトに、Apple Sweets 工房の記事が大きく掲載されています。長い時間に渡っての取材を経ての掲載文字は、本当に嬉しい限りの広報記事です。期間限定でのサイト掲載との事ですが、こうした色々な機会を通じてApple Sweets 工房や街の中の喫茶店あっぷるの活動を多くの人が知って下さる…本当にありがたい事です。心より感謝申し上げます。下記のアドレスがサイト、写真入りのサイト掲載となっています。ぜひ一度ご覧下さい。

 イコールグルメサイト http://gourmet.equ.jp/?p=8845

明日土曜日から日曜日にかけて岡山市に出向き「精神保健福祉士実習指導者研修会」に2日間びっしりと参加する事となっています。精神保健福祉士国家資格取得を目指す人達の必修である「実習」その実施要項が改正となり、あらためて指導者研修を受講する必要が生じてのものです。瀬戸大橋を渡っての2日間、研修会担当講師の方々との再会も少しばかり変な感じ(普段顔見知りの方々ばかり)ではあるのですが、しっかりと2日間「学びたい」と思っています。

 Apple Sweets 工房は今週日曜日の「とくしまマルシェ」時に営業、明日から忙しくとくしまマルシェに向けた「準備」に取り掛かる事となっています。少しばかり温かなここ数日、川風が流れるとくしまマルシェにお越しの際には、ぜひApple Sweets 工房にお立ち寄り下さい。(写真はただ今試作中の生チョコレートプリン) 

■2012年02月23日(木)  ゆっくりとした時間
P2230569.JPG 800×600 222K 相変わらず忙しい街の中の喫茶店あっぷるとApple Sweets 工房の毎日ですが、毎週木曜日の午後、Apple Sweets 工房の二階で「内職作業」を行う時間を持っています。まだ作業といった形取ったものではないのですが、早すぎる時間の流れから少しだけ離れた「まったりタイム」の意味も含めての時間、ロール天使くるるの携帯ストラップ作りやロールケーキパッケージのシール貼りなど、ゆつくりとした時間をみんなと共に持っている、そんな内職作業の風景です。

 毎週木曜日の午後、内職の時間に寄りそって下さっているのは山田さん、昨年までひかり協会徳島県事務所の所長さんであった方、長年ひかり協会の活動(森永ヒ素ミルク被害者救済事業)を行って来た経歴もあり、あっぷるのメンバーともあっという間に馴染みゆく姿が見られます。

今日の時間も山田さんが用意してくれた「折り紙」の書籍をみんなが眺めながら、街の中の喫茶店あっぷるで使用する「オリジナル箸袋」の製作に取り組む事をみんなで話し合っていました。忙しい喫茶店やApple Sweets 工房とは違った時間の流れが、緩やかに継続されていければいいかなと思います。

■2012年02月22日(水)  メンバーの文字 かわら版2月号
P2200540.JPG 800×600 275K  2月1日に待ちに待ったApple Sweets 工房が新町川ボードウォーク沿いにオープンしました。店内から見える 外の景色はきれいだし、くつろげる場所になっています。メニューはロールケーキ・プリンなどがあります。その他のキャラクターグッズ Tシャツカバンなど色々な商品が揃っているので、ぜひお立ち寄り下さい。籠屋街の喫茶店あっぷるも引き続き変わらぬご愛顧よろしくお願い致します。

  いつもあっぷるにご来店下さいましてありがとうございます。今年も早いものでもう2月になりました。寒い日が続き体調を崩してしまっているメンバーもいますが、お弁当・ランチみんなで頑張っています。お客様にながく待って頂いていたApple Sweets 工房が2月1日にオープンしました。Apple Sweets 工房をよろしくお願いいたします。また手作りプリンも販売していますので、ぜひお立ち寄りください。

  少し前、タクシーに乗り「籠屋町あっぷるまで」と言うと「はい」と返事が‥「どこにあるんで」と何度か聞かれ
  たのですが、その人は知ってくれていました。ロールケーキの工房がオープンしたことを話をしてみた。「新聞
  に出ていたなぁ」と病気と年には勝てませんが、ちよっとしたコトバから元気をもらったような気がしました。作
  りたての弁当、ロールケーキも大人気です。みんなで頑張っています。

  Apple Sweets 工房がオープンして2月の「かわら版」です。1月は弁当を作りながら殆ど休みが無く、2月1日
  にスイーツ工房がボードウォーク沿いにできて、皆ヘトヘトになりながら、スタッフも風邪を引いたり‥メン
  バーも次々に体調を崩し、このまま倒れる位の勢いだったので心配でした。今日でちょうど一週間になりまし
  た。12時から17時までなのでぜひ近くを歩いた時は一度のぞいてみて下さい。スタッフ・メンバーが腕をふ
  るってロールケーキと温かいコーヒーでお待ちしています。

  2月1日にApple Sweets 工房がオープンしました。あっぷるのロールケーキはスポンジケーキはしっとりして
  いて、中のクリームはほどよい甘さに仕上がっています。またあっプリンは濃厚な味が口いっぱいに広がり
  ます。これからもみんなで力をあわせて美味しいものを作っていきたいと思います。

  寒さもきびしくなって来ましたね。私は寒いのが苦手ですが毎日頑張っています。
  Apple Sweets 工房もよろしくお願いします。

  あっぷるで働き出してはや4ヶ月が経ちました。最初は不安で四苦八苦していました。でもメンバーやスタッフ
  の皆さんの優しさにふれてふっぷるでいる時間が好きになりました。まだあんまり日数は来られていないの
  ですが、Apple Sweets 工房の誕生は嬉しいです。私も甘い匂いに包まれて働きたいです。私は私らしく少し
  ずつ日数を増やしたいです。Apple Sweets 工房はまだ見た事がないので早く見たいです。

  1月29日Apple Sweets 工房のプレオープンをしてもう1週間が経ちました。ロールケーキの予約がたくさんあ
  り毎日忙しいです。喫茶店のランチも相変わらず満席でとても忙しいです。ランチの他にも焼きカレー・焼き
  そば・スパゲッティーナポリタン・エビピラフな・うどんセットなどもあります。スイーツ工房ではカフェも出来ま
  すのでぜひApple Sweets 工房に食べに来て下さい。その他、西山きんこさんがデザインしてくれたグッズ・T
  シャツ・バッグ・タオルなども販売しているのでぜひ買ってください。

  初めまして、新人の奥ちゃんです。初めての「かわら版」です。私は7年前に父親を亡くし母親と暮らしていて、
  2年前に仕事を辞めてから心を病んでしまい苦しい日々を送っていました。あっぷるに来た理由は自分と向
  き合うためと、Apple のロールケーキといちご大福の大ファンで、自分でもここで習って作りたいなぁと思って
  いましたが、まさか働けるとは思ってもみなかった事だったんですけど、今は大変な事もあるけど楽しくて頭
  からアイデアが湧き出るほどで、どんどん自分と向き合う事で失いかけていた夢も取り戻してきて、中学時代
  から思い続けてた私と父親の夢でもあった、海外で自分の店を持つことです。「叶えられたらいいなぁ」じゃな
  く、時間がかかっても生きている限り叶えます。そう思えるようになったのは、あっぷるのみんなと支え続けて
  くれてる方のお陰ですごく感謝しています。本当にありがとうございます。まだまだこれからしたい事は、ロー
  ルケーキ作り、マクラメあめでアクセサリー作り、三線を買って弾けるようになって、あっぷるで弾くこと、たく
  さんありすぎて何からすればいいか迷いながら歩んで行こうと思います。
  PS Apple Sweets 工房も頑張っていくのでよろしくお願いいたします。

■2012年02月21日(火)  Apple Sweets 工房 たくさんのお客さん
P2200542.JPG 600×800 271K 2月1日Apple Sweets 工房オープン以来、本当に想像した以上のお客さんが店に立ち寄って下さっています。ロールケーキセットを食べに来て下さる方、そして箱入りやハーフを注文下さる方、「美味しかったです」とリピーターの方、Apple Sweets 工房オープン以前にロールケーキファンふだった方…本当に様々な方が駐車場の無いボードウォークを徒歩でお店まで足を運んで下さっています。ある程度の「忙しさ」は事前に想定していたものの、遙かにそれを超えての盛況は嬉しい限りの事です。顔見知りになってゆく事も含めて、ホットな街角のスポットになれば嬉しい…そんな想いにも駆り立てられていきます。

 今日は「阿波木偶箱廻し」の中内さんからお弁当の特別注文があり、いつもの製造数にプラスして100食を超えてのお弁当作り、そしてロールケーキも多数納めさせて頂きました。高知県から研修参加されていた方々との事、すぐにロールケーキ箱入りの追加注文が舞い込んできました。美味しかった様子、まとめて40本もの箱入りを注文下さいました。

 明日は久しぶりのみんなの「休日」しっかりと休憩をとってまた明後日からの忙しい日々に、そして週末の「とくしまマルシェ」の準備等に備えてもらいたいものです。

徳島市中心市街地街づくり協議会ブログ http://machizukuri.betoku.jp/article/0492180.html

■2012年02月20日(月)  Apple Sweets 工房を視察
P2180530.JPG 800×600 231K 先日Apple Sweets 工房に見学に来て下さった四国学院大学西谷先生が、ご自身が運営をなされているNPO法人SAJAの「理事長のひとりごと」にその時の様子を記載して下さっています。

先週の土曜日は、3年ゼミ生5名と一緒に徳島市で活動を展開している社会福祉法人ハートランドあっぷるにお邪魔しました。今回の訪問の目的は、2月1日に就労継続支援事業のサテライトとしてオープンした「Apple Sweets Studio」の視察です。
 10時に大学を出発、途中遅刻してきた学生に厳重注意する等のハプニングもあって12時前にようやく到着しました。まずは喫茶店「あっぷる」でいつもの美味しいランチを食べましたぁ。私の場合、あっぷるはお馴染みの場所であり、安らぎの空間でもあります。しかしこの日は、久しぶりに会えたメンバーに声をかけるタイミングに躊躇するほどの大忙し.....次から次へと来店するお客さんにメンバー達は動じることなく接客しています。いつものことながら大した人達です(笑)。
 昼食の後は、2Fに移動してハートランドの山下理事長より何やら怪しい説明(私たちの間では講義とも言う)があったとかなかったとか....(笑)。というのも、学生達だけが2Fに移動し、私は1Fで相変わらず忙しく仕事をするメンバー達を見ていましたので詳しくは分かりません。

 さて、あっぷるという場所がどんな所かということを学生達が理解し始めたところで、今回の訪問先である「あっぷるスウィーツ工房」に歩いて移動しました。ちょうど喫茶店「あっぷる」から徒歩5分程度のところ、行ってみると分かりますがリバーサイドのオシャレな通りにその工房はありました。西からの風が強く、雪も舞い散る寒い日でしたが、何故かその場所だけは暖かい彩と雰囲気に包まれていました。お店のドアには大好評のロールケーキに因んで「巻き込んだのはあなたの夢です!!」なんてキャッチコピーが描かれています。入店するとスタッフの阿部さんと女性メンバーが笑顔で迎えてくれました。" しばらく〜元気?"...そんないつものご挨拶で始まって、ロールケーキセットを注文。当たり前ですが、やっぱり"美味しかったぁ"(笑)。そして、阿部さんからも活動の経緯等を話してもらい、学生にとっては本当に良い学びとなりました。暫くお店で過ごしていると、こちらも次々と来客があり、私達が営業の邪魔になるくらいです。そのようなわけで、頃よい時間にお土産を買って工房を後にしました。

 ハートランドの皆さん、ありがとうございました。次は、NPO法人サヤのいつものスタッフとメンバーで遊びに行きますネ。

 NPO法人SAJA http://www.nposaja.com/

■2012年02月19日(日)  四国学院大学より 西谷先生と学生たち
2012-02-19.jpg 800×566 142K 小雪の舞い散るような寒さ一日の昼時、四国学院大学の西谷先生と学生5名が街の中の喫茶店あっぷるとApple Sweets 工房の見学に来てくれました。昨晩からの寒波でApple Sweets 工房前の風景には雪が舞う中、喫茶店で日替わりランチを食べて頂きその後Apple Sweets 工房に…ゆっくりとした時間の中、西谷先生と学生たちとの一日となりました。

 西谷先生との出会いは京都から徳島に来たかれこれ20年前に遡ります。まだ互いに精神科ソーシャルワーカーとして精神病院でそれぞれに勤務していた時代、当時西谷先生が勤務する丸亀市の「三船病院」で毎月定例開催されていた香川PSW研究会、月に一度の勉強会に徳島から車を走らせての時間、織りなすようなあの頃から今に至ってのお付き合いをさせて頂いています。互いに歳はとっても変わる事のない想いみたいなもの、一瞬で時を超えるようにあの頃へと誘ってくれます。

 今日Apple Sweets 工房に来てくれた学生たちは3回生、精神保健福祉士を目指す彼らは今年大学で担当していた「精神保健福祉援助演習」を受講していた学生でもあります。ロールケーキセットを食べながらスタッフの阿部が活動や状況の説明を行いました。メンバーとのあれこれも交えての時間、良き施設見学の一日となってくれていれば幸いです。寒い一日、遠路からの来所、西谷先生そして学生の方々、どうもありがとうございました。

■2012年02月17日(金)  寒波再来
P2170514.JPG 800×600 323K 寒波再来、朝は穏やかな1日の始まりにあったのですが、午後になって次第に寒さが増しApple Sweets 工房の前にも小雪が舞い踊るそんな寒さの1日となりました。寒さの中にあつてもApple Sweets 工房は忙しい時間の流れの中に、ボードウォーク沿いの店舗にはたくさんの方が足を運んで下さりロールケーキを次々と購入して下さいます。初めての人そしてリピートの人、それに応える様に厨房のオーブンはずっとフル稼働といった様子です。

 らくがきやの樫谷さんもいつもの様にひよっこらと登場、すっかりみんなとも顔馴染みとなった樫谷さんは春、出羽島への日帰りレクをみんなに話し掛けて下さいます。「知り合いの別荘があるので一緒にどうですか…」計そんな嬉しいお誘いをみんなに繰り返して下さいます。温かくなった春頃、そんな時間になればと思っています。石井町にある「れもん」の松前さんも登場、ロールケーキをたくさん購入して下さいました。明日は工事でお世話になった大谷さんからの注文ロールケーキ8本も待機、まだまだ忙しくフル稼働のApple Sweets 工房です。

 夕刻にはApple Sweets 工房のオープンに併せて「和三盆」を贈って下さった阿波市吉野町の「服部精糖所」にお礼を含めてロールケーキを持参、ご挨拶に伺ってきました。徳島が誇る「和三盆」また新しいApple Sweets 工房の「商品」作りの際にお菓子の食材として検討出来ればと思っています。高価な和三盆をどうもありがとうございました。

  服部精糖所 http://www.awawasanbon.com/  

■2012年02月16日(木)  徳島新聞 朝刊 読者の手紙
P2160507.JPG 600×800 185K 今朝の徳島新聞朝刊の「読者の手紙」社会福祉法人ハートランドやApple Sweets 工房の投稿記事が掲載されていました。投稿して下さった方は遙か遠く広島に在住の方、サプライズな掲載記事は私たちの取り組みへの大きなエールに満ちたものでした。

目の前に在る人、そして遠く離れたお会いする事も無い人、様々な人が私たちの活動を見つめて下さっている、そんな事をあらためて感じた朝刊の文字でした。直接お返しする事もなかなか出来ないのですが、こうした方々の想いを束ねながら目の前の日々をみんなで頑張って行きたいと思います。遠く広島からのお手紙に心より感謝申し上げます。

 徳島のタウン誌「Cu」3月号にもApple Sweets 工房の記事が大きく掲載されています。そこには「障害者」「福祉」といった文字は一切見あたらず、この街に在る店舗としてのもの…活動当初から指標とした一つの方向でもあり、フト感慨深くもなります。お弁当注文を頂く籠屋町郵便局の方や普段お世話になっている阿波銀行の方、そしてたくさんのお客さんからも「載ってましたね、見ましたよ」とそんな言葉をたくさん頂きました。Apple Sweets 工房でも同様の声が…色々なメディアを通じて活動を知って頂く…嬉しい限りの事です。

■2012年02月15日(水)  かわら版より メンバーの原稿
P2140471.JPG 800×600 299K初めまして、新人の奥ちゃんです。初めての「かわら版」です。私は7年前に父親を亡くし母親と暮らしていて、2年前に仕事を辞めてから心を病んでしまい苦しい日々を送っていました。あっぷるに来た理由は自分と向き合うためと、Apple のロールケーキといちご大福の大ファンで、自分でもここで習って作りたいなぁと思って
いましたが、まさか働けるとは思ってもみなかった事だったんですけど、今は大変な事もあるけど楽しくて頭からアイデアが湧き出るほどで、どんどん自分と向き合う事で失いかけていた夢も取り戻してきて、中学時代から思い続けてた私と父親の夢でもあった、海外で自分の店を持つことです。「叶えられたらいいなぁ」じゃな
く、時間がかかっても生きている限り叶えます。そう思えるようになったのは、あっぷるのみんなと支え続けてくれてる方のお陰ですごく感謝しています。本当にありがとうございます。まだまだこれからしたい事は、ロールケーキ作り、マクラメあめでアクセサリー作り、三線を買って弾けるようになって、あっぷるで弾くこと、たくさんありすぎて何からすればいいか迷いながら歩んで行こうと思います。

PS Apple Sweets 工房も頑張っていくのでよろしくお願いいたします。


あっぷるで働き出してはや4ヶ月が経ちました。最初は不安で四苦八苦していました。でもメンバーやスタッフの皆さんの優しさにふれてふっぷるでいる時間が好きになりました。まだあんまり日数は来られていないのですが、Apple Sweets 工房の誕生は嬉しいです。私も甘い匂いに包まれて働きたいです。私は私らしく少し
ずつ日数を増やしたいです。Apple Sweets 工房はまだ見た事がないので早く見たいです。

少し前、タクシーに乗り「籠屋町あっぷるまで」と言うと「はい」と返事が‥「どこにあるんで」と何度か聞かれたのですが、その人は知ってくれていました。ロールケーキの工房がオープンしたことを話をしてみた。「新聞に出ていたなぁ」と病気と年には勝てませんが、ちよっとしたコトバから元気をもらったような気がしました。作りたての弁当、ロールケーキも大人気です。みんなで頑張っています。

 Apple Sweets 工房がオープンして2月の「かわら版」です。1月は弁当を作りながら殆ど休みが無く、2月1日にスイーツ工房がボードウォーク沿いにできて、皆ヘトヘトになりながら、スタッフも風邪を引いたり‥メン
バーも次々に体調を崩し、このまま倒れる位の勢いだったので心配でした。今日でちょうど一週間になりました。12時から17時までなのでぜひ近くを歩いた時は一度のぞいてみて下さい。スタッフ・メンバーが腕をふるってロールケーキと温かいコーヒーでお待ちしています。

■2012年02月14日(火)  バレンタインデー 手書きメッセージチョコ
P2140462.JPG 800×600 409K 今日は「バレンタインデー」という事であっぷるでは毎年恒例となって来た「手 書きメッセージのチョコレート」が用意され、朝の会であっぷるのメンバーみんなに配られていました。白いチョコレートペンで書き記されたメンバー一人一人へのメッセージは、前日スタッフが四苦八苦しながら書き記したもの…ささやかなプレゼンとですがスタッフからメンバーへの感謝と労いのちよっとしたもの、嬉しそうに微笑むみんなの姿がありました。それにお返しするかの様に、今度はメンバーからスタッフにチョコレートのプレゼントが配られていました。「ご苦労様です」そんな言葉を添えてくれてのチョコは何より嬉しいもの…優しいみんなに感謝感激です。

 午後にはかれこれ25名の方々が街の中の喫茶店あっぷるに…「とくったー」の会議を街の中の喫茶店あっぷるにと提案して下さったご近所の安田さん共々、たくさんの方々がその会議場として街の中の喫茶店あっぷるを利用して下りました。ロールケーキセットの注文も…会議を終えた後にはApple Sweets 工房の見学も…色々なこうした機会や出会いの中、また一人この場所の営みや活動をそして彼らの存在を知って頂ける事は嬉しい限りの事です。安田さんどうもありがとうございました。

■2012年02月13日(月)  かわら版 2月号 続編
P2090449.JPG 800×600 262K一年で一番寒いこの時期に、あっぷるのもう一つの場所「Apple Sweets工房」は生まれました。12時の開店目指して店先に色とりどりの花(開店のお祝いに頂いた)を並べイーゼルをセット、最後に真っ赤な看板フラッグを立て掛けてふと顔を上げるとすぐ目の前が新町川。寒い朝でもなんとも気持ちがいい。そして、工房のオーブンに火が入ると外気とは打って変わっての暖かさ、とまもなくお砂糖を焦がしたような甘い香りが店内いっぱいに広がります。オープンからもう幾日こんな朝を迎えたでしょう。「ケーキを焼く工房がほしい」そう想い続けて本当にこうして今流れる時間に、感謝の想い以外ありません。
そしてオープンの日から、あっちとこっち弁当にロールケーキと何が何だか分からないくらい頑張っているメンバーの「めちゃめちゃ忙しいっ」の言葉は本当にその通りなのだと思います。でもふと考えるとこの忙殺されるような忙しさというのは、どう考えても「めちゃめちゃ嬉しい」と同義語、待ち望んで、生みの苦しみを経験し、自分たちの場所を作り上げて行く、すべて初めての経験ばかり、新米ママの子育て奮闘記は始まったばかりなのです。でも嬉しいことにこの場所には、本当にたくさんの人が見て(想いを寄せて)くださっていて、たとえ夜泣きで眠れない夜があったって、高熱でお医者に走る日があったって、きっと今しかできない経験であることを自ら求められるなら、その可能性はやってみないと分からない、嬉しい応援団を傍に感じながら素敵に時間は流れていきます。
オープンして数日だけれど新しい制服に身を包み、「いらっしゃいませー」とお客様にショーウインドー越しに話しかけている皆の姿を見ていると、本当にこの可能性はまだまだ想像できないなぁと思います。そして今日も小さな工房に足を運んでくださるお客様、きっとどこかに車を止めてわざわざ来てくださった方ばかり、本当に嬉しいことです。頑張ろう。冷たそうな2月の新町川にそう誓いました。   
                                       街の中の喫茶店 あっぷるスタッフ 阿部千恵


 Apple Sweets 工房2/1日(水)無事にオープンを迎えることが出来ました。たくさんの愛ある支援に支えられ、Apple Sweets 工房は誕生できたんだと実感しています。心より感謝しています、ありがとうございました。この大切な大事な期間を、あっぷるのみんなと一緒に歩んで来れたことに喜びを感じています。

歩むというよりも駆け足で走ってきたという感覚ですが(笑) 時には全速力でダッシュの時もあり、時には心弾ませスキップする時も、この駆け巡る時をあっぷるのメンバー達は確かに過ごして来たのです。この期間を過ごした中で、メンバー一人一人の感じ方は違っても、きっととても辛い時もあっただろうし、疲れた時もあったでしょう。でもみんなで助け愛、はげまし愛、笑い愛、乗り越えて、今誰一人として欠けることなくあっぷるで立っている、前よりも力強く立っていることに、私は嬉しく、彼女、彼らの強くなった心に感動を覚えます。「こんな素晴らしい場所があっぷるなんです」今、外に出るのが少し辛いなあ、人と関わるのがちよっと恐ろしいなぁと思っている人、少し勇気を出してあっぷるに来てみませんか? きっと喜・怒・哀・楽と色々な感情が待っていますよ。

街の中の喫茶店 あっぷる スタッフ 伊藤理子

■2012年02月12日(日)  かわら版 2月号より
P2010393.jpg 800×600 274Kもう間もなく「かわら版 2月号」が発行されます。先行で少しばかり…

Apple Sweets 工房がオープンして一週間が経ちました。去年11月に場所など話が具体的になってから僅か3ヶ月。あれよあれよと夢のように日が過ぎ去って、今こうして現実にお店が稼働してみると、あまりのスピードにまるで魔法でも見せられたような錯覚にとらわれます。もちろんその間多くの方々のまことが寄せられ渾身の協力があったことは云うまでもありませんが、まるで何か大きな力に押されているような引っ張られているような感じというのでしょうか。過去、ハートランドの歴史に刻まれた数多の目には見えないまこと真実の積み重ねの力を見る思いがします。
 
 2月のSweets工房オープン直前、ある日の朝の会で、メンバーみんなから手書きのメッセージカードがスタッフに贈られました。「毎日朝早くから夜まで頑張ってくれてありがとうございます」「これからもあっぷるで頑張るのでよろしくお願いします」知り合って日の浅い自分にまで 色んな気遣いや真心のこもった手紙を貰って本当に胸がジーンとしてしまいました。まだまだスタッフとして立てていない半人前の自分を受け入れてくれて、みんなを見ているつもりが逆に見守られているような、癒されているような感覚をあらためて持ちました。みんなどうしてこんなに優しいんだろう。色んな障害や重い事情を背負ってきっとつらい気持ちや悲しい思いをしてきただろうに・・・。
 
 よく人は自分がしあわせでなければ人には優しく出来ないと云います。それは自分の体験上からもよく分かります。もちろん、しあわせ感というのは人それぞれの価値観や生き方で様々ですが、あっぷるで日々頑張っているメンバーを見ていて思うのは、生きるよろこびやしあわせは、こえていく力に宿るのではないかということです。今、毎日あっぷるで頑張っているメンバーも通所し始めは当然一歩踏み出す勇気がいったでしょうし、ありのままの自分を受け入れる事も難しかったかも知れません。今のようにバリバリ動き回れるようになるまでには様々な葛藤があり色んな山越え谷越えしてきたでしょう。そして今そんなメンバーの忙しく立ち回る姿から垣間見る表情に、色んなものをこえてきた人がもつ“しあわせ”を感じるのは自分だけでしょうか。きっと街の中の喫茶店 あっぷる は、みんなが少しの勇気とがんばりでそんな“しあわせ”を手に入れられる、そして人に思いやりや優しい心を育んでいける場所なんだと思います。
 斯く云う私も決して強くはないし、むしろ弱い人間だからそんなメンバーの姿から学び共に成長して行けたらなあと思うのです。
                  街の中の喫茶店 あっぷる スタッフ 吉崎氏登

■2012年02月11日(土)  休日返上のスタッフ会議
P2090440.JPG 800×600 222K休日を返上して朝からスタッフは全員集合、追い立てられる事の無い時間の中で色々な話し合いを行いました。Apple Sweets 工房かがオープンして紛れもなく活動場所が二つとなった「今」あちら側とこちら側をきちんと見渡して行く事が、物理的にも時間的にも難しくなりつつあります。

 北島田でお弁当を製造していた折りにオープンとなった街の中の喫茶店あっぷる、その時同様の「今」なかなか時間を取りみんなで集い行くことは難しい事でもあるのですが、その辺りの教訓も踏まえつつのスタッフ会議としました。「全体を見つめる」そうした視座を持つことはスタッフにとって必要な事、忙しさに負けてしまう事なく色々な心配りや目配りをきちんと同席させて行きたいと思っています。

 来週14日はバレンタインデー…今年もスタッフで手書きのメッセージが入ったチョコレートをメンバーみんなに手渡す事としました。一人一人の「今」に贈るメッセージをチョコに手書きで…毎年みんなに好評のチョコ、今年も密やかにスタッフで準備を行う事となりました。今日明日と世は連休、メンバーもそれぞれの時間の中でゆつくりのんびりと過ごして欲しいものです。

■2012年02月10日(金)  終日大学での講義 四国学院大学
P2090439.JPG 800×600 244K今日は忙しい街の中の喫茶店あっぷるやApple Sweets 工房を横に置いて、週日四国学院大学での講義と補講を行って来ました。昨年4月からの大学暦1年も残すところあと1回、来週月曜日の講義が終わると長い長い春休みとなりました。今年度は夏にあみの全国大会等があった関係で休講も数回、その補講の講義も今日でようやく終える事となりました。

 Apple Sweets 工房には2012/02/11大きな大型冷凍庫が搬入されました。製造したケーキ等のストック保管としての冷凍庫、まだまだ必要な物品も多数あるのですか徐々にといった所です。たくさんの注文になかなかきちんと追いつかない嬉しい状況の一助として大活躍してくれる事と想います。

 Apple Sweets 工房の2階では「内職作業」を少しずつ行う事としています。昨日の木曜日数名のメンバーが夕刻に集合、ロール天使くるるの「携帯ストラップ」作りをみんなで行いました。寄り添ってくれるスタッフは社会福祉法人ハートランドの理事でもある山田さん、昨年まで森永ヒ素ミルク中毒の被害者救済を行う「ひかり協会・徳島県事務所」の所長さんであった方です。色々な内職作業への模索も含めての時間を重ねて行ければと思っています。忙しくにぎやかに流れるだけの時間と場所では無く、時計に追われない「のんびり」とした事柄もあっぷるの中に置いていく事で、色々なハンデイーをかかえ持った人達への間口を広めて行ければと思っています。

■2012年02月09日(木)  徳島新聞 地域資源発信事務局からの取材
P2090451.JPG 4032×3024 5662K 厳しい寒さが続きゆく毎日にあつても、あっぷるのみんなは忙しい毎日を頑張り続けています。Apple Sweets 工房も変わらずたくさんの方々が足を運んで下さり、ロールケーキやプリンを購入して帰って下さっています。新町川のボードウォーク沿い、車で直接店舗に来れないロケーションにも関わらず、近くのコインパーキングに車を止めてのApple Sweets 工房…嬉しい限りの事です。12:00のオープンと同時にショーケースに並べられたロールケーキはあっという間に「空っぽ」にそれからのお客様には予約という形で夕刻、もしくは翌日以降にロールケーキお渡しといった様子、たくさんの予約はゆうに100本を超えての本数、なかなか追いつけない嬉しいオープンからの状況が連続しています。

 今日は徳島新聞・地域資源発信事務局からの取材が午後にありました。お二人の記者さんがApple Sweets 工房…たくさんの質問を用意して下さり、スタッフの阿部が対応しました。ケーキやプリンも食べて頂き和やかな取材、みんな揃っての記念写真となりました。色々な「広報」「知って頂く」事への機会の提供、心より感謝申し上げます。

 午後には家主さんの奥様もお友達と一緒にApple Sweets 工房に…メンバーからの声掛けに微笑んで時を過ごして下さいました。そして遠く那賀町の陰岡保健師やこれまた遠く牟岐町の「うみがめ作業所」のスタッフの方も来店、どうもありがとうございました。

■2012年02月08日(水)  みんなとのミーティング
P2070419.JPG 800×600 269K 今日は水曜日という事でApple Sweets 工房も街の中の喫茶店あっぷるも定休日、毎月の第一水曜日はみんなが集まっての給料ミーテイングを行いました。先立つ時間でみんなとのミーテイングも…Apple Sweets 工房のオープンから約10日、忙しくなった日常やあれこれと想うそれぞれをメンバー一人一人に話をしてもらいました。

幕が上がった忙しさの真っ直中、改善すべき点や良き部分等、色々とみんなと共に整えてゆく未だその渦中…今この場所に集い日々を頑張るみんなと共に考えていきたいと思っています。スタッフも連日朝早くから深夜までの業務に追い立てられる状況、為すべき事柄の優先順位も見つめながら早すぎる1日の時間の流れと対峙しています。

 大学での講義や補講も残すところあと2回、今週金曜日と来週月曜日に講義を行うと学生達は春休みを迎える事となります。忙しさを横に置いての大学、今年度もあと残り少しとなって来ました。

 今月発行予定の「かわら版」原稿がみんなに手渡されました。Apple Sweets 工房がオープンした「今」またみんな一人一人の想いが綴られた文字が誌面を飾る事となります。

■2012年02月07日(火)  たくさんのロールケーキ注文
P2070425.JPG 800×600 189K 今日も一日本当にたくさんのロールケーキ注文が殺到、一生懸命に焼き続け巻き続けてもなかなか「追いつかない」そんな状況が毎日続いています。徳島新聞に何日かに渡り大きくApple Sweets 工房の記事が掲載された事、そして長い間ロールケーキ販売を待って下さっていた以前からのお客様、そして初めて食べて下さった方のリピートも含めてたくさんの注文…本当に嬉しい限りの事です。Apple Sweets 工房近くの方も散歩がてらに立ち寄って下さり、忙しい日々の中にも少しずつ「風景」に馴染んで行くような今日この頃といった様子です。

 新聞記事を見てかAppleに通所したい、そんな方の面接が今日ありました。市内のクリニックに受診中、木曜日に「体験通所」を行う形となりました。新しい場所での新しい日々が「未来」へとつながって行って欲しいと願います。

 今日は遠く高松「穴吹パティシエ福祉カレッジ」の岡崎先生がApple Sweets 工房に、来年度の講義についての話を頂きました。今年同様に精神保健福祉士の通信課程を担当、対面講義と共に通信での添削等を担当する事となります。

 午後には城西病院の方がApple Sweets 工房に…スタッフそして実習生、生活訓練施設を利用されている当事者の方3名、日替わりランチを街の中の喫茶店あっぷるで食べて頂いた後Apple Sweets 工房に、ロールケーキセットを注文頂きながらあれこれと話を…またゆるりと来て頂ければ幸いです、ありがとうございました。

■2012年02月06日(月)  Apple Sweets 工房 オープンから1週間
P2010372.JPG 800×600 326K 昨日の日曜日はApple Sweets 工房がオープンして初めて迎える日曜日、メンバーもスタッフも多少はのんびり?できた事かなと思っています。毎週月曜日に出向いている四国学院大学での講義も、今日と今週金曜日そして翌週の月曜日の3回を残すところとなりました。片道約90劼料営婿への道程、毎週講義資料を手作りで用意しての講義、一年間共に過ごした学生達ともあと少しの時間となりました。将来は精神保健福祉士の国家資格取得を目指しながらの学び、よりよき未来を自らの力で切り開いていって欲しいものと思います。

 Apple Sweets 工房がオープンしてから約1週間、オープン以前に想定した状況を遙かに超えた忙しさが臨席する毎日、本当に嬉しい事です。ロールケーキは手前味噌では無く、どの方からも「美味しい」とお褒めの言葉を頂き続けています。開店と同時にショーケースに並んだロールケーキはあっという間に完売、予約を頂いて後日に…そんなお詫びの言葉を買いに来て下さったたくさんの方々にスタッフやメンバーが繰り返しています。嬉しい日々にあっても生産出来る数には当然限度があって…どんな風にApple Sweets 工房の今後を考えていけば良いものか、そろそろ思案の時なのかも知れません。

明日は城西病院からの見学、そして高松の穴吹パティシエ福祉カレッジの岡崎先生が来所と「初めての方」がApple Sweets 工房にお出で下さる一日となっています。グッズプリントでお世話になっている「らくがき屋」さんのプログにロール天使くるるの記事を掲載して下さっています。ご覧下さい。

 らくがき屋フログ http://trakugakiya.seesaa.net/?1269853329

■2012年02月04日(土)  精神保健福祉士基幹研修 高松
201201061420_1155633638.jpg 642×853 335K Apple Sweets 工房の厨房に立っての一日の始まり…12:00オープンしてすぐに「完売」のロールケーキ…想定していた以上に劇的な一週間がオープンから過ぎました。メンバーも街の中の喫茶店あっぷるを含めてあっちにこっちにと頑張り続け、それに応えるようにスタッフも終日頑張り続ける、そんな日が連続しています。「まぁ少しはぼちぼちと」そんな言葉もしたためながら、しばし様子を見ながら今後の在るべき「型」を考えていきたいと思ってはいます。

 Apple Sweets 工房を少し横に置いて今日は午後から高松市に出向いて来ました。精神保健福祉士の基幹研修・四国ブロック研修会の講義一コマを担当する高松となりました。講師はいつもの布陣、四国学院大学の富島先生、そして高知さんかく広場の武田さん、そして僕とここ数年精神保健福祉士の基幹研修はこの3名がずっと講義を担当しています。

国家資格取得そして経験3年から5年以内の方々が対象、四国4県からの参加者を前にしての講義、そしてグループワークの時間を同席して来ました。年老いた常識ではなく未来を変えていくのはいつの世も若者達…若き精神保健福祉士の方々の活躍に期待したいと願うだけです。

■2012年02月03日(金)  Apple Sweets 工房 メンバーの頑張り
P2010364.JPG 800×600 280K Apple Sweets 工房がオープンし街の中の喫茶店あっぷるの活動と併せて2つのお店をみんながまかなう事となりました。互いに近い距離とは言え2つの場所の日常をきちんと送り届ける事はなかなか大変な事、嬉しい程の「忙しさ」の中あっぷるのメンバーの頑張りはそれはそれはすごいものがあります。新しいApple Sweets 工房の誕生で心躍る気分の下、日々のお弁当製造に始まり喫茶店での接客、そして2つの場所をあっちにこっちに…メンバーもスタッフも休むことなく動き続けています。街の中の喫茶店あっぷるも変わらず昼時は「満席」以前にも増してたくさんのお客さんが来店して下さっています。Apple Sweets 工房では追いつかない程の注文にオープンはフル稼働…そんな風に一日の時間が密度濃く流れているのがここ数日の様子です。

 「きっと疲れているだろうなぁ…」そんな心配をよそに実に「彼ら」は誠実に頑張りゆきます。それはたおやかなまでの精神性にも見えて、そんな彼らの姿に背中を押される想いがしてなりません。スタッフも余りの忙しさに「訳解らず」ではあっても、そんな彼らにきちんと「立たせてもらっている」はずです。Apple Sweets 工房オープンの一週間が間もなく終了、メンバーやスタッフの動きも少しずつ整理されていく事と思います。

 明日は精神保健福祉士の基幹研修が香川高松の「高松テルサ」で行われる予定「精神保健福祉士の実践論」の講義を一こま担当する事となっています。

■2012年02月02日(木)  たくさんのお客さん
P2010363.JPG 800×600 279K 今朝もApple Sweets 工房の記事が徳島新聞の朝刊に掲載されました。毎日新聞にも同様の記事が…そうした事もあってか本当にたくさんのお客さんがApple Sweets 工房に来て下さっています。新聞記事を見て、或いは以前食べたロールケーキが美味しいという事でのリピーターの方、狭いApple Sweets 工房の中はお客さんが途切れる様子は無く夕刻まで忙しい時間がきちんと流れています。

 巻いても巻いても…焼いても焼いても追いつかないロールケーキの注文、本当に幸せなそして嬉しい事です。初めてApple Sweets 工房に訪れる方にはたくさんのチラシをお配りしています。もちろんお弁当も含めて商品が売れる事は収益増となるのですが、僕たちは実は見える形で或いは見えない形での「付加価値」をきちんと付随させながら日々を営んでいます。それは様々なハンデイーや障害を抱え持った人達の存在、そうした彼らが「頑張っている姿」を見て頂く事、知って頂く事…メンタルヘルスといった命題、震災をあらためて契機とした心の問題等、啓蒙や啓発といった言葉周辺に係わる事柄が大きな活動の基軸でもある訳です。

 いずれにしても幸せな日々がスタートしたApple Sweets 工房、ロールケーキのご注文はかなり込み入り150本程の「待ち状態」でもあります。少しお時間は頂く事となりますが、皆さまからのご注文をお待ちしています。

■2012年02月01日(水)  Apple Sweets 工房 Open
2012-02-02.jpg 800×566 144K 今日Apple Sweets 工房がオープンしました。HEARTLANDの始まりの時はいつも雨…朝は穏やかな一日の始まりを告げるような陽射しも降り注いでいたのですが、昼頃には強い風と寒い寒波の到来…それでも店内には本当にたくさんのお客様が来て下さいました。用意してあったはずのロールケーキとプリンは全てあっという間に完売…厨房は追加注文に追いつこうと全開のオープン、外の天気とは裏腹に幸せなオープン初日となりました。

 先立つ形でHEARTLAND始まりの場・北島田の家主さん岸さんご夫妻が駆けつけて下さいました。初めて岸さんに会うメンバーも数名…どう考えても岸さんとの「出会い」が無ければ今の光景はありませんでした。幾度となく断られ続けた当時の物件確保に費やした1年近くの日々…あきらめかけた頃に出会ったのが岸さんでした。二つ返事で賃貸契約を了承…あの日が無ければ街の中の喫茶店あっぷるは無かったし、そして今日オープンを迎えたApple Sweets 工房は無かった訳です。「いつまでもお元気で」岸さんお会いする度に何とも言えない感傷を覚えゆきます。

 きんこさんそしてらくがき屋さんも登場、プレオープンも含めて本当に感謝感謝です。らくかぎ屋樫谷さんからはお祝いの花も…遠く高知のとくとこせと杉本さんから花束が…そしてティンカーベル濱松さんからも大きな花が届きました。今ここに在ることの全てに感謝しながら、みんなと共に新しい日常を進んで行きたいと願うだけです。そしてApple Sweets 工房を取材して下さった徳島新聞社、毎日新聞社の記者の方々にお礼申し上げます、ありがとうございました。

過去ログ 2002年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2003年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 

一覧 / 検索
【過去ログ】2002年7月6日までの日記